2014年の春に編集のままだった日記が目に止まったので、今更の公開にします。

朝は8時からの朝食で、パン一切れに珈琲とトマトやきゅうり、ピーマンと言った野菜を切った素朴なサラダにギリシャヨーグルトをゆっくりといただくことから始まります。
クルミやプルーン、ハチミツなどを混ぜて豪華なヨーグルトです。
ゆで卵を一つは塩でシンプルにいただきました。
こういう離島に来たら、都会の高級ホテルに居るような豪勢な朝食は期待しないのがマナーだと私は思っています。
それに、食事のスタート時間も実にのんびりなので、あくせくと働く日本人には面食らう部分もあったりします。
そうなれば、もうこのギリシャ時間で行動するがよろしいとばかりに、
食事の後は少しゆっくり目に出掛けることにしました。



9時15分にタクシーに乗ってフィラの街まで行ってみることにしました。
この旅行を計画した最初に予約していたホテル"アトランティック”のある
サントリーニ島の中心部、繁華街です。
ここに来た理由はケーブルカーに乗って港まで降りて、登りはドンキーにのるためでした。
うん悪く3時間ほどで火山島を渡る温泉付きの船には乗り損ねてしまう羽目に。
当初は3時間後に出向する船ででるつもりで、時間潰しにお昼を食べたものの余りにも時間が惜しくなり、直ぐにドンキーに乗ってフィラの街まで登ることにした次第です。
P5023890_convert_20140531131716.jpg


ドンキーは穏やかそうに見えるのですが、 どうしてどうして。
この世の最後かと思わされる位の恐怖体験が待っていました。
乗車料金は一人5ユーロだったかを支払いました。

乗るや否や猛進したり立ち止まったりと、至ってマイペースばロバでしたが、
急勾配な上にかんかん照りの炎天下ではロバだって嫌にもなりますよね、だいたい重たいし私。。。
ごめんねロバ君重たくてと何度も心の中でつぶやきました。
何度か唱えては無事を祈っていたのですが、そのうちに上から降りてくるロバ君集団とすれ違うことになりました。ロバにしてみれば乗客の足などは気にもならず、ロバ自身がすれ違えれば良いわけなので、ぎゅうぎゅうに幅寄せしながら登って行くのです。これには苦笑どころか足が潰れるかと思いました。痛いよロバ君、擦れて発火しちゃうよ、、、
かと思うと、こんどは立ち止まって休憩?
余りにも長い休憩になるとロバ使いが掛け声やムチを使って発奮させるのでこれもまた可哀想な光景でした。
その度にロバは「もーーーーわかってるよ、行けばいいんでしょ、行けば」と、
猛烈な勢いで登って行くわけです。
しかも、前を登るロバを追い越してまでの意気込みで発奮しすぎです。
何度か落馬しそうになったのでとても怖かったです。
階段はロバの糞だらけで匂いも凄いのですが、草食動物の排泄物ですから干し草の発酵した匂いで嫌なものでは無かったものの、
前のロバが糞をボトボト落とすのを見ながらなので、いささか目のやり場には困りました。

下りには絶対に乗れないだろうという恐怖感満点の体験でした。
IMG_0465_convert_20140531124830.jpg

荒くれドンキー(笑)を降りた後はイアまでバスに乗りました。

イア行きのバスは一番人気のようで、乗客は目一杯で座れませんでした。
途中下車の乗客が居たので残りの半分くらいは座れたのでラッキーでした。
バスが通る道は高台のルートで、眺めがとても良かったのでまた乗りたいと思いました。
サントリーニの空港からイアまで初めて利用したタクシーは25ユーロ、バスは1.6ユーロ。
タクシーとバスとでは一桁も違う!(笑)

一度ホテルに帰り、ルームサービスで珈琲を頼んだりしてまったりしました。
IMG_0106.jpg

一息ついたところでパパは海岸まで降りてくるといって出かけ、私は疲れもあり休むことにしました。
程なく海岸から階段でゼーハー登って帰って来た汗だくのパパをテラスのジャグジーに入れることにしました。
気候はプールや屋外のジャグジーに入るほどまで気温上昇はまだないものの、直射日光は強くて、日が差しているとじりじりと暑いし、実際日焼けもするくらいなのでなんとか入れる気候でした。
水着を持参しなかったので、下着のパンツ姿で入ったパパは、
エーゲ海を眼下に見おろしながらの贅沢な非日常を堪能出来ました。
土日も、更にこうして海外旅行に出て居ても仕事をしているのだから、ご褒美だと思って良いと思いますが、こんな世界があるのかとすっかり腑抜け状態になってしまったパパ。
でもね、結婚して25年ありがとうパパ!です。

夕陽は展望台に行って見ました。
P5033906_convert_20140518005124.jpg

前日にホテルから展望台の人の鈴なり状態をみて、これは行ってみるべしと出向いてみました。
良い場所を探して、2時間も岩のようにじっと待ったのには疲れましたが。
陽が高い間は海面に太陽の道ができてそれはそれで普段見られない光景です。
何と神々しいのだろうかと目に焼き付けるのには十分な時間がありました。
P5033917_convert_20140518005326.jpg

P5033913_convert_20140518005232.jpg

イアの夕陽は世界一と称賛されますが、本当に素晴らしいものでした。


スポンサーサイト
 2017_03_13



遠かった。ただひたすら遠かった・・・とだけ言って終えたいモンサンミッシェル。
ミッシェルはミカエルのこと。

IMG_1164_convert_20140922193509.jpg

島の麓ではブルトーザが何台も活躍していた5月。
先だって完成したとニュースで見ました。
遠くて、遠くて、日帰りで行きましたがパリに戻れたのは夜遅くでした。
お腹ぺこぺこで市内に到着・・・う〜ん、やっぱり宿泊すれば良かったかなと思います。
夕闇に浮かぶ様子も見られませんでしたしね。。。
ただ思うのですが、そこまでして見るべきところかどうか?がよく分らなかったりもします。
行くなら宿泊をおすすめします。

IMG_1123_convert_20140922194020.jpg

パリからツアーのバスに乗車して数時間、こんな田園風景がひろがる中
遠くに見えてくるわくわく感。
まだこの写真では豆粒にしか写っていませんが、もう少し走るとほらこんな風に。。。
景色の中の黄色は菜の花です。5月はまだ菜の花が満開の季節感でした。

IMG_1137_convert_20140922194055.jpg

冒頭はお決まりの全体写真ですが、入場していくと美しい中庭が印象的です。
IMG_1200_convert_20140922194132.jpg


柱などもとても美しく、植物を施すなどしてここが隔離された島の丘の上の教会の
瞑想の回廊として眺めの良い美を追求しています。

IMG_1199_convert_20140922194114.jpg

ワインを作る場所があったり、巡礼者が並んで座る大食堂があったり
はたまた、囚人を収容する施設として使用されていた頃には
囚人が何人もこの歯車に入って地上からの荷物を滑車で引き上げていたという
大きな大きな歯車があったり・・・

IMG_1214_convert_20140922194205.jpg

ファサードなどは落雷によって大分後退したとも聞きました。
時代とともに用途や姿を変えて、今の時代にこうして残されているので
一見の価値はあるかと思います。でもとにかく遠くて、時間の余裕のある旅人か
ここを目的に組まれたツアーか何かでないと大変です。

私は個人手配の旅が好きなので、
ちょっと単発でのツアーを利用したり自力で出掛けたりしますが
実はここも自力で訪れて、宿泊してゆったりと楽しめると良いと感じました。


 2014_09_22



ダ・ヴィンチ・コードを読んでからはや数年。
パリの街の数々が登場し、映画でも撮影に使用されてから人気が出たというところの一つ
サン・シェルピス教会は左岸のサンジェルマン地区にあります。
もともと宿泊先をサンジェルマン地区に決めていたのに
ホテルの都合で(改装工事に入るということで)ルーブル美術館のすぐ隣りに変更したので
散策、見学の練り直しが強いられてとっても大変でした。
行こうと思っていたところを諦めるというのは
ちょっとぶらっと出掛けられる場所では無い場合、
非常に悔しい思いがするものです。

計画の段階で諦めるという言葉はよくありませんが
何かを諦めて次に行くことも時には必要だと今回ほど思った旅はありませんでした。
結局、見所が沢山あることやそれらが全て近隣であることが諦めを渋らせる原因でもありました。

左岸へ渡るにはシテ島を通過します。
IMG_0814_convert_20140811192522.jpg

シテというのはパリ発祥の場所でもあり、何か特別な存在感があります。
大きなノートルダム大聖堂や
P5044083_convert_20140811190054.jpg

サントシャペル、
IMG_0803_convert_20140811192550.jpg

花市や小鳥市を見学しながら歩けるので
単なる通過点では終わりません。
IMG_0813_convert_20140811192419.jpg

IMG_0809_convert_20140811192304.jpg


さて、私たちのパリ歩きですが
最初に訪問した美術館として書いた日記で紹介のとおり、
中世博物館(クリュニー美術館)を見てから
IMG_0899_convert_20140811192441.jpg

ソルボンヌ大学(第3、第4大学)の前で記念撮影、
IMG_0937_convert_20140811190016.jpg

パンテオンを見ながら
IMG_0943_convert_20140811190143.jpg

アイスクリームを食べながらリュクサンブール公園を抜け、
IMG_0952_convert_20140811195420.jpg

IMG_0953_convert_20140811195353.jpg

IMG_0954_convert_20140811195327.jpg

IMG_0959_convert_20140811195004.jpg

まだマロニエ(ピンクと白があってピンクが大分残っていました)が咲いている木陰を散策しながら
P5044085_convert_20140811195447.jpg

IMG_0968_convert_20140811194312.jpg

IMG_0969_convert_20140811194642.jpg


IMG_0971_convert_20140811194545.jpg

リュクサンブール宮殿から
IMG_0967_convert_20140811194937.jpg

サンシェルピスへと歩みを進めました。
P5044098_convert_20140811190622.jpg

サンシェルピス教会は他の建造物よりも黒くすすけている感じでしたが、
人気があるのですね。冒頭にも書いたように、ここは映画ダ・ヴィンチ・コードで有名になったそうです。
階段を登って中に入ると荘厳な美しさが漂い、緊張感が湧いてくるようでした。
パイプオルガンはあまりにも美しく、その音を聞きたい!!!と思いましたがその機会は得られませんでした。残念です。
IMG_0975_convert_20140811190305.jpg

P5044093_convert_20140811190443.jpg

P5044090_convert_20140811190410.jpg

ここにはドラクロワの描いた有名な宗教画があります。
『悪魔を撃つ大天使ミカエル』です。
ミカエルとは読み方を変えるとミッシェルとなり、あのモンサンミッシェルのミッシェルです。

IMG_0980_convert_20140811190333.jpg

P5044095_convert_20140811204050.jpg

IMG_0983_convert_20140811190545.jpg
『ヤコブと天使の戦い』

IMG_0984_convert_20140811190517.jpg
『神殿を追われるヘリオドロス』

これら3枚の絵は教会入り口の右手にあって、
一段上がり特別に公開しているような厳かさを醸し出していました。

サン・シェルピス教会はとても見所のある教会でした。
正面は広場になっていて、大きな噴水があります。これも有名な噴水ですが
ちょうど出掛けた時には高校生らしき一団が並んで記念撮影に入っており、その後合唱が始まったりしたので
写真は撮れないまま後にしました。
そこからは直ぐにサン・ジェルマン・デ・プレ教会がありますが、
P5044099_convert_20140811190225.jpg

教会ばかり見て回っても・・・という思いもあって横目に見ながら通過しました。
裏手にあるドラクロワの美術館も見ずに疲れた〜とメトロに乗って
ホテルに一旦帰るのでした。
思うほどには見て回れず、まあまあ大変なことでした。
何しろ健脚でなければ叶いません。
旅行の前に随分と歩いて鍛えたのですが、疲れるものは疲れるのです(苦笑)

このあとは夕方からのツアーを予約しており、ホテル近くから発着するので
一度シャワーを浴びて疲れを取ってから、セーヌ河の夕暮れ時に船に乗り、
夜景のバスツアーへと繰り出すのでした。
日付としては5月4日(日)のことでした。
(日記は思い出しながら大分前後して書いています。)


 2014_08_11



あれは中学生になりたての頃でしょうか。
それまで漫画というものを読んだことの無かった私に、大流行であった「ベルサイユのばら」という
歴史を背景にした、それも繊細なタッチで絵も美しいものを紹介してくれた友人が居ました。
彼女はその後高校生の時に不慮の事故で亡くなってしまったのですが、
今でもあの頃の初体験については思い出します。
そして、いつかパリに行ったら、ベルサイユ宮殿も見るのだと思ったのですが
なかなかその機会はやって来ませんでした。
齢52にして初めてのパリ。それも結婚して25周年の記念として半年前から計画した
この旅行の3つ目の目的地となったパリでした。

IMG_1739_convert_20140811081920.jpg

修復工事が順次行われている関係で、とても新しく輝き過ぎていました。
歴史を感じるという感覚が薄れてしまう結果ともなるのですが
これは仕方がないことでしょう。

鏡の回廊はガラスだらけで、ガラス好きの私でもこんなに?と思うくらい沢山のシャンデリアが下がっていました。

IMG_1784_convert_20140811081435.jpg

IMG_1800_convert_20140811081635.jpg

IMG_1767_convert_20140811081522.jpg
王室礼拝堂は立ち入ることは出来ませんが立派なものでした。

天井画はどれもとても素敵です。
IMG_1815_convert_20140811081756.jpg

IMG_1811_convert_20140811081723.jpg

IMG_1773_convert_20140811081109.jpg

IMG_1770_convert_20140811091325.jpg

上を見たり横を見たりしたを見たり・・・どこもかしこも美の追求ばかりで
いささか満腹状態になったのは言うまでもありません。

P5084450_convert_20140811081841.jpg
ルーブル美術館にもある戴冠式の巨大な絵で、どれだけ大きいかというと人間と比較したものが次の写真となります。
IMG_1825_convert_20140811090020.jpg
人間が豆粒状態ですね(笑

母子jpg_convert_20140811084822
マリーアントワネットの母子の絵

IMG_1797_convert_20140811091236.jpg
窓枠にまでこんな装飾の数々が施され。

IMG_1829_convert_20140811090116.jpg

IMG_1852_convert_20140811091259.jpg
鍵盤楽器の類はとても美しく、モーツアルトなどがここで演奏している姿を想像するのもまた楽しいものです。

タペストリー_convert_20140811084841
タペストリーのスクリーンがあったり

IMG_1844_convert_20140811091416.jpg
図書室だったり

IMG_1843_convert_20140811090630.jpg

IMG_1828_convert_20140811091211.jpg
美しい絨毯の数々が見事なまでの色合いであったりと
美術館さながらの宮殿でした。

宮殿一周は出来ましたが、とっても疲れてしまって庭園に出たり、トリアノンに行ったり、アントワネットの離宮に行ったりは出来ませんでした。ここは一日かけて行かなければとても見ることのできない巨大な観光スポットであるということだけを理解して、この日は最終日の前日だったため
さっさと帰って夜のオペラ座バレエ鑑賞に備えることにしたのでした。

私自身は、細部まで見なくてももう沢山かな?という印象を受けまして
おそらくもう一度訪問することがあるかどうかは・・・微妙な感じです。

アパートメント群というのもいろんな人たちの部屋が次々にあって
次の写真はその見取り図です。
続きの間になっていて間には控え室があったりしますが、あまりプライベートが守られているという印象はありませんでした。
IMG_1827_convert_20140811085950.jpg

王の寝室やら王妃のそれやら・・・どれもこれも豪華絢爛でした。恐れ入りました。



 2014_08_11



美術館巡りのためだけにパリを訪れたわけではありませんが
パリの日記3つ目もやはり美術館となります。
オランジュリー美術館といって、クロード・モネの睡蓮の連作を収めるための美術館といっても良いくらいのところです。
IMG_1608_convert_20140727205326.jpg

睡蓮の絵は撮影禁止だったので、ネット検索で出た物を流用させていただくことにします。
orangerie7.jpg

他の部屋では何枚か迷惑にならないように撮れたものが次の絵画たちです。
IMG_1611_convert_20140727205355.jpg

IMG_1613_convert_20140727205432.jpg

IMG_1612_convert_20140727205512.jpg

IMG_1610_convert_20140727205550.jpg

IMG_1609_convert_20140727205622.jpg

オランジュリー美術館はチュイルリー公園の一角にあって、ルーブルやオルセーの比較的近くにあります。
温室を改造したという建物は天井のガラスから日差しが足込む明るい建物です。

さて、この美術館の代表作であうモネの睡蓮は、実際に画家が暮らしたノルマンディー地方のジヴェルニーというところに、とても素晴らしい邸宅と庭園があるので訪問してみました。
モネは画家としての筆を握る時間以外は、庭仕事を愛し、綺麗な花たちに囲まれて過ごしたそうです。
大抵の画家は生きている間には売れずに苦しい生活を強いられるそうですが、
モネだけは活躍する傍からとても人気があって、とても裕福な生涯を過ごした珍しい画家だそうです。
館の前は5月初めの訪問時にはチューリップが整然と咲いていました。
P5074347_convert_20140727203833.jpg

庭園も広く、案内板も立てられていて、世話をする人々がそこかしこに居ました。
P5074365_convert_20140727204140.jpg

そうして手入れの行き届いた庭園は、四季折々の花が咲き乱れるのです。
睡蓮は6月にならないと咲かないので、花を想像しながら葉を見つめたり
5月の庭はなんと素晴らしく花々が咲き乱れているのだろうと
どこを撮っても絵になる植物のパラダイスでした。

P5074363_convert_20140727204058.jpg

IMG_1590_convert_20140727204918.jpg

IMG_1501_convert_20140727204403.jpg

IMG_1543_convert_20140727205807.jpg

IMG_1483_convert_20140727204508.jpg

屋敷の中にも入ることが出来ますが、そこは撮影禁止で、
モネが影響をとても受けたという日本の浮世絵が所狭しと飾られていたり、
食堂として使われている黄色が基調となっている可愛らしいキッチンには
実際に使われていたという鍋類が壁一面に下がっていました。
唯一許された撮影は家の中から外を見る景色だけです。
奥様の寝室からの眺めだけを収めてきました。

IMG_1583_convert_20140727205731.jpg

この窓から外を眺めるご夫人の見た景色は、今も変わらないのだろうか
とか
こんなに緑の豊かな庭園に池まであってアトリエも整っていて仕事がしやすかっただろうなあ
とか
ストレスなんていうものとは無縁の暮らしだったに違いない
とか
いろいろ、いろいろ、思いを馳せました。
勿論館の中にはモネの作品が所狭しと並んで飾ってあります。
当然のことながら、美術館にはないものです。
数多く並んでいた浮世絵については、外国人にはその良さが分らないのかどうか?
見ていても素通りであることに若干の寂しさを覚えましたが、
まあ、そこは文化の違いと日本ではないところでの日本の評価は難しいのかなあ?と、
日本人としてはこれほど嬉しい光景は無いのですが・・・などなどなど。

1年の中で一番美しい庭園を楽しむならば、5月から6月だと思いますが、
その中でも睡蓮が咲くのは6月で、そうなると館の前のチューリップは違う花になっています。
つい最近渡仏した知人の報告では、ゼラニュームが咲いていたようです。
バラも本格的に咲き乱れる時期ですし、ヨーロッパはだいたいがこの6月前後が一番美しいので
仕事を終えて、いつでも行かれるようになった暁には、もう一度ゆっくりと出掛けてみたい庭園の一つとなりました。


 2014_07_27




07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.