IMG_6550_convert_20130206161601.jpg

パルマの駅前でチュロスを購入して(これがいっぱい入って300円程度、日本で売られてるものは
いかに高いか・・・)市内を周遊できる2階建てバスに乗りこんだある日の朝です。
バスに乗り込む時にイヤホンガイドは何語が必要かと聞かれました。
矢継ぎ早にぺらぺらぺらぺらと始まったものだから聞き返したところ、
「どこから来たのか」と質問を変えてくれたのでした。
私たちのような東洋系の顔つきの人はほとんど居ないので
「シナ語が必要か」ということも言われました。
シナ語って・・・(汗)やっぱり中国人に見えるのかなあ。
ドバイ以来だ(苦笑)いえいえ、そんなことはどうでもよくて、
あわてて「English please」と下手すると貰えなかったかも知れないイヤホンを受け取りました。
結局手にしたイヤホンも、ガリガリガーガーと
接触も悪くて『言語難民(笑)』の私たちには全く必要ありませんでした。
でも、あるところで信号停車したとたんに目に飛び込んできた
“役に立たない忌々しいイヤホン”の成れの果てを発見し、
誰の役にもたっていないことを確認して大爆笑したのでした。

DSC02410_convert_20130206170334.jpg

DSC02412_convert_20130206170408.jpg

2階建てのバスで海辺を走るなんていうことは今まで経験の無かったことです。
その眺めはまた普通の目線よりも高いので、変化が楽しめます。
昼間に夜のライトアップに、ホテルの部屋から遠目にと散々外観だけは沢山見た(年末で中には入れず)
カテドラルも、バスからの眺めは遠すぎず近すぎず不思議な間隔で目に飛び込んできます。
IMG_6274_convert_20130206190546.jpg

近くで見るとそれはとても荘厳で美しいカテドラルです。
バレアレス諸島の中心的な都市であるこのマヨルカ島のパルマ市にこのカテドラルはあります。
紀元はローマ時代、紀元前120年に遡るそうで、既にその当時からパルマとこの街は呼ばれていたと
ガイドにありました。903年にイスラム教徒がこの地を支配しマディナット・マユルカ、
1229年にはキリスト教徒のカタルーニャ人に奪回されたことから
シウタット・デ・マヨルケスと名前が変わっていったそうです。

臨海公園から見上げると石段の上には、11世紀から13世紀はイスラム王朝の宮殿として、
14世紀からはキリスト教徒のハイメ2世(マヨルカ王)の居城となったアルムダイナ宮殿が構えています。
その宮殿の前にカテドラルが聳えています。
大きな鐘は5000キロも重さがあるそうで、滞在中は何度となくこの鐘の音を耳にし
旅に音の記憶を沢山添えてくれました。

PC302254_convert_20130206200143.jpg

PC302256_convert_20130206200225.jpg

PC312271_convert_20130210002331.jpg

さて、周遊バスですから次のお城へと移動します。
冒頭のバスの撮影場所は高台にあるベルベル城の降車場です。
ここで降りてお城の中に入っていきます。
ベルベル城はパルマ市を見渡す丘の上に建っていて、かつてはマヨルカ王の夏の住まいだったそうです。
ベルベルというのは"美しい眺め”という意味だとか。
どんなに美しい眺めが待っているのだろうかと、牢獄として使われていたという時代もあるという建物内に
早く入りたかったのですが、なかなか入り口にたどり着けませんでした。
理由は・・・タイトルにもつけたように、猫ちゃんがたくさん居て、人なつこくて可愛くて
追いかけたりして・・・という時間があったからです。

DSC02404_convert_20130206170301.jpg


IMG_6546_convert_20130206163301.jpg

PC312343_convert_20130206163209.jpg

PC312323_convert_20130206163121.jpg

PC312315_convert_20130206163048.jpg

PC312345_convert_20130206162952.jpg


いつまでもこののどかな冬の昼下がりに、ひなたぼっこしたりおやつをねだったりする猫ちゃんたちと戯れたい〜という欲求をおさえつつ、お城の中へ。

DSC02345_convert_20130206161724.jpg

見渡せる場所から見るパルマ湾の眺めはとても気持ちよかったです。

PC312338_convert_20130206162917.jpg

牢屋として使用されていた時代があることを聞いて、不謹慎ながらもこんな牢屋なら気持ちが良いだろうし
ある意味贅沢だ・・・などと思ってしまいました。

DSC02377_convert_20130209221729.jpg

家で留守番をしている我が家のニューフェイス 美月(みつき)をしばし思い出しながら
野良猫ちゃんたちとの時間が、日本では得られないゆったりとしたひとときとなったことは
言うまでもありません。

ごめんね〜美月〜心〜



スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_02_06



週末思い出日記が続きます。

マヨルカといえば直ぐに思い浮かんで来るのが
ショパンがこの地で作曲したと言われている「雨だれ」とともに
ジョルジュ・サンドとひと冬を過ごしたカルトウハ修道院のあるバルデモサという村(町)です。
勿論、年末ということで毎夏有名なピアニストたちによって繰り広げられるという
ショパンの名曲コンサートはお休みです。
夏の賑わいやそのショパンの過ごした町がどんなに美しいところなのか、想像しながら
パルマ市からバスに乗って向かいました。

1938年から1939年の冬だったそうですが、冬でも温暖で花も咲いているし
ヨーロッパの人々が寒さを少しでも避けるための避寒地として人気があるのも頷けます。
残念なことに、修道院内部には入ることが出来ませんでした。
当時運ばせたというショパンのピアノや直筆の楽譜も残っているそうなので
是非とも見たかったです。

冬場でもこんなに多くの観光客が居るのですから、夏場はプロによる演奏だとしても
通年で音大生に任せるなどしてでもショパンのコンサートが開かれたらどんなに良いでしょう。

IMG_6286_convert_20130203075221.jpg
(地図の左上方が目指すバルデモサです)

IMG_6333_convert_20130203072150.jpg

島の中心地となるパルマからは放射状に電車もバスも出ていて、
バスは地下の駐車場から遠距離の観光目的地へと続く大型バスが出ています。
チケットの購入方法を前日にああでもないこうでもないと、
表示や画面を見ながら出発する時間を調べて準備万端・・・
実は前日のおさらいはバスには関係なく、電車でインカまで乗って帰って来た
というだけのことで
バスはバスで運転手さんに「どこまで行くのか申告」して、
チケットはレシートみたいなものをもらうだけでした。
冷や汗ばっかり

バスに乗って30分ほどで目的地に到着するのですが、
これもまた日本のような詳細な車内アナウンスの類いはなく、
前方に流れるテロップで下車するバス停を確認するしかありませんでした。
アナウンスがあっても何を言ってるのか分らないというお粗末さですから(苦笑)
地名だけは聞き漏らすまいと必至で、そろそろかも知れないと身構えるも
確信の持てないまま人がこぞって下車するところで“とりあえず”「降りてみよう」と
降りたところがたまたま当たっていたという感じです。

IMG_6386_convert_20130203085148.jpg

下車したロータリーの景色ですが、黄色いポストが可愛らしく佇んでいました。
もしも下車バス停が間違っていたとしても、この黄色いポストを見ただけでもいいわ♡
というほどの私の大好きなイエローカラーです

IMG_6341_convert_20130203091112.jpg

強調するところはそこですか?と言われてしまいそうですが・・・

IMG_6344_convert_20130203080559.jpg

振り返ると案内版があり、正しかったことを確認しました。
ほっとする間もなく今度は点在する建物のどこに何があるのか?
次々に襲って来る「?」に対応しきれない自分の「脳」にまあなんと悩まされたことでしょうか(苦笑)
ヨーロッパの観光客の一団(ツアーではない)に出遅れること5分、気を取り直して歩き始めます。
合ってるという確信を持ってからは、辺りを見渡す余裕も出て来ます。
メインストリートと思しき石畳を歩く両側に続く街路樹は
真冬の姿をしていましたが、とても絵になる風情に季節感をしっかりと織り交ぜて
私たち旅行客を楽しませてくれました。

IMG_6348_convert_20130203080455.jpg

PC302239_convert_20130203073807.jpg

ふむふむ。
島といってもここは地中海に浮かぶヨーロッパの島・・・
日本の離島とは佇まいからして違う石の文化です。
冬でも外に席を設けられたカフェでお茶をする人々を眺めるのもまた異国の地に居ることを
改めて思わせてくれます。
夏の想像をしたのは言うまでもなく、ちょっと路地に入ったりして想像しながら歩くこと数分で「ここだ!」
この坂の上にあるのが修道院に間違いない!という一角に到着です。

IMG_6351_convert_20130203080420.jpg

修道院はひっそりとそこにありました。

PC302236_convert_20130203073729.jpg

建物の右横に行くと、

PC302229_convert_20130203075741.jpg

ショパン像は「え?大きすぎじゃない?」というほどの大きさで私たちを迎えてくれました。
ここにショパンが居た・・・今から85年前にここにショパンが居たのです。
感動とともに脳裏に過るショパンの調べは、やはり雨だれの曲でした。
中学生になったころに私が触れたピアノ曲のひとつでもあったので
当時の練習も思い出しました。ここを訪れる人の多くはそんな過去をお持ちなんじゃないかと思います。
私はまたショパンが大好きだった亡き母のことも思い、なんだかとても胸が熱くなりました。

IMG_6355_convert_20130203080528.jpg

PC302248_convert_20130203073912.jpg

ショパンも歩いたのかな・・・庭の植栽にある細い石畳を歩きながら
まだまだ想像は続きましたが、帰りのバスがなかなか来ないことに危機感を覚えながら
もしかして年末だから時刻表通りではないのかも?
日本なら年末年始ダイヤになるし、今日は土曜日だし、えーと、どこを見ればいいの?
またしても「?」で一杯に。
それでも、お腹がすいたのでレストランに入ってまずは腹ごしらえをとなり
スペインに来てから5日にもなるというのに、何とか2度目のパエリャをいただく機会を得ました。
パエリャはお店や地方によって、具材も味も全く異なります。
なので滞在中に3種類のパエリャを味わってみました。

IMG_6389_convert_20130203080327.jpg

勿論、飲み物はスペインといえばカヴァですから、お酒に弱い私ですが
お昼でもちょっとグラスを傾けることにしました。
そうしてお腹も満たされて外に出ると、さっきまでは居なかったタクシーを1台発見し
パルマまでとにかく帰ろうと迷うことなく乗車です。

海外でのタクシーは何処でもそう感じますが、それほど高くないので
どうしようかと迷った時には利用を積極的にすることにしています。
時間と疲労、ほかに行きたいところややりたいことを犠牲にする時間のロスをなくすためにも
タクシー料金が割に安いことはとても有り難いことです。

バルデモサの景色は絵はがきでも見ることがありますが
タクシードライバーもそこはよく心得てくれていて、絶景、撮影ポイントでは速度を緩めたり
下車までさせてくれるというサービス精神にあふれていました。

DSC02170_convert_20130203075700.jpg

PC302250_convert_20130203073947.jpg

とても美しくて、ずっと眺めていたいバルデモサの村(町)でした。


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_02_03



IMG_6665_convert_20130202214631.jpg

前後しましたが、マヨルカ島に渡るにはヨーロッパの各地から実に多くのフライトがあります。
私は勿論バルセロナからの利用でした。
次の写真は帰りにマヨルカの空港からバルセロナに再び戻る時のものですが、
イビサ島へ渡る便も見えますね。とっても行ってみたくなります。

IMG_6653_convert_20130202215141.jpg

私が今回利用したのは、黄色がとっても鮮やかで美しく、明るく印象的なトレード色になっているヴェーリング航空です。手前の翼の先端が黄色くなっている飛行機がそれです。
格安に手配をお願いしていたのですが、とっても格安とは思えないような
旅のわくわく感をより一層盛り上げてくれるカラーにしばし興奮してしまいました。
客室乗務員の襟元に巻かれたスカーフも鮮やかなレモンイエローではないですか!!!

IMG_6667_convert_20130202214225.jpg

お顔が紹介出来ないのはとても残念ですが、この方はとても可愛くて見とれてしまいました。
勿論、無駄な機内サービスは無いのですが、希望で有料でのサービスは勿論あるようでした。

IMG_6671_convert_20130202214509.jpg

飛び立ってから2時間もすれば到着する距離を過ごすには、
充分な皮シートのおしゃれでコンパクトな空間にまた乗りたい!
と思ってしまうほどにこにことしながら向かったマヨルカ島。
窓の外は・・・地中海ですね。

IMG_6261_convert_20130202220446.jpg

ぼうっとする間もなく島に到着です。

P1022389_convert_20130202215251.jpg


マヨルカの空港は意外と大きくてびっくりしました。
少々ぶれていますが、荷物を受け取る場所もずらっと並んでいました。
島という響きから来る印象が日本人である私にはより小さい印象をどこかで持っていたのですが
沖縄本島の4倍の広さを持つ島ですから当然です。

IMG_6272_convert_20130202221632.jpg

マヨルカへの到着は12月29日でしたが、年末年始を過ごす人々で航空機は勿論満席、
手荷物を受け取るところもこの通りごった返していました。

さて、マヨルカのお土産の筆頭に上がるのが、スペイン本土の人々がこぞって購入するという
マヨルカパン(ensaimada)だそうですが、ふわふわと口の中でとろけて
いくらでも食べられてしまいそうなほどの優しい口当たりと甘さでした。
滞在ホテルの朝食には小さい一人分のサイズで並んでいましたが、
お土産にはまるで帽子のケースかというほどの大きなかさ高の入れ物に入っています。
空港でもこんな風に売られていました。

IMG_6660_convert_20130202214935.jpg

滞在中に沢山いただいたので、お土産にするほどではないかな?と見向きもしませんでしたが
人気のあるお店には前日までに予約をしてまでも購入するというパンだそうです。
現地を離れてみると恋しくなるような・・・なんだか妙に印象的な食べ物であることには間違いありません。
いつかまた訪れることがあったら、お土産に買って帰っても良いかもしれないと今は思っています。

実はもうひとつ買って帰れば良かったと思うものがあります。
これはスペインなら何処でも購入できるものですが、パエーリャの小さいサイズのパンです。

IMG_6659_convert_20130202214550.jpg

これはなかなか優れものじゃないかと思います。
日本で美味しいパエリャを再現するのは難しいかな。。。と思っていたので、
空港でも沢山目にしたのですが見ただけで終わりました。
大きなサイズでありがちなパエーリャのパン、いまとなっては遅いのですが
一人サイズ(少人数)ものが欲しいなあとつくづく思います。

ほかにお土産といえば、島中が2月にもなるとアーモンドの花が咲き乱れるというほどの産地で
砂糖の衣を付けたものなどが沢山売られています。一つ買い求めいただいてみたのですが、
なじめなかったのでお土産にはしませんでしたが、日本に帰り少しつまんでみると不思議なことに
とってもとっても美味しくて、おそらく旅の思い出とともに美味しさも増しているとは思いますが
もっと買ってくるのだったと後悔しきりです。
ほかには塩なども有名なようで、パッケージも素敵な土産物を多く目にしました。

IMG_6661_convert_20130203072831.jpg

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_02_02



バルセロナ空港から東南に飛んで、マヨルカ島のお話をします。
避暑地という言葉はよく聞く言葉ですが、ここマヨルカ島は
夏は海水浴、バカンスを楽しむヨーロッパの人々のリゾート地として有名です。
のどかで美しい山あり海ありで、地中海の楽園と言われることは訪れてみて納得しました。
冬は避寒地としても人気があるそうで、なるほど・・・
冬、特にこのクリスマスシーズンの賑やかさはヤミツキになりそうです。

さて、マヨルカといえば玄関口となるのがパルマ・デ・マヨルカ
DSC02387_convert_20130127230619.jpg

この風景はどこかで見たこともあるのではないでしょうか。
スペイン大使館で貰える観光ガイドで表紙の写真にされているのはここに写っているカテドラルです。
このカテドラルは夕暮れ時になるとライトアップされ、暗闇に包まれる島に幻想的に浮かび上がる美しい聖堂です。
IMG_6628_convert_20130127230703.jpg

この写真は既に年越しを迎えた島の様子ですが、実はこの時
島中のホテルが一斉にかつ思い思いに打ち上げ花火で祝っています。
至る所で上がる花火は「こんな世界があるのか」と、ものすごく興奮しました。
1年にたった1度の記念すべき新年を迎えた瞬間ですから当たり前でもありますね。
そして、この花火を見るまでの儀式が延々とあったことにも驚かされました。

まず、ホテルの宿泊者にはガラ・ディナーなるものが提供されます。

IMG_6600_convert_20130127230345.jpg

宿泊者皆さんでお祝いムードに浸りつつ、盛り上げ、それはそれは賑やかに時を刻んでいきます。
フルコースメニューでありますが、なんと8時半くらいからカウントダウン間際までの時間をかけての食事タイムなわけです。
せかせかとした日本人には向かない(爆笑)時間のかけようです。
ワイングラスもずらーーーーーーーっと並び、飲み放題ですし
眠くてもなんでもその場で盛り上がる一員となってる以上、楽しまないわけにもいきませんし
起きているだけでも大変な私には拷問のようでした。
途中から食事はやめてしまい、空腹で翌朝は倒れそうでした(笑)

IMG_6607_convert_20130127230504.jpg

カウントダウンが近くなると、レストランに設置されているテレビ数台から
スペイン版ゆく年来る年みたいな映像が流れ、司会者がなにやら呼びかけています。
ホテルも盛り上げグッズを全員に配布してくれ、これで騒いでください!!!(驚)

IMG_6605_convert_20130127230539.jpg

眠さと驚きと興奮と、なんだかわからないけどええい、ぜんぶかぶっちゃえ、です。
そうしてぶーぶーぴーひゃら音がする中、一瞬の静けさを迎えてカウントダウンです。
おめでとう〜♡

それからが大忙しです。
ぴーひゃらグッズが配られたと同時に、白いブドウが12粒ずつラッピングされたものも配られています。
カウントダウンが終わり、午前0時・・・12時を回ると時計台の鐘が12回鳴ります。
その鐘の音1つにつき1粒のヴドウを食べて、その年の健康や幸せを祈るそうです。
この鐘の鳴る間隔がまた早くて(汗)、次々に飲み込んでいかないとなりません。
そうしてブドウの儀式が終わると、外に現れる光を見るように言われ、
そう、まるで光の妖精が舞い降りてくるかのように、ゆっくりと旋回しながら降りて来ると
窓いっぱいにぱん!と花火が広がりました。
待ってましたと言わんばかりに島中の至る所で花火、花火、花火

12粒のブドウも食べたし花火も延々と続く中、早く部屋に帰ってバルコニーから見よう!と
私は早々に部屋に引き上げて行きましたが、皆さんはこれから更に延々とワインやシャンパンで乾杯
実に元気なヨーロッパの方々です。

翌朝はすっかり腹ぺこの私でしたが、ホテルの朝食もいつもよりゆっくりで、10時も回らないと食べられないというお預け状態でした。
これには本当に参りましたが、持参したカップヌードルが役にたちました。
でも、部屋にお湯は有りません。もらいにも行けそうもありません。
そこで考えた末、いえ、食べたい一心で、ミネラルウオーターを使おう!となり、お水を注いで待ちました。
カップ麺といえば温かいものという既成概念を捨てると、あーら不思議、とってもおいしい冷麺として
なかなかイケルという発見をしました。
この旅で学習した有意義なことの一つとなりました(笑)
非常食に使えると確信した私、次回の海外旅行でも持参することに決めました。


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_01_27




09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.