mirei後姿

みれいです。
こんばんは。
ママさんが先週ダウンして 私たちの日記がかけなかったのでと
今日は2つ目の日記なんですって。

私の日課は
ベランダ越しにお外を見ること
ときどき鳥さんや、せみさんなんかが飛んで
動くものだから目が離せませんの

ころたんなんか、こないだは ベンジャミンにとまっていた蝉を見て
雄叫びをあげていましたのよぉ。
みれいは黙って見つめるだけなんですけどね。

そうそう、ママさんが寝込んじゃった間、ベランダの植物も瀕死の状態で
かわいそうに、ゼラニュームが悲鳴をあげてますでしょ?
ときどき植物の声も聴いてママさんにお伝えするんですけど
一歩も歩けない状態のママさんじゃ・・・しょうがないです。

mirekoro_convert_20090830185223.jpg

通称 みれいのお立ち台 って言われてるクッション3枚重ねの上から
お外の見物が終わると
次はころたんとお昼寝三昧になりますの。
みれいはいつも上よ うえ。
みんなで私のこと なにをしても可愛いって・・・お姫様なんですもん



スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_30



トマトラーメン

久しぶりの食いしん坊日記は
夏の冷たいトマトのラーメンです。
日清から市販の2人前入りです。
本当はラーメン屋さんで食べたいのですが
なかなかその機会は訪れず、、、

写真が縮小できなくて仕方なくこのサイズで掲載しますが
お味の方は「想像通り」をこれほどまでに裏切らないものも珍しいかもしれません。

ラーメンというよりも
[『パスタ縮れ麺版』といった感じです。
トマトといえばバジル:というのも、組み合わせとしては定番中の定番でもありますし
その通りの味です。



さて今日のミレコロ写真は・・・夕べの 「まだですかぁ」の図です。
みれいののっているテーブルの先には、大好きなお魚があり
「ママさんそれ、みれいに頂戴な」攻撃のあとに
「ほらあ。おりこうさんに待てしてるでしょう?」と、
半分は 「まだですか~ 」のまざった表情で
「ちっともおりこうさんではありませんことよ  だいたいそこはテーブルですからね  」 
という私の声などどこ吹く風。

mirei.jpg




テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_30



20090823 


ころです。
みなさんお久しぶりです。
なかなか僕の日記が登場しない今日この頃です。
でもこんなに美男子に撮れた写真 って自分で言っちゃうか タハッ
で、せっかく撮れたのでママさんにお願いしてやっと登場しました 

せっかくなので、ママさんのどじ話をひとつ紹介しちゃいますよーーーーーー。


ボルト、世界陸上でにぎわった あのボルトの走り。
ボルトといえば 今まさに ジャマイカのボルトなのに
ママさんは何を思ったのか 新聞のタイトルを見て
世界記録更新の意味がわからなかったらしい。
なんでも、こないだ見たディズニーの映画のボルトと間違えたらしく
「なんであんな映画が記録更新?え、なんで?」
と思ったらしい。
普段からけっこうドジなママさんなんだ。


それにしても この写真 なかなかくつろぎの表情でいいでしょう?
なんたって 大好きなママさんのひざの上でごろにゃんしているところなんだ。


ママさんは毎日ブラッシングしてくれて
お腹と背中なでなで攻撃で喜ばせてくれる。
とどめはこうしてひざ上ごろにゃん。
僕はしあわせだ~



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_24



ロイヤルハート


ミレコロ1周年記念日

我が家に みれい と ころ を迎えて 1周年が経過しました
このミレコロ日記も 何とか続けてこられました
旅の報告日記だったり
食いしん坊日記だったり
仕事の話だったりしますが
これからもミレコロの成長を見守りつつ
日常の出来事を書いていこうと思います。


さて
ミレコロ1周年のお祝いは 銀座プランタンのロイヤルハートです

これは約10日間の賞味期限のチョコレートのケーキです。
銀座プランタンの本館B2F にある 「アールハート」 で入手できますが
ここにしかない1品です。
昨年のプランタンでのスイーツ部門で堂々の1位入賞だったそうです

要冷蔵10℃以下で保存という注意書きがあるように
室内に放置しておくと溶けてしまいます。
まさに生チョコをいただいているような・・・

このお店の商品はすべてがハートの形をしていてとってもかわいらしいです。
何かの記念日にはつい求めたくなる品々です。
このロイヤルハートは1つ380円と少々値段が張りますが
誰かにプレゼントするには上品で、見た目もラブリーでお勧めです。

我が家はミレコロに(もちろん ミレコロは食べられませんが)
ころ の名前は 心 と書いてころと読みます。
まさに 心・・・ハート


この1年間癒し続けてくれた ミレコロに ぴったりです。

200908ママのパソコンデスクを占領しているみれい


090822 ]今朝のみれい ゆっくりとくつろいでいます。でもまだ朝ごはん前です。がっついていないところがとてもいいです。





テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_22



一坪会員になりました。

赤麦

先だって、うどんと小麦粉(中力子)の配送手配をお願いした
赤麦を守る会から、うどんが届きました。
乾麺でこれだけおいしいうどんにめぐり合えるとは・・・・
感激した私は、実は値段が少々高いのですが追加購入をしたのでした。

このブログにも
お気に入りに登録しました。


先週放映されたテレビ番組でも
美瑛の丘、赤麦のことが紹介されていました。
ちょっと残念だったのは、放映時間が早まり、オンエアで見られなかったことでした。
録画では対応が自動でされたため、後日の視聴となりました。
照英さんが美瑛の丘を紹介する番組でした。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_20



ドラゴンフルーツ1

宅急便が届いて(宅急便:ヤマト運輸ですよ)
美瑛からのうどんだけかと思っていたら
なんと・・・数年前まで秘書仲間で散々やりとりをした奄美の友人からの ドラゴンフルーツ でした 

人生40年も後半・・・初めて食す 南国のフルーツのひとつです。

よく知っている人だったので、玄関先でダンボールを開けて
思わずおすそわけしてしまいました 
おいしいもの、うれしいこと、私はこれを独り占めするよりも
分かち合いたいタイプで 気づくと自分の分がなくなっているなんてことは
よくある話です。


まずはメールで御礼を 送信→→→すぐに友達から携帯コール 


とにもかくにも、こんな目の前で、こんなに色鮮やかなドラゴンフルーツを見たのは
初めてなもので、興奮するやら質問攻めやらで
テンションあがりまくりのひと時でした。

とりあえず、納得するためには 「ひとつ包丁で割ってみてごらん」
という友達のアドバイスに従い
おそるおそる入刀~
切ってびっくり玉手箱・・・あららら、想像をはるかに超える姿が登場しましたよぉ・・・


ドラゴンフルーツ4

うーん、コンクリートのようだわぁ。

粒粒の種は ゴマみたいだわ。

硬いのかなあ?
やわらかいのかなあ?
スプーンですくってみたらあら不思議。


ドラゴンフルーツ


あっという間に完食  あぁ、初めての味わい 幸せ~・・・



美瑛のうどんの話はまた後日にいたします。
今日は このドラゴンフルーツに やられました。

ミレコロはまったく興味なーしで さっさと就寝の床についているようです。



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_18



今日は 地元 茅ヶ崎のお店での食いしん坊日記を書きます。
その前に我が家の2にゃんの様子から。

お風呂の音 縮小
相変わらずぶれておりますが(動物は、特に猫はよく動くので難しいですね、と言い訳してみます)
日中のお風呂の準備で 必ず覗く2にゃんの姿です。
毎日 毎日 必ず見に来るのですが そんなに何が面白いのでしょうか・・・^^;

090815.jpg

そうかと思うと この通りごろんと昼寝三昧に。
猫は実によく寝ます。
脳が溶けちゃうんじゃないのか?と思うほどです。

さてさて、本日の食いしん坊日記は・・・
誕生日だったパパさんのお祝いに出かけた
茅ヶ崎は湘南ビール園 モキチ・トラットリアです。

◆モキチ・トラットリア
大正時代の土蔵を再利用した 天井の高い建物です。
自家製ソーセージ、パスタ、石釜で焼いたピッツァなどが
湘南ビールとともに気軽に楽しめるイタリアンレストランです。

◆湘南ビール
「湘南ビール」はドイツの伝統的な製法を継承しているそうです。
原材料は厳選した麦芽、ホップ、丹沢山系の伏流水のみを使用。
無ろ過・非加熱処理でビール酵母が生きているのだとか。
常温では発酵が進み、品質が保持でき無いため、
要冷蔵商品となっていて、発送などもクール便での扱いになっています。
品質保持期限は、製造日より冷蔵保存で60日。

◆ビールの種類
 ≪定番ギフト―湘南ビール定番3種≫
 
 ☆湘南ビター
  爽やかで快いホップの苦みと長期熟成によるバランスのとれた味わいが特徴。

 ☆湘南リーベ
 ローストモルトの香ばしいほろ苦さとモルト本来のほんのり甘さのハーモニー。
 湘南リーベは2008年度の「ワールドビアカップ」にて 金賞を受賞したそうで、
 地元紙の新聞などにも掲載されました。

湘南ビール園 モキチ 1
 遠目ですが、壁にここ数年にわたる受賞の盾が飾ってあります。

 ☆湘南ルビー
 フルーティーでとても繊細な味わいが食中酒に最適。

 ≪季節限定ビール≫
 ☆湘南ヴァイス
 ☆クリスマススタウト クリスマスラベル
 ☆チョコレートポーター バレンタインラベル
 ☆インディアペールエール
 ☆ヴァイツェンボック
 ☆インペリアルスタウト ビンテージラベル
    
湘南ビール園 モキチ4
蔵を改築してレストランにしてあるので、天井も高く、面白いものが回っています。

湘南ビール園 モキチ2
アボカドスープなどは、想像も出来そうなものでしたが、冷たくてコクのあるおいしさでした。
私はときおり、アボカドのソースを作り、クラッカーなどにつけて食べるほど
アボカドが大好きです。

モキチ ディスプレイ
料理は、あまり待たずに運ばれてきて気持ちよいのですが
店内を見渡すとさまざまな古い家財などがディスプレイされていて
飽きないです。



いくつかのお料理のあとには
バースデイプレゼントがこの通り

この日は運よく、お店の若者がトランペットでお決まりのハッピ-スデイの演奏をしてくれました。
ほかにもう1組の誕生日があったようで、2度聞けました。

湘南ビール園 モキチ3



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_16



掃除機嫌いシリーズ

「あのねぇ 
掃除機が好きな猫なんていう話は
聞いたことがないんだぜぃ」 by ころ

「いくら終わったって言われても
絶対にここから出ないからっ」 by ころ

「だから放っておいてくれよ」 by ころ

掃除機嫌いシリーズ2

「ん? なんか動いたよねいま」 by ころ


掃除機嫌いシリーズ3


「ほらっ!! そこ!! そこそこ!!!」 by ころ


掃除機嫌いシリーズ4

「なんだい ママさんか その手には乗らないぜ」 by ころ


掃除機をかけるときは大変なミレコロ家であります。
大きななりをして ころたんは掃除機を持ち運ぶだけで
地の果てまで逃げる勢いで血相を変えて飛んで逃げるのです。

いくら探しても見つからないと どこかに潜り込んで出てこられなくなる危険性があるので
こちらも必死で探します。
するといました。 
獣医さんに行くときのケースの中に隠れていました。

獣医さんに行く時のために 普段から椅子の下で、
扉が何かの拍子にしまらないように常に開けてあります。

すると遊ぶときもここに入って 何やらじゃれたりしますが
隠れる事もあるんですね。
猫って本当によく潜りこみます。
今までの潜り込みで面白かった場所ベスト3を挙げてみます。

その1:電気炊飯器の裏
その2:ベランダに出る和室のガラス戸と障子の隙間
その3:お風呂場の椅子の陰


コロは 掃除機をかけると2時間や3時間は隠れて出てきません。
その点メス猫は強いですね。
みれいは掃除機は怖いものの、好奇心が勝っていて潜り込んでまで
隠れたり逃げたりはしません。



さてさて
本日は お取り寄せ をしたお話です。

先月お店でいただいた フラノデリス の トマトジュレ や チーズケーキ などを
注文しました。
プリン も飲めてしまうほどのとろりん加減には驚きます。

ふらの牛乳プリン 6個セット
ふらの牛乳プリン 6個セット


プリンはお勧めです。ぜひ一度はお試しあれ 
きっと 幸せなひと時を過ごせます。



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_14



富良野で出会った美味しいものはまだあります。

富良野チーズ工場1縮小

「富良野チーズ工房」では 
おいしい牛乳とチーズケーキなどをいただきました。
お土産にはバター(ふらのバター)とチーズ(メゾン・ドゥ・ピエール)を買いました。
メゾン・ドゥ・ピエールというのは、フランス語で「石の館」を意味します。
工房のイメージから名づけられたようです。

富良野チーズ工房にあるチーズには
この土地ならではの味わいがあるようです。
たとえば、たまねぎの産地としても有名であるところから
ローストした たまねぎ をゴーダチーズに練りこんだナチュラルチーズがあったり
富良野で産出される「富良野ワイン」の赤の色と香りが
見た目にも珍しい ワインカラーの大理石模様のナチュラルチーズがあったり
変わったものといえば、セピア と呼ばれるカマンベールタイプの
イカスミ入りの白カビチーズです。
外観は真っ白で、まるで真冬の富良野を象徴するかのような 雪 をイメージし
切り口から見える黒色は 肥沃な大地 を現しているといいます。

チーズ工房1

ガラス張りの作業室の中でチーズを作る様子が見学できます。
四角い大きな枠にはたてに線が張られたもので一通り巨大なこの容器を行き渡ると
横に張られたもので再び一周しました。

チーズ工房2

製品になったものが出てくるマシンの前です。

ここで出来る体験教室は
・バター手作り体験(当日参加可能)40分、
・アイスクリーム手作り体験(当日参加可能)40分、
・パン手作り体験(事前予約)90分、
・チーズ手作り体験(事前予約)60分となっています。
体験料も1000円以下で 体験できる内容の割りにお徳な感じがします。

チーズ工房3

◆ふらの農産公社≪チーズ工房ほか≫
 富良野市中五区
 電話:0167-23-1156
 FAX:0167-23-3600

美瑛限定 赤麦うどん

右下の丸い容器が お土産で求めたバターとチーズです。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_13



20090812 縮小

今日の2にゃんの様子です。
2にゃんのためにダイニングチェア2つを提供して
クッションで居心地の良い場所を作り
いつもみれいがここで昼寝をしますが
今日は珍しく コロもここでくつろいでいました。
目下 体のお掃除中~

そろそろ うちの子になって1年になります。
思えば夏休み中に出会った2にゃんでしたね・・・


20090812_20090812192404.jpg

みれいの寝顔はカワイイ

グレーという色が 可愛いというよりも きりりとした印象を与えるロシアンブルー。
でもママには最高にかわいい猫の女の子
思わずちゅうをしてしまいます。

20090812.jpg

はいはい。ころたんも可愛いいですヨ。
まん丸の目で見つめられて お腹を出してごろんごろんしながら甘えてくると
ママはでれでれです。

2にゃんとも よくここまで可愛く成長してくれました。
長生きしてね

みれい3キロ
ころ 5キロ後半
個体差はあるけど2にゃんとも元気いっぱいです。



さて 本日は富良野で見た風景の中から またいくつかご紹介します。
はじめは 北の国から のロケで有名になった 麓郷の森周辺の丘で見た
そば畑から。

そばばたけ縮小

そば大好き!な私は 観光地では必ず一度はそばを食べます。
今回の富良野の旅では 小野田そばをいただきました。(少し前に掲載)


丘の花畑縮小

どこにいっても このように花畑は存在します。
それにやっと晴れてくれた旅の最終日でもありました。


ノロッコ号 縮小

それから 乗車はしなかったのですが、2回目撃した期間限定で走っている
ノロッコ号です。

4両編成の富良野を堪能できる汽車です。
停車駅は
旭川→美瑛→美馬牛→上富良野→ラベンダー畑→中富良野→富良野
駅名を聞いただけでも景色の美しさ、のどかさがわかるような有名なところばかりですね。

「ノロッコ号日帰りランチきっぷ富良野」というものもあり、
富良野の旬食材を使ったランチ(新富良野プリンスホテル)とセットになって、
行きはノロッコ号 帰りはバス利用でなんと3700円とはお徳だと思います。
次回はぜひ乗車したいと思います。
期間は2009年の例では6月6日(土)~8月31日(月)の連日と
9月5日(土)~10月12日(月)の間のどにち祝日となっています。
まだこれからでも乗れる
ああ、富良野が私を呼んでいます



秋も素敵なんでしょうねきっと。


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_12



すばらしく広大な視野の中に
収まりきらないほど続く 果てしない麦畑・・・

麦畑

これは美馬牛の麦畑です。赤麦畑ではありません。
私は 「赤麦」 というものがあることを今までよく知りませんでした。

『今夜、テレビ朝日系列「素敵な宇宙船 地球号」という番組で、
美瑛町をテーマにしたドキュメンタリー番 組が放送されます。
この中で「赤麦を守る会」の活動も放送される予定です。』
という案内をいただきました。
HPでも掲載されていたのですが、
先日お土産にと少量の「赤麦のうどん」(乾麺)を求めて帰宅
そのおいしさにすっかり魅了された私は、そうそう北海道への訪問が
できないことから、できるかどうかわからないものの
「送っていただきたい」 とメールをしてみました。

お返事がすぐに届き、快く手配してくださるとのこと!
本当にうれしいです。


赤麦については今夜放送のテレビ番組でも紹介されると思いますが
たくさん収穫できないそうで、貴重な麦のようです。

◆赤麦を守る会
http://www.biei.org/akamugi/


美瑛駅1
美瑛駅の駅舎はこんなにおしゃれです。
外国人の親子が写りこんでいますが、この親子はずっとここにこうしていました。
日本人ならば、カメラを向けた段階でみなさん なるべく写り込まないように
さっさといなくなるものですが、違うんですね・・・しばらく待ってみたのですが・・・。

美瑛駅2
車窓からのシャッターなので、やはりどことなくぼけています。
駅前のロータリーといったところでしょうか。

美瑛町の町並み

ロータリーから出ると、ゆったり道路幅が出現です。
歩道の幅も東京では考えられないほどのゆったり加減です。
一瞬、軽井沢を思い出させるような街の雰囲気でした。


美瑛限定 赤麦うどん

左側にあるうどんが美瑛限定の赤麦うどん(乾麺)です。
茹で上がったときに少し赤みを帯びたお湯になりました。
白濁でも無色でもなく、透明な赤みを帯びたお湯に見えました。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_09



今回の富良野滞在 旅日記は、ミレコロ→食べ物編
愛犬介護奮闘記→花編で紹介していますが、本日は
花のお気に入りをピックアップして、日の出公園のラベンダーとあわせて掲載します。

日の出公園2
丘一面のラベンダー 「上富良野 日の出公園」


ファーム富田 15
「ファーム富田」で見たビールが作られる大麦


麦畑
「美馬牛の麦畑」


くるんくるんと丸まった草
草を乾燥させるために丸めた風景


ファーム富田6
「ファーム富田」で見たラベンダー畑


2009年7月富良野012
「風のガーデン」で見た英国風庭園の花々

ぜるぶの丘
車窓から「ぜるぶの丘」に咲く花


ファーム富田 3
「ファーム富田」で見た カラフルな花畑


花の大好きなママの旅は (え?花より団子じゃなかったの?というなかれ)
数え切れないほどの感動を胸に、大きな喜びと感激を心に、たくさんの思い出を残して終わりました。

なだらかな丘が続き、手入れの施されている畑となり 色をなす風景は
日本広しといえども、ここにしかない景色だろうと思います。

日本は美しい・・・この半年あまりで訪問した国内では
秋の京都で紅葉を堪能
春の沖縄で南国を堪能
夏の北海道で花々を堪能

海外旅行とはまた違った日本の美しさに触れて
幸せを感じるこの頃です。


さて、まだ写真の整理ができていないので、ここで紹介できないものがあります。
たとえば、しろくまの水中遊泳、ろくごうの森の奥にある丘に咲くそばの花・・・
そのうちに紹介したいと思います。



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_08



北海道で出会ったおいしいものたちは まだまだあるのですが
残念なことに写真がありません。
あるところで、見掛けた珍味を今日は紹介します。

昔、某企業に勤務していた頃、今ほどセキュリティがどうのなどと言われない時代でしたから
ヤクルト売りのおばちゃんや、北海道の珍味売りの(なぜかこれは)ほっぺの赤いオネエチャンがいたことを思い出します。
あの頃・・・およそ、だいたい、20数年前ですが、あの頃のオネエチャンたちのお仕事は
今はどうなってるんだろうか?とも思ったりするこのごろです。

北海道の珍味

うにいか はとっくにお腹の中で消化されあとかたもありませんが
お酒を飲む習慣がないので、あとはまだそのまま残っていたりします。

珍味だけで終わるのも 妙な感じがするので・・・ミレコロに登場してもらいますって・・・
これはミレコロの成長日記です  ママがおいしいものを食べて成長する日記ではないんですが・・・  

うーーん

きゃあ・・・化け猫・・・じゃなかったぴんぼけ猫~。


うしろすがた

「どうだ ぼくのうしろ姿も イケテルでしょ?」 by ころ


新しいベッド

「ママさん みれいたちを忘れたらただじゃおきませんわよぉ」 by みれい


う・・・ん・・・あなたたち、色が無いのよねぇ色が。
今朝のみれいは ママのベッドで見送ってくれました。
以前は玄関におそろいで 三つ指ついて いってらっしゃい♪ だったのに今ではこの有様。
出迎えだけは熱烈歓迎ラブラブ攻撃です。
なぜなら ご・は・ん~♪が欲しいからです。
現金な2猫め~っ。

明日から9連休の夏休みに突入するので、遊ぼうねぇ。
でも北海道の旅日記はまだまだ続きます。

次回は 日の出公園のお花をお届けします。
愛犬介護奮闘記では
風のガーデン
ファーム富田を記載しています。







テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_07



さーて、さて、北海道といえばなぜかジンギスカンです。
実は私の人生の中で、このジンギスカンを実際にいただいたことは
今回を入れて3回目という少なさ・・・

茅ヶ崎にも昔から1軒あり、
開高健の御用達のお店と言われています。
彼の書物の中にも登場しています。

ジンギスカン


ジンギスカンの鍋は中央が山のように盛り上がっていて
周りの溝に野菜を置いて 中央でお肉を焼く というものでした。
とてもやわらかくて おいしいお肉でした。

次は・・・お水です。
あさひかわの水 という名前に惹かれて購入しましたが・・・
説明を見て がーーーん☆★ としました。
旭川の水道水・・・と書いてあるのでした。
いまや水道水がペットボトルに入れられて売られる時代なんですね。
そういえば東京都のお水も売られてることが最近話題にもなりました。
水道水を買って飲む・・・なんともなあ・・・・・・・というのが感想です。


あさひかわの水

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_06



PCの調子がおかしく 日記が掲載できませんでした。

さて、富良野の旅で忘れてならないのが、北の国から のロケ地であったところの
有名どころです。

その中のひとつに 小野田そば があります。
実は、私はこの放送をリアルタイムで見ていたわけではありません。
少しも詳しくはないのですが、富良野に行き、ここをはずしたら
もったいないということなので 行ってまいりました。

小野田そば

お店に入ると、壁一面に名刺やら航空券の版権やら定期券やらメモやら
ところ狭しとはりつけられているお客さんのメッセージにまず驚かされます。
その上にやや古い額縁に収まっているのが 田中邦衛が一緒に写っている
この小野田そばのご主人たち家族との写真に 年代を感じます。

山菜そば

私は 山菜そばをいただきました。
そばの味がしました。
ぶっきらぼうなまでに太いそばは 素朴な味わいでした。

ろくごうの森


食事が済んだら いざ ろくごうの森へ!!!
雨上がりのぬかるみの中 散策しました。
森林浴もたっぷりとして、気分爽快・・・都会にはない自然に触れて
リフレッシュができました。

続はまた改めて書きたいと思います。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_06



我が家の姫 みれい がおとといの晩に再びてんかんの大発作を起しました。
ずっと順調だったのに、やはり投薬の微妙な減少量に、きわどいところで間に合わないのか・・・

とにかく、
部屋中を転げまわるので、片付けて
包むためのバスタオルもすぐに用意できるようにしました。

猫のためにクーラーではなく
除湿オンリーで過ごしていましたが
これでもだめかな?
ちょっと悲しくなってしまいました。

今週は投薬量を増やして、週末に獣医さんと相談します。
ころたんは相変わらずの優しさで 妹を見守ります。
心配そうにそばについていてくれます。
大人になったね・・・ころ。

あと3日の出勤で9連休の夏休みがやってくるので
じっくり観察&対応策を考えようと思います。


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_04



7月中旬 旭山動物園を訪れました。

旭山動物園 1

まずは案内板から。

見ると山の傾斜面に動物園はあります。
下のほうの駐車場と上のほうの駐車場があり
上がって下るか、下ってあがるか・・・という感じです。
観光地にはお決まりの 駐車場への呼び込み合戦はものすごく
事前に仕入れた情報によると、山の上のほうには無料駐車場があるとのこと。
呼び込みを振り切って山の上へ・・・するとありました。
無料駐車場なんて関東ではありえないですが(苦笑) 無料と有料が共存することに
ちょっとびっくりです。

クモザル

まずは クモザル と カピバラ のお出迎えです。
しょっぱなから笑顔全開です。
可愛いです

カピバラ


そして ここのメインは シロクマ。
訪れた時には 昼寝の真っ最中という感じで 
微動だにせず・・・しばし待つもだめか・・・いや、しかしせっかくはるばるここまで来たのだから
ということで待つこと10分。

旭山動物園 5


立ち上がりましたよ、シロクマくん。

旭山動物園 6


しかし
これからがまた長かったんです。
うろうろ うろうろ うろうろ・・・入ろうかなあ、やめようかなあ、入ろうかなあ、でもやめようかなあ。
延々とうろうろ右往左往が続きました。
観客のどよめきと期待が高まる中 やっと腰が上がり、水中に飛び込む瞬間でしたが、
どぼん!
その瞬間は残念なことに離れた場所からだったので見られませんでした。

泳ぐ姿は 悠然と 堂々としていました。
まるでスローモーションを見ているような動きでした。
そう・・・魚ではないのですもんね。(水槽を見ていると魚と錯覚しそうになります)


うろうろするシロクマ


次は思いがけず この動物園で咲いていた ハマナスの花です。
この花も見ることが出来て とってもハッピーです。
このあとに訪れた ファーム富田では ハマナスの花から抽出された香水をゲットしました。
バラの香りそのもので とても癒されます。

旭山動物園で咲いていたハマナス


姉妹日記の 愛犬介護奮闘記 では、風のガーデンシリーズを分けて掲載しています。
よろしかったらそちらもご覧ください。





テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_02



さてさて、これより富良野デリスのお話です。
先日は、トマトジュレを食べたお話をしましたが
なんといってもここのプリンは一度食べたら忘れられないというお話をします。

まずは富良野デリスの店構えから・・・


富良野デリス

ちょっと画像が大きいですが(汗)そのまま載せます。
お店は住宅街の角といった感じのところにあります。
道路を挟んで反対側には砂利敷きの駐車場があり、まるで観光処のように
駐車場も目いっぱいに賑わいを見せていました。

お店に入ると少し並んでいる程度で、気になるほどではありませんでした。
ここに来店されるほとんどの人が求めるのが 牛乳プリン のようでした。
もちろん、私もいただきました。

ふらの牛乳プリン
牛乳プリン  
またまたぼけてますが~

味は甘く、舌触りはなめらかで、
とろける感じの飲めそうなまでなめらかでした。

またいつか食べてみたいです。
私の好きな 葉山のマーロウ とは違ったおいしさでした。


そしてもうひとつここの名物らしきものは、ドゥーブルフロマージュです。
今回は求めませんでしたが、取り寄せもできるみたいなのでそのうちにと思っています。

富良野デリスドゥーブルフロマージュ

旅行バッグの中でよれよれになったパンフレットから写したので
降り皺がありますが雰囲気はわかると思います。

小樽のルタオ 大分前にこのミレコロ日記にも書きましたが
北海道ではこのチーズケーキが流行なんでしょうか。
もっとも、ルタオは最近CMでもよく見かけるようになりました。
全国のデパートを回って、ファンを増やして大盛況なのかと思います。

北海道にはおいしいものがたくさん・・・



ダイエット計画はどこへやら・・・

「ママさん甘いあまいアマイでしゅよぉ~ 美鈴たちお留守番だった罰ですわぁ。
おデブの刑にゃ。果報は寝て待て」 byみれい

「なんのこっちゃー」 byママ

「またのけものかい」 byころ

「影も形もないんだけど」 byパパ

あたらし物好きみれい090801


ふらの牛乳プリン 6個セット
ふらの牛乳プリン 6個セット



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_08_02



丘の味噌 たもぎ茸

美瑛のお味噌とたもぎ茸で
おいしいお味噌汁をいただきました。
美瑛は美しい丘がたくさん・・・また行きたいです。

たもぎ茸は日頃買い物をするスーパーでは見たことがなく
珍しいので購入しました。

美瑛のお味噌は米味噌で無添加。
自家製のお味噌を作り始めてから15年
このところ在庫を切らしているため とても楽しみでした。

麦畑

美馬牛の麦畑・・・これが麦・・・初めて広がる麦畑を前にしばし絶句・・・

麦畑 2


日の出公園

日の出公園のラベンダーには間に合いました。
ちょうどお祭りをやっていて、試食のハムなどももぐもぐしました。

ラベンダー畑はずっと見たいと思っていました。
念願が叶って、富良野の旅が実現

おいおい、写真の掲載をしていきたいと思います。



 2009_08_01




07  « 2009_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.