春めいて参りました。
ビオトープはますます元気に、と言いたいところですが、
先月発覚した金魚の白点病のため、大変な入れ替えを行いました。

薬浴させるために一時別水槽で治療をさせ、日々濁る水の管理と調節
栄養管理と、金魚を救え!というミッションをこなしました。
IMG_3127_convert_20120324162206.jpg

めだかも念のため塩水に浸ってもらい
人工池のほうも水を全てかき出して洗い、
一から水を作り直しての復活です。

残念なことに、3匹いた金魚のうち1匹は天国に召されてしまいました。
残る2匹は無事に復活し、今日午前中に水温慣らしをしてから戻してやりました。
しばらくまた元気に泳いでくれるといいなあと、祈る気持ちでの放出です。

人工池の周りでは、今日もこんな花たちが咲き乱れていて
待ちわびた春を感じさせてくれています。

E58699E79C9F-2.jpg


E58699E79C9F-1_20120324163510.jpg

スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_24



二度目の滞在先となった京都駅上にあるグランヴィア。
このホテルはゆったりとした室内で、旅をとても優雅に彩ってくれます。
京都駅にさえ到着すれば、あとは雨にも濡れずにらくらくチェックインです。
今回は初日に奈良まで足を伸ばす予定なので
まずは荷物だけ預けるチェックインかと思います。
京都市内が一望できるような部屋だといいなあと思います。
前回は京都タワーが正面に見える部屋でした。

そういえば、京都タワーって上ったことがありません。
家族でだーれも。
今ではマスコットのたわわちゃんというのが有名らしいのですが
一度くらい上がってみましょうかねえ。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_20



ずいぶんと以前からの計画です。
実は母がまだ元気だった頃にこの話はされていました。
まだ中学生だったか高校生になった頃の話ですが
息子が大学生になるまで待ってから実現しようと言う事になっていたので
タイミング次第でした。
母が段々と弱っていき、入退院を繰り返すようになってしまって
とうとうそれは実現出来ないまま母は天に召されてしまいました。
そしてようやく皆の調整をつけて、京都への筍ツアーは実現することになりました。
このツアーは指揮官(口頭);父、実行者;私、手配関係;私、費用;父

あとひと月余りですが、それまでにまだ何があるか分かりません。
どうか、この家族旅行が実現できますように。
父も足腰がだいぶ萎えて来てしまっているので
旅行は最後だろうと言っていますから
何が何でも一緒に行きたいと思います。

「元気なら海外も一緒に付合いたいんだけどなあ・・・」と
今日は残念そうに我が家で夕飯を囲んだあとの車の中でつぶやいていました。

元気でなくても車いすでも行けるから!と思うものの
長時間の飛行機は老人にはかなり堪えますし
新幹線で京都、せいぜい奈良(今回は東大寺ミュージアムにも)くらいがやっとです。
でも、行ける時に行けるところへどんどん行きたいと思います。
まずは筍料理に舌鼓を打たないとネ



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_20



先週末、久しぶりに以前の職場での友人とランチをいただきながら色んなお話をしました。
場所に選んだのは茅ヶ崎でも有名なフレンチレストラン「シェ・ヒャクタケ」です。

IMG_3130_convert_20120320105007.jpg

IMG_3131_convert_20120320105034.jpg

2人で選んだ前菜はお互いに違うものでした。
色合いも素材も全く異なるので、いただく前にしばし眺めあってしまいました。

IMG_3133_convert_20120320105101.jpg

スープは牛蒡です。
牛蒡の香りが豊に香ります。
味もしっかりとあの牛蒡でした。
牛蒡のスープは人生で初めてだったかも知れません。
桃のスープをかなり昔にいただいて以来の新しい味に感動しました。
スープは子供が小さいころは毎日のように作っていましたが
どれもオーソドックスなコーン、ポテト、かぼちゃ、人参、ほうれん草などでした。
大学時代に調理実習があったので、和洋中華の基本は習いましたから
もちろんこれらのポタージュスープもそこそこ本格的に作ったのではありますが
スープほど手間ひまかかって視覚的にも訴えてくる重みの一品は無いと思っています。

IMG_3135_convert_20120320105708.jpg

私は魚を


IMG_3134_convert_20120320105635.jpg

友人は肉を

IMG_3136_convert_20120320105741.jpg

デザートに珈琲までついてお得な値段のおすすめランチコースを
3時間かかってゆっくりと談笑しながらいただきました。
健康的で楽しい時間でした♡

話題はお互いの夫話は、仕事の状況や会社のこと。
子供の成長の話、今の世の中のこと、親の介護問題、旅行のこと、怪我のこと、
特に最近は生活音痴な主婦が増えていると実感する話題などなど。
これじゃあモンスターにもなるわけね、と。
常識が通じない、考えられない人がどうしてこうも多いのかという嘆きだったりしましたが
とても前向きな生き方をする友人が多いので、いわゆる夫の愚痴などというものは皆無です。
むしろ
どれだけ家族のために頑張ってくれているか、ということのほうが多くほっとします。



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_20



日記を書かない間に、3月もおわってしまいそうな勢いの年度末を迎えました。
なかなか忙しくて、日記もろくに書けないでいます。
書けなかった理由がいくつか有りますが、梅も3月初めでまだ3分咲きということも
載せる写真が満開の梅!では無いことが一番大きいのですが
4月になれば桜ですから・・・あわててここに残しておこうと思います。

P3031071_convert_20120317191702.jpg

まずは何度撮っても白くなってしまう失敗写真から。
赤い(ピンク)色の梅は存在感がありますね。
昔、実家の庭にも赤い梅が咲いていました。
春になると優しい色合いで咲いてくれていましたが、こんなに大きな木では無いので
さすがは梅園だと見上げてのシャッターでした。

IMG_3091_convert_20120317191755.jpg

P3031078_convert_20120317191841.jpg

緑色の軸の白梅はとっても綺麗でした。


さて、我が家の旅行予定はこのあと筍の季節に実家と我が家での京都旅行です。
桜の季節は毎年忙しくてとても仕事を持つ身では行かれません。
桜は咲く時期を読むのが難しいというのもあります。
そしてまた咲いている期間が極端に短いということもあって、
老後の楽しみに残しておくことにします。
母も晩年に見にいった吉野の桜が大変見事で、それ以来「あれにかなうものは無い」と
ほかの桜を見ても感動しなくなるくらいだったようですから
私もいつかはその感動をこの目で確かめたいと思います。

毎年秋の京都を楽しみましたが、新緑の京都もまた新鮮で良いかも知れません。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_17



熱海日記の番外編です。
書こうかどうしようかちょっと迷いつつ
ええいっこれも思い出です! 

なにを隠そう、一緒に熱海に出掛けた親友M子さん。
温泉にハイテンションな2人であったのですが
タイトルのごとく、ホテルの温泉大浴場にお試しなどもあって
大きなボトルで様々な商品が並んでいる中から
柿しぶ石鹸をわざわざ選んで『洗顔』しちゃった~と。

その時、私と彼女の間には一人他人が座っていて
てっきり持参した化粧品類でちゃんと洗顔しているものと思っていました。

日頃からシミが消えない~(涙)という私は、2年前から美白系の化粧品で
どんなに忙しい夜もしっかりと対策を講じて、なんとか消えないまでも現状維持を保っています。
シミを消すにはまず肌の調子を整えること!保湿なくしては効果なし!
散々美容部員に叩き込まれた美白系の継続は力なり!を実践している私は
温泉でも洗面所できちんと落とすために、湯上がりにケアをしました。

いつものように所変われどミルクタイプのクレンジングで拭き取った後は
「泡」「泡」「泡」です♡♡♡
泡で洗うのって幸せな時間なんですよね。
面倒ではあるのですが、これが現状維持に繋がるとなればやめられません

翌朝になって、柿しぶ石鹸で洗ってしまったことを聞いた私は、
肌がぱりぱりなんじゃないかと心配になったものの
よりによって親父臭を消す!などと言われている(我が家の旦那も愛用者)あの石鹸で洗ってしまうなど
OH! No!
自殺行為です

ああ、神様、美しい彼女の肌をどうかお守りください♡
祈る想いとは裏腹に、大爆笑してしまった私でした。
ゴメンナサイ

IMG_3106_convert_20120306215036.jpg

橋田壽賀子さんが氏子だというこの来宮神社の樹齢2000年の大楠を回って
寿命が1年伸びたからきっと細胞も1年分若返ったと思い込みましょう



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_06



3月3日 おひなさまの日は、ホテルの朝食を2食分はいただいたでしょうか
普段はこんなに沢山なんて、とてもじゃないけれど入らない!というほど
まず1巡目は和食、2巡目は洋食のそれぞれ王道的朝食スタイルで(笑)
チェックアウトが11時であることをいいことに
私たち2人はもぐもぐの合間にも沢山おしゃべりをしながら
気づけば最後のテーブル客となっていました(爆)

骨休め女子会はこうして食べる事をメインに、のんびりをモットーに
普段の分単位の忙しさの中から解放されながらもある程度はある時間の配分で
いざ、観光へ。

まずはニューアカオリゾート(ロイヤルウイング)に宿泊しながら
ハーブガーデンに行かないのはちょっとね。。。それでも季節的に何も咲いてないか
咲いていてもまばらなのは覚悟で向かいました。

予想に反してけっこう楽しめたのは言うまでもありません。
まずは春と言えば黄色をイメージする、そしてピンクと、
まさにそんな景色が飛び込んできました。

P3031051_convert_20120304114545.jpg

P3031041_convert_20120304224601.jpg

P3031040_convert_20120304224649.jpg

なんとも優しい色合いの熱海桜の桃色に菜の花の絨毯が
前日に降った雨の雫をたっぷりと含んで、瑞々しい輝きとなって待っていてくれました。
そして、ばらこそ咲いてはいませんが、その準備は着々と進んでいることもわかるような枝振りでした。
ばらを見にまた行きたいと思います。

P3031054_convert_20120304225100.jpg

今はこの中に、あふれんばかりの薔薇を想像して楽しみます。

IMG_3066_convert_20120304225445.jpg

ふきのとうもほら、こんなに花を咲かせていました。
誰ですか!天ぷらにして食べたというのは!(笑)
確かにふきのとうの天ぷらは塩でいただくと美味しいですが(笑)
食べないで花が咲くとこんなに可愛いんですね。
そうそう、六花亭の包み紙の絵にも描かれていますね♡

ハーブガーデンで見つけた小さな花は姉妹ブログ日記にも書いてあります。
愛犬介護奮闘記はこちら♡


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_04



この美術館が出来た頃はまだ私は大学生くらいだったと思います。
以来5度目の訪問となりました。
信者という訳ではありませんが、絵画というよりも、あの窓から眺める海が見たくて
今回の骨休め女子会の予定にも組んでいました。
折しも3月2日まで公開の 国宝(尾形光琳)紅白梅図屏風の最終日です。

実は、過去にもこの屏風絵は見ていますが、毎回必ずと言う訳ではなく
5度の訪問でも今回を入れて3度目です。

今回は日本画家の森知己氏による復元作品が作成されたということで、
日曜美術館の中で作成過程が放送されて反響があるため、
その要望に応えてその復元作品を展示するというものでした。

IMG_3041_convert_20120304092520.jpg

秀吉の金の茶室の前ではイヤリングを「なくしたかも!」と慌てたり
目指して来ないので一向に見る事の出来ない能楽堂での能に想いを馳せたり
お土産コーナーに立ち寄ってはクリアファイルだけは購買意欲をかきたてたり
夫の仕事に役立つ季節感のある一筆箋を買い求めたりと
雨でも楽しい午後となりました。


テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_04



ミレコロ日記の更新もままならぬ多忙な2月を終えて
開花が1ヶ月は遅れているという熱海の梅を見に
主婦の骨休めに出掛けて参りました。
女子会いいですね~と職場の友人に送り出され
金曜日は休暇を取っての実現でした。

初日は3月2日金曜日
熱海駅までは通勤とさほど変わらぬ距離の私たち。
互いに東京生まれの東京育ちの私たちが
縁あって茅ヶ崎在住のおんな2人旅と相成りました。
東京からもそんなに遠くない熱海には、泊まりに行くような距離感でもなく
茅ヶ崎からは更に近いために「スーパービュー踊子号」にも乗車できず
普通の踊子号はまるで通勤の時のライナーですが、まあ仕方ありません。
何が可笑しいかって、大船まで行って戻ることです。

さて、あいにくの雨のスタートとなりましたが
傘をさしつつ目指すは予約をしたフレンチレストラン「春陽亭」
ここは湯河原方面に戻る感じで向かいます。
急斜面をどんどん上り、更に階段を上り詰めてお店に到着です。
IMG_3029_convert_20120304004202.jpg

老舗旅館の散策できる庭のような佇まいを抜けると眼下に広がる海を右手に

P3021030_convert_20120304004109.jpg


そして

IMG_3033_convert_20120304004224.jpg

お店が見えてきます。
室内はこじんまりとし、窓越しに晴天ならば更に歓声の上がる景色が私たちを迎えてくれました。

P3021024_convert_20120304004031.jpg

各テーブルに生けられた花はそれぞれに趣を変えていましたが
私たちのテーブルは楚々とした白い椿でした。

IMG_3035_convert_20120304004500.jpg


サラダやスープやパン、そしてワインなどを楽しんだあとのメインは
とろけるような牛のほほ肉でした。

P3021022_convert_20120304004348.jpg

P3021023_convert_20120304005943.jpg


デザートは5種類までの自己チョイスです。
グリーンのアイスクリームはピスタチオ。
珈琲も2杯目もにいただけるポットでのサービスと心配りは満点です。
晴れた夏の日に予約ができたら、テラスでも心地よく楽しめるお茶の時間も有りなレストランでした。



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_03_04




02  « 2012_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.