Komypasseさんのオリジナル「フラワーワイプケース」
柄物で作って見たくなり、あり合わせの花で作成しました。
花材の仕入れも出来るのですが、なにぶんにも旅行を控えて体力温存が必須なため外出はしておりません。
連日の冬季オリンピックで興奮するだけでも本当は体に触るのでは?と思うくらい実は身体的にはきつめの現在、
レッスンも積極的には入れず、こんな時は作品展の構想でも練るのが一番!
とばかりに、父の家と自宅の往復に励んでいます。

IMG_2539.jpg

最初の写真は夜の完成直後のもので、次の写真が翌日の昼間の採光での写真です。

IMG_2540.jpg

装飾のお花が乏しいのでおリボンで遊んで見ましたが、これは取り外せるので後でまた変えるかもしれません。

5月の作品展、続いてモロッコマルシェの第二弾が大々的に時間拡大にて開催の予定で
考えることが沢山できてしまいました。
もともと今年はゆっくりと進めて行きたかったので、モロッコについても直接学ぶ機会を得たことは
何者にも代えがたい貴重な体験です。
もちろんサラサラの糸も買ってくる予定です。
またしばらく日記の更新も出来ませんが、どうぞみなさまお元気で、再開の時を今しばらくお待ちくださいませ。



*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
*オーダーも随時受け付けています*

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて多くの先生方の作品を見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
 2018_02_21



先日のレッスン作品のご紹介です。
春の訪れを待ちわびていたような黄色いリボンでふんわり上品なジュプドゥリュボンです。

IMG_2482.jpg

私自身は、スカートの丈とリボンは同じくらいにするのが好みですが
中を長くしたスタイルも改めて見ると素敵だと感じる作品です。
中級レッスンもここまで到達すると次々と新しい技法が続き、楽しみも倍増いたします。
Y様のレッスンが順調に進んでいることを私も楽しみにしています。

さて、タイトルのソニービルの思い出についてのお話に移ります。
なぜ唐突に?と思われるでしょうが、ジュプドゥリュボンのレッスンの後に出向いたからです。
このところ週に一度は銀座に出向いていまして、つい2日前に「そういえばこの建物はいつもは見えていない部分が見えている!」と何度もこの前を通っているのに、改めて気づいたかのように信号待ちの間に1枚だけ撮りました。

IMG_2500.jpg
少し大きく掲載いたしますが、数寄屋橋の交差点から見たエルメスの建物です。
交差点の角には今までSONYビルが建っていたのですが、こちらは建て直し工事(というより解体)が始まっていてお隣のエルメスのガラス壁が見えているものです。

SONYビルが出来た頃は確か物心が着いたかどうかくらいの頃に出来たビルで、
実際に出かけて楽しんだ記憶があるのは大学生の頃でした。
社会人になる頃には当時流行っていた「あるでん亭」というパスタの専門店が2階層に趣を変えてあり、「かるとっちょ」というお店によく行きました。学生時代から社会人、結婚してからも本当によく通ったので、マスターが居る時には頼まなくても「いつものパスタ」が出てくるし、珈琲も出していただいたりと懐かしい思い出が詰まった建物でした。
いつものパスタは夫も好物となりまして、大きなエビとホタテの入った塩味系のパスタでした。
紙包みでホックホクの湯気が立つ瞬間のなんと興奮したことでしょうか。

誕生日と結婚式の記念日に地下にあるマキシム・ド・パリに行った記憶もあります。
そこで初めて見たスターフルーツが、今では当たり前のようにありますが15年くらい前のこと、さすがは銀座だと感じたものでした。もっと前には妹が留学していた1年間にお世話になったホストファミリーが来日された時に利用した
イタリアンレストランのサバティーニもありました。
パブ・カーディナルでのランチも何度かしましたが、解体前に夫と寄った最後のお店はこのパブ・カーディナルでした。
赤坂に勤務していた頃にも何度となくランチに通った赤坂Bizタワー内にあるPCAと同じ系列のお店だったことも
解体直前に「あら!同じだったのね、忘れてた!」と繋がったりして、本当に名残惜しく感じました。
そうそう、ソニープラザもありましたね。今ではどこにでもありますが、あの頃はここにしかなかったし、
ソニーの最新の製品が見られたのもこのビルでした。
テレビゲームも無料で出来たりして、そんな時代があったことを本当に懐かしく思います。

結婚してからは子供ができると音階の階段の上り下りで息子が楽しんだり
近年では夏になると交差点に面して大きな水槽が出来たり、子供も楽しめる銀座のシンボル的存在でした。
ソニーという会社はファミリーをとても大切にする社風があって、その気質がよく現れていたのではないかと今になって思います。
名前の由来も、愛する可愛い「息子」を指す「son」から始まったと聞いています。
その息子さんのお話を知る人は今では多くないでしょうが、
昔、秘書をしていた親戚が話していたという話を父から聞いたことがあり、ご家族への愛は凄かったそうです。(この場合の愛は溺愛の愛ではありません)

しばらくの間ここは広場として活用されるようですが、銀座の街がどんどんと変わっていくのは半世紀の変遷を見てきた私にとっては楽しみ半分/寂しさ半分でとても複雑な思いがいたします。

という哀愁の念が込められた1枚でした(苦笑)ソニービルの建物は写っていないのにこんなに話すなら建物の写真くらい用意してよね、と言われそうですね。



*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
*オーダーも随時受け付けています*

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて多くの先生方の作品を見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村





 2018_02_18



明日はバレンタインデー。
街ではいろんなお店がチョコレートの販売で躍起になっている一番のピークですね。
私は大のチョコレート好きですが、健康のために沢山食べることは控えています。
でも今が一番揃っている時なので、これは買わないとすごく損した気分になるので
歯科医通院の本日、東京駅直結の大丸の催事場へ寄って参りました。
2年前までは通勤の帰りだったので激混みの中をかき分けての一汗もふた汗もかく一大行事でしたが、本日は昼間!がら空きとは行きませんでしたがそこそこのスムーズ感が程よくてお目当(これだけは浮気できません:笑)のお店へまっしぐら!

今日お供したタッセルはこちら。
IMG_2467.jpg

横にはお気に入りだったものを分解して取っておいたビーズをつけました。
最近ではなんでもそうですが、例えば失くしたイヤリングの片方とか、飽きてしまった装飾品などを分解して利用する習慣が身につきました。
お手持ちのお気に入りを何か違う形で残していく楽しみもタッセルには役立ちます。
IMG_2468.jpg

さて、ゲットしたチョコレートですが、3軒あります。
いずれもベルギーのチョコレートです。

*チョコレートライン*
アントワープでお店に立ち寄ったことのある「チョコレートライン」はブルージュで生まれたショコラティエで、アントワープのお店はナポレオンの宮殿と言われている通り、豪華な佇まいで入店するのも恐れ多いほどの店構えでした。あのチョコレートラインが東京で買える!とあらば、そこは外せません。

IMG_2473.jpg

「白鳥」がお気に入りです。確かお土産として現地から買ってきたのでどなたかに差し上げた記憶もあります。
「白鳥」で思い出すお気に入りがあるのですが、それは日本未入荷なので買えません。
オランダはデン・ハーグのおしゃれなアーケードにある「Hop Stork」はロゴに白鳥が描かれてます。ハーグ以外にお店は無かったのですが、2016年の冬にはユトレヒトにお店が出来てきました。ユトレヒトといえばミッフィ(本当はナインチェといいます)のふるさとです。
日本にもこのお店出来ないかなあ・・・と思ったり思わなかったり。というのもオランダに行く楽しみに残しておきたいからで、それこそ複雑な思いです。
IMG_6468_convert_20160913173014.jpg

ここのchocolateはついでなので紹介しておきますがとても美味しいのです。
IMG_6661_convert_20160913173056.jpg

*ドゥバイヨル*
こちらはオアゾ店があって前々からいつでも購入できる店舗のチョコレートです。
毎年限定の箱が登場するので集めていて、今年はこの箱を選びました。
きっとタッセルその他のレッスンで、ビーズやボタンや小物がこの箱に入って登場すると思います。
あ、あれだ!と思ってください。
中身より箱が好き?かも知れません。いえいえ、これは夫に買ったものなのでオープンは出来ませんので写真は今はありません。後日掲載できればと思います。
IMG_2470_20180213160551112.jpg


*デルレイ*
そして一番のお気に入りは宝石のような形をしたチョコレートのデルレイ。
こちらもアントワープにあるお店です。
IMG_2469.jpg

箱を開ける瞬間のドキドキと言ったらもう!いただく前から鼻血が出そうです(笑)
IMG_2474.jpg

今週と来週くらいまでのラナンキュラスでのレッスンでブレイクタイムにお出ししたいと思っています。
直近のレッスンの方、お楽しみになさってください!


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
*オーダーも随時受け付けています*

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて多くの先生方の作品を見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村



 2018_02_13



このところご無沙汰気味のブログ更新です。
ブログだけでなくホームページもです。
理由は歯科治療とパソコンの故障で、動くのも何をするのもストップした感じでした。
ようやくこの週末になり新しいiMacが到着、一日千秋の思いで待ち
やっと今設定が終わったところです。

そんな最中、とても身近でありながら使い捨ての筆頭にかつてはあった
「ウエットティシュ」の入れ物を愛らしくデコレートし、
見るたびに胸がキュンとするような思いが味わえるとっても素敵な作品が
あるとき私の目に飛び込んで来ました。
何度見ても可愛い。
これは習うしかない!

その名も
Komy Passeさんの「フラワーワイプケース」です。


そしてレッスンを申し込んで伺ったアトリエ。
体調不良などを上手に乗り切ってピンポイントで伺えたことは奇跡的でもありますが、
おかげさまで美しいアトリエ空間でとても楽しく時間が過ぎて行きました。

フラワーワイプケース

帰宅するなりケースを1ダース発注し、いくつも作ってみたいという衝動に駆られました。
タッセルのお教室でもハンドクリームとおしぼりなどはお出ししているのですが、
ちょっと小洒落たケースに入っているウエットティシュがあると
楽しさも気分も上がって良いですね。
早く次の生徒さんいらっしゃらないかなあ〜と待ち遠しい限りです。
これを見たら「作りたい!」となるに違いないので、
自宅教室を見渡して、使えそうなアーティフィシャルフラワーやら布地
ブレードは(タッセルでも使用するので)売るほどあるので問題なく、
と取り急ぎの準備をいそいそとしているところです。

ご指導いただいた素敵な先生のブログはこちらをご覧ください。

Komy Passe
★丁寧なご指導をありがとうございました★

*ラナン・レイでもワンデーレッスンメニューとしてお作りいただけることになりました。
 どうぞお問い合わせくださいませ。
 


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
*オーダーも随時受け付けています*

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて多くの先生方の作品を見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村

 2018_02_11



雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル

と、
宮沢賢治の詩がふと脳裏をよぎった雪の日、
APJの協会長直々に習う事が出来る東京レッスンが新宿で開催されました。

お子さんの学級閉鎖などで欠席された方もいらっしゃいましたが、
ワンデーレッスンのメニューを極めるために今回は参加させていただきました。
このメニューもあとわずかでマスターできるので力が入ります。

いつもはフェリシテの中から選びますが、こちらも半数を習得済みのため、ゆっくり残りは習いたいと考えています。

もともと習っていた教室では習えないメニューが出来始めて
東京レッスンに通い始めました。
また他の教室の先生に教えて頂くと勉強になることも多々あり、待たされないで習える事が重要なポイントでもあります。

講師仲間で教え合う事もまた楽しく、情報交換や資材の調達、苦心点や改善点など実に多くの学びの場となります。
そんな意味で、東京レッスンは待ち遠しいレッスンの一つです。

ワンデーレッスンのモデルはとても簡単にかつ見栄えのあるタッセルが多く、今回はその名も(雪)というネージュと誕生秘話が興味深いミミを習いました。

image207.jpegimage207-2.jpg


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
*オーダーも随時受け付けています*

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて多くの先生方の作品を見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村







 2018_02_07




01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

カテゴリ

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.