バルセロナ旅行日記の追加です。
旅の楽しみのひとつに、滞在先にある市場巡りがあります。
今回の旅でも、とても大きくて有名な通称「ボケリーア市場」がありましたので
マヨルカ島へ飛ぶ前に立ち寄りました。

IMG_6250_convert_20130309142620.jpg

IMG_6241_convert_20130309144616.jpg

正式名称は「サン・ジュゼップ市場」と言うそうです。

IMG_6240_convert_20130309142756.jpg

パック詰めの沢山の種類の入ったカットフルーツは2ユーロでとってもお得でした。
ビタミン補給に買い求めたのは言うまでもありません。

IMG_6247_convert_20130309143319.jpg

IMG_6249_convert_20130309142730.jpg

卵の専門店があったり

IMG_6242_convert_20130309144546.jpg

塩漬けのタラが並んでいたり

IMG_6243_convert_20130309144439.jpg

スペイン料理には欠かせない貝類が並んでいたり

IMG_6244_convert_20130309142642.jpg

地中海ならではの海の幸であふれていたり、

IMG_6245_convert_20130309142706.jpg

色鮮やかな果物が並んでいたり
肉や魚、野菜や果物以外にも、こちらの料理には欠かせない香辛料の類いから
お菓子から、食品は何でも揃っています。
とくに、パエーリャを作るのに必須のサフランは貴重な入れ物に入り
まるで宝石のごとく並んでいたりしました。
市場といえば、食べ歩いたりもできるイメージですが、
カウンター式の美味しそうなタパス料理を楽しめるところがあって、
(なんと朝から揚げ物をがっつり食べちゃうんですねえあちらの人は)
通りすがりに寄りたいような無理なような・・・実はホテルの朝食でお腹が一杯だったので、
試食すら出来ずに残念なことをしました。
市場には、お腹を空かせて行くべし(教訓;苦笑)とちょっと失敗に終わりました。


おまけの写真
IMG_6252_convert_20130309144359.jpg

スペインといえばZARAですね♡
これはバルセロナ空港内の店舗ですが、市内は至る所にお店は在りました。





スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_03_09



きゃ〜〜〜っ、美月があああああ。
今日もどこかで聞こえる悲鳴。
その声の主はわたくしです。

美月のお転婆ぶりは発紹介日記でも書きましたが
とどまるところを知らず、毎日毎日進化しています。
今は洗濯物を干すスタンドに段違い平行棒よろしくとても器用に登っては
洗濯バサミがゆらゆら揺れているのを上から動かして遊んでいます。

数日前などは、和室の鴨居に掛けてあったパパの背広によじ登っていました。
爪でスーツがぼろぼろになっちゃう〜っきゃあああああっ、なわけです。

え、わたくしのことですか?
澄まし顔の美月、5ヶ月の顔です。

IMG_5824_convert_20130308233151.jpg

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_03_08



バルセロナの日記も一段落としましたが、
もう一つ残しておこうと思うので再び少しだけ登場です。
宿泊地として数日間滞在したゴシック地区の玄関口にあるカテドラルです。

朝の清々しい空気の中、朝陽を背後にうけながら映し出される建物の影は
ちょっぴり幻想的でした。
窓にガウディの名前が見えますが、ちょっと目障りな単なる宣伝です。

IMG_5893_convert_20130303195856.jpg

IMG_5894_convert_20130303195948.jpg

そして夕刻になるとうっすらと灯りが灯りはじめ、
夜はその灯りに誘われるように、人が集まります。
日中は街中を見物したりと忙しかったので、
夜の教会内部を見学してみました。

PC292190_convert_20130303200112.jpg

IMG_6196_convert_20130303195704.jpg

1928年〜1448年にかけて建設されたカタルーニャ・ゴシック様式。主祭壇下に眠るのは
バルセロナの守護聖女サンタ・エウラリアの棺が安置されているそうです。
奇岩の連なるモンセラットの黒いマリア像はここにも祀られていて、ろうそくの(電気式)炎は一杯でした。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_03_03



美麗が虹の橋を渡っていってから、3ヶ月もの時が過ぎようとしています。

美麗はまだ一度も夢にも現れてくれません。

亡くなってもなお、どうしたかなあと思ってしまうところ、
天国というところで生き続けていると思い込んでいるわけですが
心の中にだけ生きているということも充分すぎるほど分っているつもりです。

忘れたい悲しみ、忘れたくない記憶。
一つ一つの思い出を辿るように、新しい命を我が家に迎えてからも
早くも2ヶ月余りが過ぎました。

美しい月夜の晩に迎えたので美月と名付けました。
亡くなった美麗の分まで強く生きるように、そしてまた
悲しみにうちひしがれてしまった私たちの夜のような闇に
そっと光を添えてくれて、でもその灯りは世界を照らしてくれて
暗闇の道も迷わないで進んでいくのには充分な明るさを持った
そんな我が家の光となってほしくてそう名付けました。

みつき

美月はまた本当に美しい子です。
絹のようにしなやかな被毛で覆われていて、
色も明るいグレーでこれぞロシアンブルーという美しさです。

3月の中旬で7ヶ月になりますが、
好奇心の塊のような彼女には、世界の全てが「なに?なに?」
箪笥の扉を開ければ入り込み、食器棚の扉を開けると覗き込み、
キッチンに立てば仁王立ちした挙げ句にジャンプ!で登ってくるし
トイレにつきあってくれる臭い仲(?)は良いけれど、うっかりふたをせずに
閉じ込めてしまうと飲みそうになっている便器のお水・・・が〜ん。。。
お風呂へのぽっちゃん!で、ずぶぬれ美月は既に2回もあります。

純真でまっすぐでお転婆です。

IMG_5683_convert_20130302223812.jpg
我が家の家族になってから数日後の美月。



テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_03_02




02  « 2013_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.