サントリーニ島の名物といえばドンキー。
IMG_0465_convert_20140531124830.jpg
このドンキー(ロバ)は物凄い頭数が石段に並んでいて、
乗客を乗せてひたすらに石段を昇り降りすることだけを待っているという
ちょっと過酷な労働動物です。
急勾配の石段を登っていく様子は傍目にはとても楽しそうです。
名物とあらば是非とも乗らねば・・・ということで、
宿泊先のイアからタクシーに乗って15分、
サントリーニ島の中心部フィラの街に繰り出しました。
島そのものは大きくはなく、移動も比較的簡単にできますが、
地図らしき物やガイドブックもないまま何とかなるだろうと
フィラで降りた私たちは、ケーブルカーの乗り場を
探して少しぐるぐると歩きました。

P5023890_convert_20140531131716.jpg

ドンキーに乗る方法は、昇るか降りるか、両方もあればケーブルカーで片道を選択する方法もあります。
私たちは下りをケーブルカー、昇りをドンキーにしていざ出発です。
それは正しい選択だったと思います。恐怖体験はじまりはじまり。

IMG_0434_convert_20140531125838_2014053113020857b.jpg

ケーブルカーは数台がまとまって動きます。

IMG_0438_convert_20140531125911.jpg

海岸を目指してまだまだ余裕な時。

P5023873_convert_20140531130015.jpg

振り返るフィラの街は・・・
P5023893_convert_20140531131751.jpg

さっきまでの白くておとぎの国のような街から、
ケーブルカーはあっという間に海岸まで降りていきます。
海岸はまた海岸で全てに感嘆が伴う海の美しさに触れます。
「あの遊覧船に乗りたい!」
残念なことに、船の出港時間はちょうど良いものがなく、
ランチを取りながら2時までまってみる?
といった感じで2時間半くらいの時間潰しとなりました。

船に乗るためにはチケットが必要ですが、いくつかの会社があって
何処で買うかも分らない状態にとにかく説明だけは聞かないと!と
飛び込んだところで受けた説明では「温泉に入るツアーならこの時間にありますが」というもので、
水着も持たずに(着用もせずに)来た私たちは「温泉には入りたくないのですが」と
頓珍漢な観光客炸裂!でした(笑)
「これはコースの一部なので要らないというわけにはいかないんですよ」と優しく言ってくれた女性。。。
あははは、そうでしたか。それは失礼しました。
ちなみに会話は全て英語です。

とりあえず、港から眺めるこんな景色もおかずに(?)ランチしながら
待ってみることにしました。

P5023879_convert_20140531131821.jpg

IMG_0441_convert_20140531131849.jpg

IMG_0472_convert_20140531131911.jpg

お腹もいっぱいになると、することもなくなり、「もう乗る?」「乗ろうか」
目指すはドンキー乗り場です。

IMG_0459_convert_20140531144028.jpg

IMG_0459_convert_20140531144028.jpg


お土産やさんを覗いてみるも持て余す時間。時間。時間。
同じぼーっとするなら宿泊先のイアに戻りたい!
だってこの中に埋もれるなんて人生で今しかないでしょう。(ちなみに宿泊先はこの風車の下あたり)

P5033897_convert_20140531133323.jpg

夫も「そうだね」
となれば簡単です。
それにしても炎天下も炎天下、何を好んでこんな日差しの高くて暑い時間に
ドンキーライドになるんでしょうね〜無計画な私たちです(笑)
ロバ君たちごめんよ、おじさんとおばさんはわざとじゃないよ〜本当よ〜
それから重たくでごめんよ〜・・・

ドンキーに乗る時がいよいよやって来ました。
実は命の危険を感じた乗り物で、つづら折りの石段には壁があるのですが
その壁はロバ君たちの背中くらいの高さです。
つまり乗ってしまうと完全に人間は壁の高さよりも上になります。

その壁に体当たりしたりよろけたり、駆け上がったり止まったり、
とにかくロバ君たちは大人しく淡々と登るどころか
思い思いのスタイルで上がっていきます。
身幅は自分のことしか考えていませんから、人の足なんぞは気にしてもくれず
壁にずりずり靴はマッチ某の先端のごとく、火が出るぞ〜な感じです。

下りのロバとすれ違う時などは挟まれてい痛かったし、
よろよろされると壁の向こうに放り出されてしまいそうで、その先は崖・・・
「ここで落下したら確実に死ねます」っていうくらいのそれはそれは恐ろしい恐怖体験。

そうかと思うと、追い越し禁止ですよ〜と叫びたくなるほど、
前を行くロバたちを追い越しにかかって後ろからついてくるロバ使いのおじさんに怒られたり。。。
立ち止まって動かない時があって、ぴしっと鞭が当てられた時は猛スピードで駆け上がる(実際には数段だけで終わったものの)という怖さ・・・何度も言いますが恐怖体験そのものでした。

乗り始めにもきゃーきゃーわーわーと声をたててしまったら
「マダム、お静かに」と叱られもしました(苦笑)

でも、過ぎてしまえば大切な思い出の一つです。
ロバ君たちありがとうね。君たちのことは一生忘れないよ〜。
P5023889_convert_20140531144135.jpg

IMG_0469_convert_20140531151244.jpg

IMG_0464_convert_20140531151416.jpg



さて、土産物について語ります。
港で土産物を見ていると、季節はずれのこんな履物を発見しました。
IMG_2220_convert_20140531134954.jpg

アテネのシンタグマ広場に面したギリシャの国会議事堂で
無名戦士の墓前で日夜守っている衛兵が履いていた靴に似てるじゃないですか!
ということで、心細い思いで一人で日本で待っている87歳の父のお土産にゲットしました。
実際に衛兵が履いているぽんぽんのついた履物は何キロもする重たいものだといいます。
こちらは模倣された室内履きですが、裏は皮で出来ていて履き心地満点です。
サイズ展開も豊富で、色や柄も実に沢山。選ぶのも楽しいのですが、
サイズを見てくれる店主の眼差しはかなり真剣なものでした。
私も自分用に欲しくなり1足選びました。
「履いて見なさい」と店主に言われ試してみると
「貴女にはこれは少し大きすぎるので、ちょっと待って」と一つ下のものを持ってきますが
色と柄が全く違うので「あの・・・この色が良いの・・・」と探させてしまう一幕がありました。
周囲はウールで出来ていて、中もウールで伸縮性があり、履いているうちに伸びるのだそうで、
あまり大きなものは薦めないというのが理由だそうです。

では次にアテネやサントリーニ島でふらふらと買い求めた土産物の小物たちを
写真で紹介したいと思います。

IMG_2214_convert_20140531152400.jpg

オリーブオイルが欠かせない我が家の食卓では、必ずヨーロッパに出れば瓶もののオリーブオイルを
えっちらおっちらと担いで帰ってきます。


それからアテネで求めたマスティハ入りの石鹸は、アテネのとある土産物店の女性オーナーが薦めるナンバー1商品でした。

IMG_2228_convert_20140531134424.jpg

勿論、その成分には注目すべき点があります。
まず、地中海沿岸に分布する漆科の中でも、ギリシャはヒオス島(教会同士が戦いさながらの
ロケット花火祭りで有名な島)にしか生息しないという
マスティハの木Pistachia Lentiscus var.Chiaの樹液を乾燥したものをマスティハ(マスティック)といい、
古代から健康目的のために愛用され続けてきたというものだそうです。
この木の幹などに傷を付けると、その傷をふさいで細菌等から
自らを守るために透明な樹液がしみ出すそうで、
医学の父ヒポクラティスも治療にマスティハを用いていたと言われています。
美肌効果もあるということで、女性用の化粧品にも多く利用されているので
さまざまある中からアイクリームを購入してみました。
抗菌作用もあるとのことで、石鹸は留守番をしている父のために10個購入しました。
半分はお土産として職場の人などにもお分けしたのですが、実に良い香りの良質な石鹸です。
帰国後、この石鹸で顔を洗い始めたのですが、本当に良さが実感できています。
もっと買ってくるのだったと思います。今度アテネに寄る機会が(無いと思うけど)あったら
必ず購入したいと思います。

IMG_2234_convert_20140531134307.jpg

ほかにこのマスティハが利用されている歯磨き粉も買い、旅行中から使用開始しました。
こちらは歯周病予防やピロリ菌をやっつける効果もあるということで、
ちょっと独特な渋みがあるのですが愛用しています。

あとは地中海沿岸ではつきもの?のアーモンド菓子や訪問地の記念に必ず買い求める
小皿や、サントリーニ島名物のヴィンサント甘いデザートワイン、サントリーニ島の風景が盛り込まれている(ドンキーも居ますね)永久に使えるカレンダーなどです。
IMG_2233_convert_20140531134239.jpg

IMG_2223_convert_20140531134144.jpg

IMG_2229_convert_20140531134333.jpg

IMG_2231_convert_20140531134002.jpg

それから、とても残念だったのですが、最後のフライトで蜂蜜の瓶が割れてしまったため
世界一と賞賛されるギリシャのタイムの蜂蜜が、トランク一杯の香りで消えてしまいました。
蜂蜜が大好きな父のために頑張って2瓶ほど購入したのですが、
よりによってタイムのほうが割れてしまうなんて・・・
もうひとつはセージの蜂蜜ですが、こちらは無事だったので大事に食してもらうこととしました。
もっとがっかりしたのは、蜂蜜漬けになってしまった他の土産物たちです。

ギリシャ産の海面はまた世界一と言われていましたので、いくつか買い求めました。
使い心地は良いのですが、見てくれや気泡が少々大きいとちぎれてしまうという点で
適当にスーパーで買い求めるのではなく
もっと真剣に探すのだったと後悔しています。
海面はとても使いやすく、洗った後の肌の質感が物凄く良いので
日本で購入すると数千円もするというだけのことはあるのかなと思いました。

3泊4日のギリシャを駆け足で終えて、次の目的地パリへと日記は移動します。
ギリシャの話はまた思い出しながら追々書こうと思います。


スポンサーサイト
 2014_05_31



さて、世界一の夕陽と賞賛される夕陽を見る日がやってきました。
振り返ってみても、アテネの晩からイアの夕陽までの時間は瞬く間に過ぎて行きました。
夕陽を見るのに言葉は要りませんね。

初日 イアのホテル ファナリヴィラズのレストランにて
前の日記から 夜7時過ぎでこの陽の高さです。
IMG_0290_convert_20140516060359.jpg

P5023799_convert_20140518004557.jpg

P5023805_convert_20140518004939.jpg

P5023802_convert_20140518004637.jpg

IMG_0314_convert_20140518004832.jpg

IMG_0307_convert_20140518004735.jpg

2日目の夕陽 イアの展望台から
P5033906_convert_20140518005124.jpg

P5033913_convert_20140518005232.jpg

P5033946_convert_20140518005403.jpg

P5033917_convert_20140518005326.jpg

水平線に少し雲が重なっていたので、日没後に更に綺麗になるマジックアワーまでは楽しめませんでしたが
2晩ともに見ることが出来て幸せでした。

次の日記では日中の散策でフィラの街で乗ったロバ(ドンキー)タクシー乗車の感想と
ギリシャ土産について書こうと思います。


 2014_05_18



私が初めて外国に行ってみたいと思ったのは、実はこのエーゲ海でした。
ギリシャの島といえば、女の子が好きそうな白い壁と青い海と空です。
期待に胸を膨らませてアテネから向かったサントリーニの空港への小1時間は、
ずっと窓から景色を眺めていました。
IMG_0084_convert_20140516060438.jpg

空を見れば飛行機雲が。
IMG_0300_convert_20140516060051.jpg

空港からタクシー利用で30分程度で、ホテルのこの空間が我が物に!
IMG_0419_convert_20140516060922.jpg

ふと見上げれば、散々ネットの中で見た景色でもある風車が目の前に!
夕暮れ時に色づき始めた白壁も、期待を裏切ることなく自然のショウタイムが!
IMG_0293_convert_20140516061339.jpg

IMG_0290_convert_20140516060359.jpg
まだまだ陽は高いのですが、夕暮れ時のカウントダウンの始まりです。
続きは次の日記で紹介します。
2泊滞在したので、2回の夕陽の違いを掲載する予定です。


 2014_05_16



パルテノン神殿、エレクティオン・・・
いったいどれだけの人がこの建物に関わって、そしてどれだけの人がこの歴史的な建物を見物にやって来たのでしょう。
ゼウス神殿(高さ17.25mの円柱が104本立っていたうち、今は数本と数えるほどになっている)写真からは見て取れないのですが、地面にはカモミールの絨毯が広がっていました。踏みつけるのがもったいない!ほど可憐な花を一面に咲かせていて、とてもとても素敵な広場でした。
P4303762_convert_20140516001222.jpg

オリンピックやシンタグマ広場(前の日記に写真あり)

遠く眺めたのは古代アゴラ
P4303759_convert_20140516001308.jpg

短時間ではあったけれど、アテネの代表的な古代建造物を見て興奮冷めやらぬ夜は
なかなか暮れずにいつまでも明るかったのが印象的でした。
ホテルでのチェックインを夕方に済ませると、夕食のお店を見つける気分になり
ふらふらと旧市街プラカ地区を歩きました。

世界各国にはその土地なりの食べ物や飲み物があります。
「ギリシャに来たならば是非ウーゾ(ウゾ)をお楽しみください」と
アテネの空港からホテルまで出迎えて下さった方から聞いていたので、
もともとお酒には弱くて疎い私ですが、旅に出ると何でも挑戦!とばかりに
客引きにまんまと引かれたお店で
(そのお店はギリシャのガイドブックに紹介されているお店で、
客引きも片言ながらも日本語の発音が上手ですっかり引き込まれてしまいます。商売上手:笑)

IMG_0035_convert_20140515235446.jpg

座ると早速「ウーゾぷりーず」
「グラスはふたつかい?」とその客引きが軽快に尋ねてくるので「勿論」というと、
透明な液体の入った小瓶とグラスと、頼まないのにお水と水用のグラスも運んでくれました。
人生初体験のウーゾはとても強烈なパンチ!の効いた飲み物(お酒:それまでそれがお酒なんだかもよくわからず)で、
実際問題としては「飲めません、駄目ですこれ強すぎます」状態の私を見て、
「あなたはお水で割って飲みなさい」と先ほどの客引きさんが(笑)
それもそのはず、アルコール度数は40度と書かれています。知らないで口にするとは(笑)
水を入れるとあら不思議、透明だった液体は白く濁りました。
ウーゾには独特の香りがあります。
八角とカルダモンの香りがついた蒸留酒で、ある修道士がツィプロというお酒に香りを付けたことから始まるそうです。
甘い香りがするのと独特な味わいで強さは別として、とても美味しいと思いました。

料理は、オーソドックスなところでタラモサラダにムサカ、いかの揚げたものなどを。
IMG_0036_convert_20140515235342.jpg

IMG_0041_convert_20140516001102.jpg

IMG_0042_convert_20140516001130.jpg


ゆっくりと食べ終わる頃になるとようやく太陽が沈み、夜がとても遅いここはヨーロッパだなあと感じながらも
辺りも暗くなり始め、古代遺跡へのライトアップが楽しめました。

IMG_0381_convert_20140516003531.jpg

アテネの夜はそれからは早く過ぎていきました。。。
いよいよ翌日はサントリーニ島へ! 

◆おまけ◆
お土産に買ったウーゾのキャンディは私の中では結構お気に入りとなりました。

IMG_2226_convert_20140516004159.jpg





 2014_05_16



P4303757_convert_20140513231145.jpg

念願のギリシャに行って来ました。
数年前のギリシャ危機の影響で断念してから思いは更に募り
何とかして行きたいと思っていました。
銀婚式記念だから頑張って行く!そう決めてから半年。

アテネへは直行便が無いのでどこかで乗継ぎが必要となります。
私たちはエミレーツ航空でドバイ経由にしました。
乗継ぎの時間が一番無駄なくスムーズに出来て良かったです。

アテネで1泊するため、旧市街のシンダグマ広場から徒歩圏内のホテルにチェックインする前に
お決まりのアクロポリスやゼウス神殿、オリンピックの地など歴史の教科書に真っ先に出て来るような場所を次々に訪れては感激しました。

IMG_0313_convert_20140513230322.jpg

ヨーロッパの建物はどこもかしこも修復工事が盛んに行われていて、
このアクロポリスもブルトーザなどが当然のように置いてありました。
この先の旅路でもあらゆるところの修復場面に遭遇しました。

エレクティオンの乙女像の柱も今や博物館にホンモノは移動し、レプリカが迎えてくれます。

オデオンは今でも音楽会が繰り広げられると聞きました。32段の観客席におよそ5000人も収容できるといいます。
夏のコンサート開催時期にもう一度訪れて、昔の音の響きを是非とも体感したいものです。

シンタグマ広場に移動すると、衛兵の交代式が繰り広げられていました。
24時間、交代制で守っているそうですが、この衛兵になるための条件はとても厳しく
まず成績優秀、美男子、長身で180センチ以上。
これをクリアできても、特段のお給料が貰えるわけではなく、いわば名誉職なのだそうです。

P4303771_convert_20140513231424.jpg

P4303775_convert_20140513231456.jpg

確かにとってもカッコイイ交代式でした。
動いているときはただ見ているだけですが、静止している時には並んで写真も撮ってくれるそうで、
一緒に撮らなかったことをちょっと後悔(笑)しています。

そうそう、この靴の先についているぽんぽんがとても印象的で、
お土産やさんには必ずこれを模倣したものが売られています。
周囲に描かれているのはまさにギリシャの幾何学模様で、アクセサリーなどにも施されている
定番の柄のようでした。なんだかとっても可愛いです。温かそうなので、高齢の父への土産としました。
これで冬場は足下を温めてもらえたら良いなと思います。
IMG_2220_convert_20140513233434.jpg


それからオリンピック発祥の地ということでお決まりのここはトラック立派にありますが、
今では使われていない記念の地となっているそうです。もったいないですね。
IMG_0366_convert_20140513231327.jpg

ギリシャについて一言。
ギリシャ人の気質について聞いてみました。
速攻でかえって来た言葉は「亭主関白」でした。
女性は結婚し家庭を守るのが良いとされ、女性が外で働く機会はごく最近までは無かったそうです。
今は女性も大学を出て職を得ることも当たり前となって来ていますが、
就職難はとても激しく、大学を主席で卒業してもコネがないと就職は出来ないので、
優秀な子供たちはみな奨学金を得て海外の大学に進学し、
そのまま海外で活躍の場を得るため自国には帰らないといいます。
大学までの授業料は無料であるので、皆安心して学べるのだけれども
こうした国に利益をもたらすはずの優秀な人材が流出する事が現実であり、仕方が無いといいます。

話題を電力に変えてみました。
飛行機の中から見えた景色にも風力発電が沢山見えたからです。
主力は火力発電で、水力、そしてエーゲ海の波はかなり強く、
実はエーゲ海クルーズなどは船酔い覚悟で乗船することが必須だそうで(決して優雅ではないそうです)、
その波を利用した波動発電の研究が進んでいるとのことでした。
火力発電は自然に優しくないとの考えからだそうですが、やるじゃない〜ギリシャ!
益々好きになりました。・・・が・・・

トイレ事情も伺ってみたところ、う〜んこれはどうなのかなあ?という思いになりました。
水洗トイレは普及しているのですがペーパー類の質が悪く、
一般家庭では特に一緒には流さずに捨てる汚物入れが用意されているそうです。
ホテルでも実際そのようでした。ふたを開けたくない・・・でも流したら詰まってしまう・・・

医療は言わずもがなで、全員が無料で受けられた時代がごく最近まであったようです。
ただしこれは救急医療で、外国人も含めてのことというのですから、それはそれは素晴らしい考え方です。
でも、国が破綻してからはこの制度は無くなったというので、何でも無料が良い訳ではないだろうとも思いました。
結局、ただより高いものはないってことになってしまうのですよね・・・


次の日記では食べ物の紹介をしたいと思います。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2014_05_13




04  « 2014_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.