写真-166_convert_20110619075435

仕事が少々多忙で、しばらく日記の更新が出来ませんでした。
イタリアの旅行日記も、ポンペイのこととかミラノのことももう少し書きたいところですが、
少し時期を逃した感があるので、いつかまた気が向いたら掲載したいと思います。

さて、バチカンは相当な感動を与えてくれました。
有名どころなので説明するのもおこがましく
ろくな説明も出来ませんので省略しますが、記念に行ったことが二つあります。
ひとつは冒頭の記念切手です。ヨハネパウロ2世の記念切手が発売されたばかりのところに
訪問したため、限定販売の言葉にそそられ買い求めたものです。

もう一つは、バチカンから自宅に宛てた絵はがきですが、
帰国後1週間くらいしてようやく到着しました。
でも、あの時にあの場所で書いて投函したはがきがちゃんと手元に届くことに
久しぶりに感動を覚えました。


スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_06_19



アルベロベッロで買い求めたオリーブオイルがあっという間に無くなりました。
オーガニックのオイルで、それは顔に塗ることとしても薦めてくれたのは
イタリア人と結婚して20年余の陽子さんという方の経営するお店でのことでした。
ここから日本に持ち帰ったオイルは2本で
1本はミレコロの獣医さんにお土産の一つとして差し上げました。
追加注文受け付けますというメッセージカードにそそられ
昨日メールを出してみたところ、快く送ってくださるとのお返事をいただきました。
アルベロベッロの街並は、今エコだ、節電だと騒がれているこの日本の夏に対して
某メーカーのCMでも登場する美しい街並です。
このイタリア旅行日記の始めにも登場したくらい
印象的だったその建物たちは、今でも青い空の下で真っ白く輝いているのでしょう。
そう、粉雪を身にまとったみたいな白い壁は、一度見たら忘れません。
IMG_0713_convert_20110514161958.jpg
再登場のトウルッリです。

そして、今回注文して取り寄せたいオリーブオイルはこちら。
隣のオイルポットも可愛いので追加注文することにしました
写真_convert_20110609002001

職場に、イタリアには3回訪問しているという人が居ました。
それでもこのアルベロベッロまではまだ行ったことが無いということで、
是非行って来てくださいと話したところです。


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_06_09



ローマの猫は世界遺産なんでしたっけ・・・
ローマでどれだけ出会えるか?と期待していたものの
実際にはローマでは見かけるような所に出掛けていないことに今更ながら気づきました。

イタリア滞在中に、出会えた猫たちは数えるほどでした。
カメラを構える暇もなく立ち去っていってしまうので
本当に悲しいくらい後ろ姿だけだったりもしますが
記念なのでここに掲載したいと思います。

まずはミレコロの写真から
我が家のお姫様 美麗(みれい)

IMG_0256_convert_20110531213948.jpg写真-3_convert_20110531214106




そして我が家の王子さま 心(ころ)

IMG_0018_convert_20110531214019.jpg


次からはイタリアで出会った猫たちP5060465_convert_20110609002708.jpg

IMG_0531_convert_20110531214505.jpgIMG_0380_convert_20110531220913.jpg 
IMG_0727_convert_20110531214708.jpgP5050425_convert_20110531215021.jpgIMG_0669_convert_20110531214621.jpgP5060459_convert_20110531214936.jpg
IMG_0733_convert_20110531214757.jpg


イタリアでは今キティブームだそうで、至る所でこんなウインドウを見かけました。
IMG_0646_convert_20110531214322.jpg 









テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_05_31



忘れてなどいません。ポンペイもちゃんと行きました。
ベスピオ火山もちゃんとこの目で見ました。
2000年も前にこのような文明があり、
文化、流通、交通にしても、食べ物にしても、装飾にしても、建築にしても
あらゆることが「さすが」だと思い知らされる古い遺跡です。

この時代にサウナや入浴施設で今で言うところのスポーツジムが存在したり
はたまた男性の遊び場が存在したりと、驚きの連続でもありました。
あまり多くは語りたくないのですが、人間の長い歴史の営みは
今も何千年前も変わらないということがわかりました。
う~ん、これ、ちょっとどうなんだろう・・・

IMG_0830_convert_20110531215114.jpg 


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_05_31



食いしん坊としての日記を書こうと思います。
イタリアのフルコースの特徴は
1 アンティパスト
2 プリモ・ピアット
3 セコンド・ピアット
4 ドルチェ

旅行中はもれなくこのスタイルでの食事をいただくことになりました。
中でも印象的だったのはナポリでのこと。
いつものようにツアー参加の15名で(これくらいの人数だと、とても仲良くなれます)
さあ、次はドルチェ・・・よそのテーブルに運ばれている「あれ」が運ばれてくるに違いない。。。
とそう思った途端に目を疑うような、てんこ盛りの生の果物たちが運ばれて来ました。

IMG_0632_convert_20110529234236.jpg

一瞬皆の言動が止まりました。
「ど、どうします?」
果物をむけるようなナイフは見当たらないし、丸かじり?みたいなリンゴたちや
皮が・・・なラ・フランスだったり、産毛が痛いぜキウイ、、、、、
困り果てているところにツアコンの救いの手が・・・(因みにツアコンとこの日記では書いておりますが
旅行中はとても頼りになる若き女性で、誰一人『添乗員さん』と呼ぶこともなく
ちゃんと親しみをこめて名前で呼んでいましたし、とても仲良く過ごしました)
厨房に持ち戻られていった果物たちが戻ってきたらこのとおり。

IMG_0634_convert_20110529234339.jpg

やればできるじゃな~い。
せめてこれくらいはしてよねっ!みたいな視線の私たち。
「イタリア人て仕事しないのかしら?」
「怠け過ぎよねえ。」
みたいな心の内を打ち消すかのようなツアコンの一言に
思わず
「え、ソウナンデスカ」状態だった私たちでありました。
つまり、このように刻まれてフルーツポンチみたいに出てくるものと
フレッシュフルーツではメニューの上でも提供スタイルが違うのだそうで。

P5030260_convert_20110529234625.jpg


確かに私たちのメニューには『フレッシュフルーツ』とありました。
はい、お見それいたしました。

・・・と、また違う日に出ましたよっ「生果物」が。
確かここはポンペイの遺跡のところにあるレストラン。

IMG_0789_convert_20110529234520.jpg

ナポリでの出来事があったので心の中で「出た~またこれだ」と思いつつも
何も言わずににいただきました。
これがとても美味しいんです。

美味しいと言えば、オレンジはとてもおいしくて、
フレッシュジュースもそれはすばらしいものでした。
オレンジの種類によって赤だったり黄色だったりしますが、どれも美味でした。
そしてまた、
街路樹にオレンジの木が並ぶというのもイタリアならではの光景でした。
街路樹にオレンジってどうなの?と思いますけど、当たり前のように実もなっていて
とても不思議でした。誰ももいで食べることは無いそうで、それもそうですね。

石畳に落下した果物は誰が片付けるのでしょうか???
その疑問は疑問のまま持ち帰りましたが・・・



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_05_30




09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.