20101024_convert_20101024215857.jpg

近頃の2にゃんは、寒さを感じるような今時分になると
こうして寄り添う場面を多く見かけるようになります。
週末になると、1週間の歪が生じるためなのか
リフォーム業者の出入りがまだ続くので
そのストレスもあってなのか、みれいのてんかん発作が出現します。
みれいはとにかく神経質な女の子(でもとても好奇心は旺盛)なので
静かに、穏やかに暮らせることが第一条件です。
早くリフォームも終わりにしたいところでもあります。

今日は練馬までお墓参りに行きました。
命日を少し過ぎてしまいましたが
あれから2年が経ったなんて・・・速すぎます。
ミレコロが生後4ヶ月で我が家の家族になって
間もなくの10月でしたっけ。

しかし ころたん、レディの上に腕をでんと載せるんじゃなくって
腕枕ぐらいしてあげましょうよ(笑)
ほどなくみれいが逃げ出したのは言うまでもありません。
重たいよね(笑)




スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_10_24



8月から始まったリフォーム工事。
留守番のミレコロは、それは戦々恐々としているかと思いきや・・・
マイペースなみれいにインタビューしてみました。

みれい姫、お家の中はいかがですか?

「家の中がお山になったり
崖になったりとーーーっても楽しかったのぉ。
それに、毎日いろんな人が出だり入ったりして
時々凄い音がしたりして
退屈はしなかったんだけどねえ・・・
時々そんないろんな音の中で、発作を誘発しちゃって
ママさんに心配かけてしまいました。」

みれいは、好奇心旺盛な女の子ですから
玄関ドアの向こうには何があるのか?
毎朝毎晩この扉から出たり入ったりするママやパパを見送る毎日に
いつか脱走してやろうと企てていたかも知れません。

ある土曜日の朝、いつものように工事の人が来宅されるなり
「今猫ちゃんが向こうに歩いていったけど」
え・・・・
みれーーーーーーーーーーーーいっ
瞬時に寒くなれた出来事です。
見るとみれいの足が一番端のお宅の敷地内に見えてるではないですか@@;

みれい・・・堕ちたら死ぬぞ・・・みれい・・・逃げないで帰ってらっしゃい@@;
幸い、そのお宅は仲良くしているお宅。
そっと静かにピンポン♪を鳴らし事情を話して、南のバルコニー側から攻めることに。

追えば逃げるのが猫ですからそこは慎重にゆっくりと、でも確実に構えて
捕獲成功!!!!!
なあんていうこともありました。


次にころたんにインタビューしてみました。
ころたん、お家の中はいかがですか?

「なんたってさ、僕は怖くてしょうがないのさ。
知らない人がどかどかって入ってくるし
けたたましい音をたてて何かやってるし
ゆっくりと寝てもいられなかったぜ」

ころたんはこのリフォームをきっかけに
押入れの布団の中にもぐって、隠れているつもり、、、の日常となりました。
メスのみれいに比べてなんとも情けないのですが
これくらい気が小さい方がよろしいです


20101017.jpg

今朝のころたんは出窓に無理やり乗って
「ご飯まだですか~」視線を送っていました。


DVC00907_convert_20101017151511.jpg


DVC00908_convert_20101017151429.jpg

今は押入れの中でお昼寝中です。
みれいはお姫様なのでお布団の上に、ころは小心者なのでお布団にもぐりこんで。
このお布団は、普段は使用していないのですが、
リフォームの最中に一時ベッドをたたんだ時に敷きました。
打ち直しをしたのが6月くらいのことなので、
まるでミレコロのためにふかふかに仕立て直したお布団になってしまいました(笑)





テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_10_17



旅行日記が終わらないうちに10月も半ばにさしかかろうとしています。
この辺で、
旅行日記も最終日として仕上げないと次の長野の日記が書けません。

奈良の旅の計画を立ててから半年が経過し
やっと実現したものの、奈良メインのはずが
京都メインの旅行になったことはこれまでの日記でも
明らかだと思います。
初心者に等しい人が一緒だとこうなります、
という京都散策(まさに歩き通し!)の3日目となりました。
京都は無理をすれば行って来られるという距離感が、
また欲張らせてしまうのですが(苦笑)

朝一番で、清水寺へタクシーで直行し、ゆっくり散策しながら
三年坂ではなく二年坂をくだり、懐かしいしょうがあめも飲みました。
お香の甘い香りに誘われてふらふらと店内に。
これなら家でたいても良いかも・・・(香りにはちょっとうるさい私ゆえ)
たかれていた香りと同じものを購入し
息子へのみやげ物にも可愛いグリーン系の縮緬で縫い合わされた
大きなボール状のものに品よく詰め込まれた匂いを入れて
玄関などにそっとあるといいかも知れません。

DVC00027_convert_20101011100515.jpg
二年坂で見つけたお香のお土産からは、いつまでも楚々とした香りがして
旅の匂いの記憶にもなりました。

さて、清水、二年坂、と歩くとなると続いて霊山観音を横目にねねの寺高台寺、
そうして石塀横丁を下って八坂さんをかすめて、祇園の街中を散策となります。
ここまでくると日差しはかなり高く、疲労も増し、どこかでお昼を・・・
ここまで歩いたらもう今更バスでもタクシーでもなく歩くしかないとうことで、
八起庵の入っている高島屋に無言で歩く二人です。
暑い・・・

DVC00082_convert_20101011101254.jpg

蜈ォ襍キ蠎オ縺ョ隕ェ蟄舌←繧薙・繧垣convert_20101011101401

蜈ォ襍キ蠎オ縺ョ縺九b縺・←繧点convert_20101011101426

本店は、もう少し北にあるのですが、並ぶというのでこちらで。
地鶏が美味しいというこのお店の人気ナンバー1と2をいただきました。
親子丼と塩味に山椒がぴりりと効いたかもうどん。
なかなか忘れられないお味でした。
卵賭けご飯が供されるのはびっくりでしたが、これも美味しいと有名なのだそうな。

午後をどうするか未定だったので、
食後はお店を変えて餡蜜などをつつきながら
どこ行く?なにする?何が見たい?とああでもないこうでもないと
自称ツアコンの私は思案を重ねることとなりました。
出たとこ勝負の旅行ってちょっと苦手なんだけどねえ・・・

ということで、午後の部がこれまた盛りだくさんです。
また改めて書くことにします。



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_10_11



みれいのてんかん発作が、夕べと今朝にどかんとやってきました。
どうもお天気が崩れるときに多いようです。
てんかんの発作の状態は、かなりいろいろなタイプがあることを
皆さんのブログなどから分かったのですが
みれいの場合は駆け回る、飛び上がる、というかなり派手なものです。

夕べも今朝も大きめのバスタオルで
いつものようにくるんで、頭や目や体をいたるところにぶつけることから
防ぐべく抱きしめてやり過ごすのですが
今回は爪も伸びていて、手や顎に傷を作ってしまいました。
みれいが悪いんじゃないからね・・・
痛かったし流血しましたが、みれいの苦しみはこんなものじゃありません。

安定した天候が続くことが・・・まさに運を天に任せるみたいな
祈ることしか出来ないけれど
みれいの安らかな毎日がくることを祈らない日はありません。

100828尾長みれい
発作の後はいつもこんな風に、押入れの座布団の上でどろ~んと休みます。


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_10_09



2日目の奈良の旅は
唐招提寺を最後に、奈良のバスツアーを終えました。

ここまで来て、東大寺も春日大社も・・・公園すら歩かないのか?
という自問自答をしつつ、一日中かなり歩いたので疲れていて
京都に戻ることになりました。
京都に戻ってすぐさま嵐山に直行です。
目的はこれ・・・

DVC00104.jpg

4箇所くらいでイベント開催中とのことで
これはぜひとも見なくては・・・
タクシーを走らせて参りました。

法輪寺というところには初めて出向きましたが
お堂の壁にライトアップされた万華鏡の煌き・・・
こんなイベントもあるんですね。

DVC00045.jpg
よく見ると背景が建物であることがわかります。
またこのお寺には月見台がしたてられていて、月見にはお決まりの
月見団子とすすきが生けてありました。

渡月橋の夜はとても静かでした。
昼間の賑やかさ、人出などいずこへというくらいの寂しささえ伴う静けさです。

さて、空腹だったために次にとった行動は夕飯です。
さて、とは思うものの、本当に思いつきで嵐山まで訪れてしまったので
何も予約もしておらず。
困ったなあ・・・とおそるおそるくぐったお店で京会席を思わず頂くことに。
靴を脱いでお座敷に上がりふと見ると芸能人の色紙がずらりと。
水戸黄門さまご一行なんていうのもありました。

DVC00050.jpg

前日に続いてまたまた熱燗でぐいっと。

帰りは京都駅までのバスに乗って市内を走りました。

部屋に戻ると目の前の京都タワーがライトアップされて
これも綺麗でした。

DVC00036_20101006224926.jpg
お月見よりも感動ものだったりして・・・(苦笑)


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_10_06



奈良の旅、バスツアー最後の訪問は唐招提寺です。
天平の甍・・・井上靖の小説のタイトルを思い浮かべる人も多いと思います。
甍・・・

DVC00026.jpg
DVC00011.jpg


お寺の説明は今更いらないと思うのではしょります。

椅子が並んでいるのは、なんとまあ、この翌日にここで開かれるという
AKB48のコンサート準備のためだとか。
なんだか興ざめする場面でもありました。
こういう場所を選んでコンサートを行うのは誰のアイデアなんでしょうか。
少し違和感を覚えてしまいました。

DVC00035.jpg
蓮の花がたくさん浮かぶ池は、満開時はさぞかし綺麗なことでしょう。
ここは想像を巡らせての鑑賞です。





テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_10_04



DVC00129.jpg
この週末は長野の旅に出ていました。
奈良・京都の旅行日記がまだ未完成なので
おいおい書き足していこうと思います。

ミレコロは無事でした。
2週続けての不在だったので、少し心配していましたが
みれいも発作もなかったようで一安心です。

DVC00022_20101003211836.jpg

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_10_03



奈良の旅は続きます。

法隆寺をあとにした私たちバスツアー客は
次に薬師寺へと向かいました。
途中で慈光院に立ち寄り、お抹茶を頂く場面もありましたが
借景のはずのお庭から見えるのは、近年立ち並んでしまったという
ショッピングセンターだったり・・・
お茶を頂くときは、こんな団体客の中ではなく
ゆっくりと時間のある時がいいと思います。
ツアーなので仕方がありませんので、ここはさっさと終わらせて
さっさとバスに戻り、次の目的地、薬師寺へと思いをめぐらせました。

薬師寺は、今秋から東塔が菰を被り修復に入るそうです。
平成で言えば30年まで見ることが出来ないそうです。
間に合いました・・・ぎりぎりセーフです。

薬師寺東塔

西塔がまだ無かった時代の薬師寺しか知らない私は
いろんな場面で色鮮やかな塔の様子を散々見せ付けられていたので
いつか絶対に見るんだこの目で・・・とその思いも相当強く
東塔がいよいよ菰を被るらしいから見るならその前に!!!
春が夏、夏が秋になりかけてようやくの実現でした。
でも、実はとても残念なことがありました。

今年83歳になる父と一緒に訪問するはずの奈良の旅だったのですが
母の容態があまり良くなく、夏に入院などもあったため
やむなく父はキャンセルをしたのでした。
父とは、大学2年生の秋に2人でこちら方面の旅行をしたのですが
古都への旅はそれ以来のことになるので、それは楽しみにしていました。
今回は、一緒に行けなかった父への思いも胸の中に抱きながらの旅でした。
そういえば、奈良の旅は去年の春の金婚式で父と母は訪問しています。
年をとると、1年1年の重みがこんなにもあるということを感じながらの旅でもありました。

薬師寺

天候にも恵まれて、午後の日差しを受けながら輝く東西の塔は
とても眩しいものでした。
懐かしさと、新しさと、今後の期待と、いろんな思いが入り交ざる瞬間でもあります。


さて、薬師寺といえば見過ごせない壁画があります。
今回の旅の目的の一つでもありました。
平山郁夫の30年かけて描かれたという高さ2.2メートル、
長さ49メートルの大壁画です。
平成3年に建立された大唐西域壁画殿の天井は、
75センチ角の天井板が248枚並んでいるそうで、
これらもすべて平山郁夫による画と彩色が施されたそうです。
写真撮影はできないので紹介はできませんが、
小冊子をお土産に購入しました。

長安、高昌故城の遺跡、天山、ヒマラヤ
仏跡ナーランダーなどを辿り天竺に至る玄奘三蔵求法の旅
7場面からなるもので、合計13枚の壁画はガラスごしで見ることが出来ました。



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_10_01




09  « 2010_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.