たまには旅日記を書きます。
去年は海外に3回も出られたラッキーな1年でしたが、今年は国内を行ったり来たりしています。
春には京都に2度、奈良に1度、金沢に1度とこの3ヶ月で歩き回りました。

ホームページには少し旅の話を交えて、京都では染め物屋さんに立ち寄ったことや
見て回った話を書いてはいたものの、本来はこちらのブログ日記に旅編で書きたかったことでもあります。
金沢の話はこちらに一つ、
ラナン・レイホームページから
http://ranun-rei.com/morihachi/

京都の染め物屋さんのAFE(遠藤)さんの話はこちらに一つ書いてありますので、お時間があったらご覧になってくださいませ。
ラナン・レイホームページから
http://ranun-rei.com/art-fiber-endo/

さて、春の京都の目的で会った筍料理のお話を書こうと思います。
季節ハズレの筍話にちょっと耳を傾けてくださいませ。

10年ほど前のことだったでしょうか。
亡き母が生前、私たし家族を伴って京都の老舗筍料理のお店「○○亭」に行きたいと話していたのは。
当時まだ息子が中学生になったあたりのことで、まだもったいないのではないかとなり
少し大人になるのを待っていたのでした。
待つ間に母の体調がどんどん悪くなり、その願いは叶わぬものとなってしまいました。

父がそのことをしきりに残念がり、母の供養も兼ねて数年前に出掛ける機会を得ました。
その時の記憶が家族全員とても鮮明で、
今年、社会人をしながら大学院に通い、ようやく卒業した妹の労いも兼ねて再訪することとなりました。

前評判では、奇数年の筍は不作らしいということでしたが、
父も齢90を迎え、1年1年を待つことが難儀になってきたため今春の決行となったわけです。

残念なことに、○○亭の看板である「じきたけ」が見事に大外れ、いただくことができませんでした。
これには全員でかなりなショックを受けてしまい、再訪はもうないと決めてしまったほどです。
自然の産物である筍ですし、いくら世話をしている丹精込めた竹でも叶わぬことはあるものですよね。
わかっているのですが・・・「今日は採れませんでした」で終わってしまったので一同狐につままれたれた気分で
言葉がありませんでした。

そんなこともあって、旅日記を書くのが億劫になり今は筍の季節ではないし
ここで書いても影響はないかなという配慮も少しはあるのですが。。。
というわけで、行くなら来年の隅数年の春です!
IMG_3778.jpg

IMG_3772.jpg

1人前2万円のランチメニューでしたが、全部の写真は載せないでおきます。
次回は無いと言ったけれど、きっといつかまた行くことになるのかも知れませんので、大満足の時に掲載したいと思います。

そういえば、このミレコロ日記の5年前の投稿に当時の記録があります。
じきたけ、、、あります。

http://mirekoro.blog105.fc2.com/blog-category-30.html
ミレコロ日記過去記録から
旅日記も自分の記録に親しい方に読んでもらう程度のものですが
記録しておくと忘れてることも思い出せて良いですね。
このミレコロ日記も始めてから10年になりますし、頑張ってタッセルと猫と旅の日記を続けていこうと思います。

今回はタッセルの投稿ではありませんがよろしかったらポチッとよろしくお願いいたします。

*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*

タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
 2017_07_23



金沢にやっと観光で訪れる機会がやってきました。
しかも2泊3日という中で能登半島の先端までのドライブありという弾丸です。
おまけに、APJタッセルの金沢の先生を訪ねてレッスンも受けるという分刻みのスケジュールでした。

カテゴリ分けが難しいので国内旅行としてあげておきますが、多分内容はタッセルとなります。
ワンデーレッスンとしてどなたにもご案内のできるAPJタッセルのモデルを2つ習いました。
にんにく

パピヨン

雰囲気は大変よく似ているのですが、作り方も違いますしよく見るとその違いは歴然です。
時間の限られた中でのレッスンにご対応いただいたのですが
2つで2時間と少しという超スピードでした。
我ながらよく頑張ったと思います(笑)

旅行記の方はまた後日書きたいと思います。
父の面倒もあるためなかなかブログ更新ができませんが、ホームページを中心にしているので
そちらでも多少触れている金沢の旅は、併せてお読みいただければ幸いです。

ラナン・レイのホームページはこちら⏬



 2017_06_11



1年に1度はどこかの季節で訪れている京都に、
今年は87歳の父のお供で贅沢な紅葉狩りをしてきました。
この10年のうちで一番の美しさだったと思います。
沢山歩くことの出来ない父のお供なので、数十メートル歩いては立ち止まり、
様子を見てくるために猛ダッシュで路地を見て来たりと
私にとっては過酷な運動だったようで、
1週間経った今現在なお腰痛に悩まされています。
運動不足は否めないし
仕事のデスクワークも正念場を迎えているし
とにかく何もかもが重労働であるためにお疲れモードです。

あちこちと歩いていけないので、
贅沢に1箇所+アルファということで
南禅寺は天授庵と永観堂は出口と入り口から覗くだけでした。
人ごみも物凄く、まともに歩けない中でののろのろ歩きですから
突き飛ばされないようにすることやすわれる場所を確保するなど
かなり疲れました。

でももみじの美しさがその疲れを吹き飛ばしてくれました。
毎回、もう最後かなという父の言葉をこうしてお供できることで
更新し続けています。
IMG_0686_convert_20141129192245.jpg

IMG_0680_convert_20141129192129.jpg

IMG_0720_convert_20141129192328.jpg


 2014_11_29



もうかれこれ5年近く前に父と母が訪れた当麻寺。
最近、テレビのCMで奈良の宣伝をしています。
それを見る度に、母のことを思い出します。
ああ、あれが最後の旅といえる旅だったのだなあと、懐かしく
その時の旅の話を聞いたことを思い出します。

旅は人の心の中に生き続けます。
訪れたことがない場合でも、他人を通して話を聞く機会があるというだけでも
記憶にとどまって、思いを馳せるきっかけをいつでも作ってくれます。
こんなに時間がたっても、瞬時に、その時に一緒に過ごしたあの空間に
思いが飛んでいけます。

いま、父は母の居ない毎日の中でも、じつに多くの旅行を折に触れてして来たからこそ
その思い出とともに強く元気に生きてくれているのだと思います。
寂しいと思うけれども、語りかける季節や場所が至る所にあるので充分にまぎれていると思います。
思い出がなかったらとっくにつぶれてしまっているでしょう・・・
そうして私もまた、母の居なくなった後の「父との思い出」を作るためにも
旅行をし続けています。

その旅はかつて父が訪ねた場所だったりそうでなかったりしますが
旅の話で生き生きと語り合う時間を作ることは私にとっても喜びの時間です。

今年もまた父と一緒に奈良、京都に行けますように・・・
その前に銀婚式の記念旅行を無事にこなさなくては!
そしてオペラ座のバレエの話を父にする日、
ギリシャの青い海の話、
神殿や、教会や、世界一の夕陽の話や・・・
一緒に行かれない場所には写真やビデオでともに楽しみたい
そんな思いで旅を続けます。

2014年が、また充実した一年となりますように。

当麻寺の話は今回はとくにありませんが、CMで流れるたびに
ああ、行かなくちゃと思います。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2014_01_11



京都には美味しいものが沢山あります。
我が家は年中行事のように折に触れて京都を訪れますが
年々、もう最後かもと言いつつも、何とか高齢の父を車いすやタクシーを駆使して
今夏は鱧料理を堪能することが出来ました。
川床も9月になると寒さを感じるし、夏の暑さが半端ではない京都なので
盛夏に行くのもはばかられ・・・疲労度合いも考えると1泊で目的を絞った贅沢旅行が無難となり、
お盆過ぎに出掛けることになりました。

昨春のタケノコ料理は皆が大絶賛で、大満足でしたが
今夏の鱧もまた美味で・・・これで最後かも、なんていう寂しい父の言葉を
覆したくなる思いでいっぱいです。
来年も、どこかの季節で京都ならではの美味しいものを食べに連れて行ってあげたい!と
思いを新たにしています。

最近では関東でも鱧料理は珍しいものではなくなりました。
あの骨切りの音などもテレビでもよく耳にするようになりました。
東京でも横浜でも食べるこtが出来ます。
でも、やっぱり本場の味は違いますね。

P8243560_convert_20130929071311.jpg



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_09_29




09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.