2017年の奈良訪問は今回で3回目となります。
先週末の奈良は少し寒くて震えました。
春には雨に降られてしまい、車椅子を思うように押せないことからほとんど見て回れなかったので
念願の元興寺(がんごうじ)をゆっくりと見学し、大満足な旅となりました。

奈良には「南都七大寺」といって奈良時代の平城京周辺にあって朝廷の保護を受けた寺の7つがありますね。
興福寺、東大寺、西大寺、法隆寺、薬師寺、大安寺、元興寺
日本人ならこのいずれかの寺には訪れたことが一度はあるであろう有名な七大寺です。
我が家の息子は私学だったこともあり、小学校では沖縄、中学では特に修学旅行のようなものはなく
中高一貫でイギリスと言う訪問先だったので残念ながら学校行事での訪問はなく、
家庭で連れて出かけない限り行かないだろうという訪問先でした。
そんな状況なので、京都には何度かあるものの奈良には一度、興福寺、東大寺に辛うじて連れて歩いたのがやっとです。

さて元興寺についてはお寺のホームページをご参照いただき、説明は省略します。
http://www.gangoji.or.jp/tera/jap/link/link.html

写真だけ幾つか載せます。
IMG_0793.jpg

入り口にある石碑には世界遺産とあります。
現存する敷地は塔があった場所とお堂のあるこの場所に分かれていますが、昔はこのあたり一帯すべて元興寺の敷地であったと言います。
IMG_0791.jpg

IMG_0790.jpg
天平の甍は存在し、この写真内に見えています。
表から見えるお堂の瓦は中央に鎌倉時代、昭和時代の修復のあとが見てよく分かります。
写真は載せませんが是非一度訪れて確認してみてください。すごさが伝わってきます!

IMG_0789.jpg
元興寺で見つけた紅葉はとても綺麗でした。



IMG_0771.jpg

ならまちは坂道もあったりして、実は車椅子にはちょっとだけ辛い場所でもあります。
地図はそこかしこに存在し、迷いがちな観光客にも親切です。
IMG_0796.jpg

身代わり猿の吊るしものがたくさんある庚申堂は奈良の古くからの言い伝えによる厄除けの風習で
実家にも随分前から吊るされていて、お礼参りをしたいと今春に一度、そして今回も一度また訪れました。
今年は本厄が一人家族に居るため、猿を1つ買い足してきましたが
早速そのご利益がありました。
日々感謝です。

それから、特筆すべき驚きが奈良にはありました。
むかしから何度となく訪れている猿沢池の異変です。
私にとっては異変ですがこれまでが異様だったのだとも言えます。ですが、あれだけ大量にいたカメが1匹も見当たらず、父としばし首をかしげてしまいました。
外来種のカメに池が占領されていたのですね。
それはそれで困ったものですが、ただ見ている分にはカメの甲羅干しがたくさん見られてほのぼのとしていたのもまた事実です。
それが1匹もいないなんて冬眠するほど寒くはありませんし。調べたところ池の清掃を行った際に捕獲したそうですね。
なるほど。。。

最後に一番印象に残った木の写真で奈良の旅ブログはおしまいにしたいと思います。
他にも薬師寺や唐招提寺なども歩いていますが割愛いたします。
IMG_0792.jpg
これはナンキンハゼの木です。先端が丸くて(種が入っているところ)陽の光に映えて銀色にも見えて可愛いと思いました。


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 2017_11_30



もみじの永観堂と言われるだけのことはあってさすがの紅葉の質、量ですね!
何度か続けて見に行っていますが夜は今回が初めての訪問となりました。

(11月23日現在)
IMG_0683.jpg

2017年のもみじは総じてとても綺麗です。
ですが、日当たりの関係の差が激しいとも言えます。
そのため、緑から黄色、オレンジ、赤といったグラデーションをこれまで以上に楽しめる面白い紅葉でもあります。
残念なのは、日当たりのい場所はすでに散っていることです。
何年か前の日中の写真と比べてみても歴然ですが、そこはライトアップという魔法のおかげでとても綺麗に幻想的に見ることが出来ました。
水面に映る様は吸い込まれそうですね。

ちょっとここには書きたくないような出来ごとがここではありました。
あってはならないようなことです。
危険だからと行って橋の上で背中を押すのはもっと危険だった
ということだけを書き残しておきます。
永観堂さん、ちょっと考えものです。




(11月23日現在)
IMG_0645.jpg

さて、こちらは南禅寺の塔頭の天授庵ですが、こちらの紅葉もほぼ終わりといった感がありました。
圧倒的な紅葉で感動した数年前とは違い、こちらもライトアップに頼ってなんとか。。。
もうこの10年らい毎年のように見てきていると、年ごとに変化するその様子に一喜一憂するというよりは
気候の差や夏場がどうであったかなど、総合的に考える癖がついてしまいました。
いろんな見方があると思いますが、今年の紅葉は総じて綺麗だったと冒頭にも書いたように、とても綺麗な葉が揃っていることだけは間違いありません。
天授庵の最高の紅葉時はもっと素晴らしいので、ちょっとだけ残念に思いつつ京都を後にしました。

*今回は旅日記ですが、タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_27



しばらくミレコロ日記もホームページもお休みしておりました。
年中行事となっている秋の京都/奈良の旅をしていたからです。
旅日記も本格的に書くのは久しぶりです。

京都に関しては、旅というよりはもはや第二の故郷くらいの感覚になっていて
あくせくと観光をして回るというよりは、懐かしさと新しさ(最近の京都はずいぶん様変わりしています)
それから1年の締めくくりのような位置づけです。
何より、後数ヶ月で91歳になる父と一緒に行かれる幸せは何物にも代えがたい喜びです。
父のために行く京都が一番の目的なので、急がずゆっくりと目的地を絞ってピンポイントで歩く割には
車椅子を押す私の体は実はガタガタです(苦笑)
それでもまた来春の話に花が咲き、きっとまた参ります。

4度目の京都と言っても、年寄りと一緒だったり仕事で多忙な夫とだったりな為
実にコンパクトな日帰り半分できっと「勿体無い」と言われそうなスケジュールです。

1度目は春の日帰り。桜が早く咲いてしまうのではないかということで下見の京都でした。
2度目は1回目の1週間後の90歳のお祝いをしにたけのこ料理を目的にした京都と奈良の3日間。
3度目は11月1日の日帰り奈良正倉院展の帰りに超駆け足で。
4度目は今回の京都と奈良の3日間。

今回のメインのお宿は朝食が絶品だったことで再訪のウエスティン京都ホテル。
定番の宿は駅上のグランヴィアですが、2016年の春以来の利用です。
この時期はお初なので、クリスマスの飾りも新鮮でした。

IMG_0690.jpg

お気に入りのティーサロンではタタンのタルトを夕方帰るまでキープしておいてもらいました。
IMG_0691.jpg

ロビーは決して広くないのですが、ツリーの存在感はなかなかなものでした。
IMG_0695.jpg

IMG_0694.jpg
ツリーの周りを汽車が走っていて、子供たちが長いこと眺めて楽しんでいました。
私もずっと眺めていたかったです。

ホテルの裏山に位置する将軍塚へはタクシーで参りました。
春の桜がとても美しかったので、秋も見たいことからの計画でしたが将軍塚は春が良いと思いました。

初日はこのホテルからも近い南禅寺の湯豆腐「順正」を予約していたはずが、、、、、
きちんと取れておらず(大失態!)、急遽ホテルの「華頂」で松茸ご飯や土瓶蒸しのついたお豆腐の鍋コースに変更しました。
和食ランチはこの時期(12月初め)までの特別メニューで@8000円です。
松茸になごり鱧の土瓶蒸しが最高に美味しかったです。秋ですね〜。

IMG_0623.jpgIMG_0621.jpgIMG_0619.jpg

この時期は有名どころや美味しいものを食べようと思ったら予約なしでは困難ですから
2日前に予約が出来て超ラッキーでした。
胸をなでおろして舌鼓を打ちながら、目指すはお買い物(笑)の目的地へGO!

まずはお茶といえば「一保堂」です。
以前はもっと格式ばったお店だったように思うのですがしばらくぶりに本店を訪れたら観光客でごった返していてなんだかとっても不思議なお店になっていました。東京丸の内にもお店はあっていつでも買えるし通販も今や常識的にあるのですが
ここは京都にしかないものを求めるのが醍醐味です。
IMG_0625.jpg

そのお隣あたりにある和紙のお店も混んでいましたね。
今回は2枚ほど包んでもらい、旅の間大事に筒を持ち歩きました。これは荷物で送るにはちょっとおおきすぎ、持ち歩くのも大変ですが折ってしまってはせっかくの和紙が。。。

その後は竹の箸を求めに行くのですが、私と父はイノダコーヒーで待つことにし、ここでもクリスマスの飾りを楽しむことができました。
IMG_0636.jpg

11月1日に寄った時はまだだったので、実はとても楽しみにしていました。
中世の小径のような中庭、中廊下、本当にいつ行っても落ち着きます。

というわけで、初日の午後は京都の観光というよりはお買い物で終わりました。
夜のライトアップには天授庵、永観堂と参りましたので、次の日記でご紹介したいと思います。

*今回は旅日記ですが、タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_27



夫が急に思い立ったように「正倉院展に行きたい」と言い出したのは先週のことでした。
私は今月は23日からまた紅葉を楽しみに京都と奈良入りするために
何度も行くのもなあ・・・と思っていましたが
とにかく日帰りで行くしかお互いのスケジュールが合いそうになく
奈良まで行くのに弾丸だなんてもったいないという人のコメントも多い中行って参りました。

京都の日帰り観光は何度となくやっていますが、奈良へはそこからまた近鉄特急などに乗車して
しかもゆっくり歩いて巡りたいようなところです。
果たして弾丸でいいの?と自問自答を繰り返したのは言うまでもありません。

奈良へは何度めの訪問になるでしょうか。
今年だけでも2度の訪問となりますが、京都の濃い訪問20回と比較すると
まだまだ7回ほどで、メインとしての訪問となると数える程度です。
それでも国内では京都、奈良とかなりな訪問となっていることには違いなく
あてずっぽうに、やみくもに訪れる観光客とはちょっと違うので
日帰り(目的を絞っての訪問)でも十分だと言い聞かせてみたりしました。

正倉院展への訪問は初となります。
とにかく団体ツアー客がどっと押し寄せて(失礼)くるので、会場の奈良国立博物館は芋洗い状態でした。
比較的混雑が無いであろう平日の水曜日のランチタイムを目掛けた私たちとしては
予想外の混雑でした。
一般の列はさほど並んでいなかったのですが、同じくらいの団体客御一行様が別の列で待機していて
会場内では押し合いへし合い(苦笑)それでもゆっくり見られずで、、、もうちょっと入場制限してほしいなと正直なところ思いました。

今年の目玉とされている中の代表格の「緑瑠璃十二曲長杯(みどりるりのじゅうにきょくちょうはい)」の展示にはいささかがっかりしました。
「長杯」の下にせっかく鏡を置いて底面も見えるように陳列されているにも関わらず、
ガラスケースの周囲にさらに遠巻きに手すりが施されていて近づいて見ることができないだけでなく、
覗き込んでも(よほどの背高さんでないと無理)半分も見ることが出来ません。
こんな陳列は無いと思います。
ひどい。はっきり言ってひどいです。見る側のことを考えてない証拠ですね。

しかも写真は一切禁止。

ヨーロッパだとこんな風にはならないのになあ。。。

もう少し良く考えて広く日本の宝を多くの人に見せてほしい。

まあそのようながっかりした点もありますが、保存状態の良いものが1000年の時を超えてこうして見ることができる素晴らしさにも感動したのもまた事実です。
日本のような気候風土や保管の方法で、良くここまで持っていると感じたのは(お経の巻物を包んだであろう)「最勝王経帙(さいしょうおうきょうのちつ)」です。
組帯の一部がちぎれて保管されていましたが、その緻密な織り柄、なんといってもどれをとっても細かい作業を想像するのに容易く
現代人としては考えただけでも気が遠くなります。

あとはまだまだたくさん話したいことはありますが、有りすぎてここでご紹介するのは難しいので割愛いたします。
当然のことながら、房が施された旗なども(ペタンコでしたが)ありまして、石を磨いた玉をつなぐために編まれたものなども
とてもそそられる品々であったということだけで失礼したいと思います。

18日まで開催されているようです。
コンビニなどで入場券は購入できますので(前売り券ではありません)是非訪れる方は事前購入をお勧めします。
(入場券の列の後の入場の列と並ぶのは大変だと想像しますので)


*いつものお決まり*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村



 2017_11_04



たまには旅日記を書きます。
去年は海外に3回も出られたラッキーな1年でしたが、今年は国内を行ったり来たりしています。
春には京都に2度、奈良に1度、金沢に1度とこの3ヶ月で歩き回りました。

ホームページには少し旅の話を交えて、京都では染め物屋さんに立ち寄ったことや
見て回った話を書いてはいたものの、本来はこちらのブログ日記に旅編で書きたかったことでもあります。
金沢の話はこちらに一つ、
ラナン・レイホームページから
http://ranun-rei.com/morihachi/

京都の染め物屋さんのAFE(遠藤)さんの話はこちらに一つ書いてありますので、お時間があったらご覧になってくださいませ。
ラナン・レイホームページから
http://ranun-rei.com/art-fiber-endo/

さて、春の京都の目的で会った筍料理のお話を書こうと思います。
季節ハズレの筍話にちょっと耳を傾けてくださいませ。

10年ほど前のことだったでしょうか。
亡き母が生前、私たし家族を伴って京都の老舗筍料理のお店「○○亭」に行きたいと話していたのは。
当時まだ息子が中学生になったあたりのことで、まだもったいないのではないかとなり
少し大人になるのを待っていたのでした。
待つ間に母の体調がどんどん悪くなり、その願いは叶わぬものとなってしまいました。

父がそのことをしきりに残念がり、母の供養も兼ねて数年前に出掛ける機会を得ました。
その時の記憶が家族全員とても鮮明で、
今年、社会人をしながら大学院に通い、ようやく卒業した妹の労いも兼ねて再訪することとなりました。

前評判では、奇数年の筍は不作らしいということでしたが、
父も齢90を迎え、1年1年を待つことが難儀になってきたため今春の決行となったわけです。

残念なことに、○○亭の看板である「じきたけ」が見事に大外れ、いただくことができませんでした。
これには全員でかなりなショックを受けてしまい、再訪はもうないと決めてしまったほどです。
自然の産物である筍ですし、いくら世話をしている丹精込めた竹でも叶わぬことはあるものですよね。
わかっているのですが・・・「今日は採れませんでした」で終わってしまったので一同狐につままれたれた気分で
言葉がありませんでした。

そんなこともあって、旅日記を書くのが億劫になり今は筍の季節ではないし
ここで書いても影響はないかなという配慮も少しはあるのですが。。。
というわけで、行くなら来年の隅数年の春です!
IMG_3778.jpg

IMG_3772.jpg

1人前2万円のランチメニューでしたが、全部の写真は載せないでおきます。
次回は無いと言ったけれど、きっといつかまた行くことになるのかも知れませんので、大満足の時に掲載したいと思います。

そういえば、このミレコロ日記の5年前の投稿に当時の記録があります。
じきたけ、、、あります。

http://mirekoro.blog105.fc2.com/blog-category-30.html
ミレコロ日記過去記録から
旅日記も自分の記録に親しい方に読んでもらう程度のものですが
記録しておくと忘れてることも思い出せて良いですね。
このミレコロ日記も始めてから10年になりますし、頑張ってタッセルと猫と旅の日記を続けていこうと思います。

今回はタッセルの投稿ではありませんがよろしかったらポチッとよろしくお願いいたします。

*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*

タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村


 2017_07_23




01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

カテゴリ

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.