2017年の奈良訪問は今回で3回目となります。
先週末の奈良は少し寒くて震えました。
春には雨に降られてしまい、車椅子を思うように押せないことからほとんど見て回れなかったので
念願の元興寺(がんごうじ)をゆっくりと見学し、大満足な旅となりました。

奈良には「南都七大寺」といって奈良時代の平城京周辺にあって朝廷の保護を受けた寺の7つがありますね。
興福寺、東大寺、西大寺、法隆寺、薬師寺、大安寺、元興寺
日本人ならこのいずれかの寺には訪れたことが一度はあるであろう有名な七大寺です。
我が家の息子は私学だったこともあり、小学校では沖縄、中学では特に修学旅行のようなものはなく
中高一貫でイギリスと言う訪問先だったので残念ながら学校行事での訪問はなく、
家庭で連れて出かけない限り行かないだろうという訪問先でした。
そんな状況なので、京都には何度かあるものの奈良には一度、興福寺、東大寺に辛うじて連れて歩いたのがやっとです。

さて元興寺についてはお寺のホームページをご参照いただき、説明は省略します。
http://www.gangoji.or.jp/tera/jap/link/link.html

写真だけ幾つか載せます。
IMG_0793.jpg

入り口にある石碑には世界遺産とあります。
現存する敷地は塔があった場所とお堂のあるこの場所に分かれていますが、昔はこのあたり一帯すべて元興寺の敷地であったと言います。
IMG_0791.jpg

IMG_0790.jpg
天平の甍は存在し、この写真内に見えています。
表から見えるお堂の瓦は中央に鎌倉時代、昭和時代の修復のあとが見てよく分かります。
写真は載せませんが是非一度訪れて確認してみてください。すごさが伝わってきます!

IMG_0789.jpg
元興寺で見つけた紅葉はとても綺麗でした。



IMG_0771.jpg

ならまちは坂道もあったりして、実は車椅子にはちょっとだけ辛い場所でもあります。
地図はそこかしこに存在し、迷いがちな観光客にも親切です。
IMG_0796.jpg

身代わり猿の吊るしものがたくさんある庚申堂は奈良の古くからの言い伝えによる厄除けの風習で
実家にも随分前から吊るされていて、お礼参りをしたいと今春に一度、そして今回も一度また訪れました。
今年は本厄が一人家族に居るため、猿を1つ買い足してきましたが
早速そのご利益がありました。
日々感謝です。

それから、特筆すべき驚きが奈良にはありました。
むかしから何度となく訪れている猿沢池の異変です。
私にとっては異変ですがこれまでが異様だったのだとも言えます。ですが、あれだけ大量にいたカメが1匹も見当たらず、父としばし首をかしげてしまいました。
外来種のカメに池が占領されていたのですね。
それはそれで困ったものですが、ただ見ている分にはカメの甲羅干しがたくさん見られてほのぼのとしていたのもまた事実です。
それが1匹もいないなんて冬眠するほど寒くはありませんし。調べたところ池の清掃を行った際に捕獲したそうですね。
なるほど。。。

最後に一番印象に残った木の写真で奈良の旅ブログはおしまいにしたいと思います。
他にも薬師寺や唐招提寺なども歩いていますが割愛いたします。
IMG_0792.jpg
これはナンキンハゼの木です。先端が丸くて(種が入っているところ)陽の光に映えて銀色にも見えて可愛いと思いました。


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 2017_11_30



IMG_0841.jpg

2年あまり前のことでした。
一番初めの作品はこのシリーズで、イヤリングとブローチ、そして髪ゴムの3種類を作りました。
いきなりの細かい作業でしたが、やってみたかったと言う思いが形になりました。
教えていただくえり先生もとても丁寧で、今でも時々お世話になっています。
私の皮のタッセル2種類にもご参加頂いたこともあります。
お互いに教え合えるって素敵です。

こちらのデザインは自由が丘の人気のサロンによるものです。
http://www.decor-decor.me


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_30




IMG_0840.jpg

投稿内容がだいぶ前後致しますが。。。
日本ヴォーグ社のフレンチメゾンデコール(世間的にはカルトナージュと言った方が分かりやすいようですが)
レッスンの初回はタッセルでした。
その辺りはホームページの方に記載しています。
ブログの整理をこの年末になりやっと少しずつ出来はじめ、今更の記事が上がると思いますが悪しからず(苦笑)

フレンチメゾンデコール

*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_29



もみじの永観堂と言われるだけのことはあってさすがの紅葉の質、量ですね!
何度か続けて見に行っていますが夜は今回が初めての訪問となりました。

(11月23日現在)
IMG_0683.jpg

2017年のもみじは総じてとても綺麗です。
ですが、日当たりの関係の差が激しいとも言えます。
そのため、緑から黄色、オレンジ、赤といったグラデーションをこれまで以上に楽しめる面白い紅葉でもあります。
残念なのは、日当たりのい場所はすでに散っていることです。
何年か前の日中の写真と比べてみても歴然ですが、そこはライトアップという魔法のおかげでとても綺麗に幻想的に見ることが出来ました。
水面に映る様は吸い込まれそうですね。

ちょっとここには書きたくないような出来ごとがここではありました。
あってはならないようなことです。
危険だからと行って橋の上で背中を押すのはもっと危険だった
ということだけを書き残しておきます。
永観堂さん、ちょっと考えものです。




(11月23日現在)
IMG_0645.jpg

さて、こちらは南禅寺の塔頭の天授庵ですが、こちらの紅葉もほぼ終わりといった感がありました。
圧倒的な紅葉で感動した数年前とは違い、こちらもライトアップに頼ってなんとか。。。
もうこの10年らい毎年のように見てきていると、年ごとに変化するその様子に一喜一憂するというよりは
気候の差や夏場がどうであったかなど、総合的に考える癖がついてしまいました。
いろんな見方があると思いますが、今年の紅葉は総じて綺麗だったと冒頭にも書いたように、とても綺麗な葉が揃っていることだけは間違いありません。
天授庵の最高の紅葉時はもっと素晴らしいので、ちょっとだけ残念に思いつつ京都を後にしました。

*今回は旅日記ですが、タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_27



しばらくミレコロ日記もホームページもお休みしておりました。
年中行事となっている秋の京都/奈良の旅をしていたからです。
旅日記も本格的に書くのは久しぶりです。

京都に関しては、旅というよりはもはや第二の故郷くらいの感覚になっていて
あくせくと観光をして回るというよりは、懐かしさと新しさ(最近の京都はずいぶん様変わりしています)
それから1年の締めくくりのような位置づけです。
何より、後数ヶ月で91歳になる父と一緒に行かれる幸せは何物にも代えがたい喜びです。
父のために行く京都が一番の目的なので、急がずゆっくりと目的地を絞ってピンポイントで歩く割には
車椅子を押す私の体は実はガタガタです(苦笑)
それでもまた来春の話に花が咲き、きっとまた参ります。

4度目の京都と言っても、年寄りと一緒だったり仕事で多忙な夫とだったりな為
実にコンパクトな日帰り半分できっと「勿体無い」と言われそうなスケジュールです。

1度目は春の日帰り。桜が早く咲いてしまうのではないかということで下見の京都でした。
2度目は1回目の1週間後の90歳のお祝いをしにたけのこ料理を目的にした京都と奈良の3日間。
3度目は11月1日の日帰り奈良正倉院展の帰りに超駆け足で。
4度目は今回の京都と奈良の3日間。

今回のメインのお宿は朝食が絶品だったことで再訪のウエスティン京都ホテル。
定番の宿は駅上のグランヴィアですが、2016年の春以来の利用です。
この時期はお初なので、クリスマスの飾りも新鮮でした。

IMG_0690.jpg

お気に入りのティーサロンではタタンのタルトを夕方帰るまでキープしておいてもらいました。
IMG_0691.jpg

ロビーは決して広くないのですが、ツリーの存在感はなかなかなものでした。
IMG_0695.jpg

IMG_0694.jpg
ツリーの周りを汽車が走っていて、子供たちが長いこと眺めて楽しんでいました。
私もずっと眺めていたかったです。

ホテルの裏山に位置する将軍塚へはタクシーで参りました。
春の桜がとても美しかったので、秋も見たいことからの計画でしたが将軍塚は春が良いと思いました。

初日はこのホテルからも近い南禅寺の湯豆腐「順正」を予約していたはずが、、、、、
きちんと取れておらず(大失態!)、急遽ホテルの「華頂」で松茸ご飯や土瓶蒸しのついたお豆腐の鍋コースに変更しました。
和食ランチはこの時期(12月初め)までの特別メニューで@8000円です。
松茸になごり鱧の土瓶蒸しが最高に美味しかったです。秋ですね〜。

IMG_0623.jpgIMG_0621.jpgIMG_0619.jpg

この時期は有名どころや美味しいものを食べようと思ったら予約なしでは困難ですから
2日前に予約が出来て超ラッキーでした。
胸をなでおろして舌鼓を打ちながら、目指すはお買い物(笑)の目的地へGO!

まずはお茶といえば「一保堂」です。
以前はもっと格式ばったお店だったように思うのですがしばらくぶりに本店を訪れたら観光客でごった返していてなんだかとっても不思議なお店になっていました。東京丸の内にもお店はあっていつでも買えるし通販も今や常識的にあるのですが
ここは京都にしかないものを求めるのが醍醐味です。
IMG_0625.jpg

そのお隣あたりにある和紙のお店も混んでいましたね。
今回は2枚ほど包んでもらい、旅の間大事に筒を持ち歩きました。これは荷物で送るにはちょっとおおきすぎ、持ち歩くのも大変ですが折ってしまってはせっかくの和紙が。。。

その後は竹の箸を求めに行くのですが、私と父はイノダコーヒーで待つことにし、ここでもクリスマスの飾りを楽しむことができました。
IMG_0636.jpg

11月1日に寄った時はまだだったので、実はとても楽しみにしていました。
中世の小径のような中庭、中廊下、本当にいつ行っても落ち着きます。

というわけで、初日の午後は京都の観光というよりはお買い物で終わりました。
夜のライトアップには天授庵、永観堂と参りましたので、次の日記でご紹介したいと思います。

*今回は旅日記ですが、タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_27



これまでに習ってきたAPJタッセルの作品を一堂に!という機会が早々にやって参りました。
ラヴァンセはマスターしたものの、その上のクラスフェリシテはまだ半分しか習うことができずにいるので
本当はすべて習得してからが良かったのですが、
友人の取り計らいで明後日から5日間の開催期間中
ずっと並べていただける事になりました。

そんな中申し訳ないのですが、毎年恒例の父や家族との京都、奈良の紅葉狩りが控えており
開催期間の最終日にしか私は駐在できません。
でもその最終日に、もしもやってみたい!と思った方のために
体験レッスンの機会も与えられました。
ほんのわずかな時間ですが、お時間のある方、一度見にいらしてください。

「五感を震わせる5Days」
藤 沢 くらまえギャラリー
所 在 地 藤沢市藤沢630−1(藤沢駅北口スーパーサミット近く)
開催期間 11月22日(水)〜26日(日)
時   間 11時〜18時 最終日は16時まで *ご注意ください*
       体験したい方は14時までにお越しください。


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村




 2017_11_20



IMG_0538.jpg

「紫色のカーテンなの」
「タッセルを作って欲しいのですが〜」とお話いただいたのは相当前のことでした。
最初は「紫、ですか?」「紫って難しいですよね」「えーと。。。」
しどろもどろだったことを思い出します。

しかし、いつまで考えても仕方がないので
まずはラナン・レイの教室までお越しいただき、少しだけタッセルを見てもらいました。
それでもイメージがお互いにつかめず、とうとうご依頼主の御宅まで伺いました。
知り合いなのでそれが可能でした。

するとそれまで考えていた色も雰囲気も全く「違う」ことが分かりました。
そこで、京都で仕入れてきた紫系の糸3種類は違うものに使用することにして
一から練り直しとなりました。

考えることは嫌いではありません。
あれこれイメージは湧いてきます。
ただ、材料がイメージ通りに揃わないこともあり、
早く仕入れに出掛けたいと思う今日この頃です。

さて、紫の糸はどうなったかというと、まず一つはこのカーテンタッセルになりました。
バイオレットにバイオレットのビオラで遊んでみました。紫ばかりだと渋いので黄緑の蝶をイメージして結んでみました。
(これは多分、モデルルーム行きです)
もう1色は次回のレッスンで使用してくださる方がいらっしゃるのでキープとなりました。
そしてもう1色はお見本として何か作りたいと思います。

IMG_0536.jpg


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村

 2017_11_20



タイトスケジュールながら、先送りにしてきたインプラント。
実は過去に2本経験済みですが、直後に襲われた肩の付け根から右腕全体の神経激痛に
その後、頸椎の手術をすることとなったことがあるため(原因はそれだけではないと思うものの恐怖感はなかなか抜けなかった)
どうしても怖くて踏み切れなかったものでした。

そうして過ごしてくるとやはり他にも不具合が生じてくるようになり
必要性を感じずにはいられなくなりとうとう観念して本日の運びとなりました。
今通っている歯科クリニックの先生はとても丁寧に対応してくださり
こんな不安を抱えた私のために時間をかけて治療にあたってくださいました。

麻酔が効いていることもあって、帰り道はさほど不安もなく
不安がっていたのがまるで嘘のように、もやもやしていた霧がさっと晴れ渡ったように
今日の晴天と相まって気持ちよいお散歩が出来ました。

日比谷から丸の内界隈は私にとってはお庭みたいに親しんできた街なのですが
考えてみるとOL時代は日中にゆっくりと散歩するなんてことはなく
いつも夜だったことに気がつきました。

IMG_0514.jpg

前回ここを通った時はまだツリーは準備中でした。
今年の丸ビルはニコライバーグマン氏の手がけるものだと知り、完成を見たいと思っていたので今日それが叶いました。
ニコライバーグマン氏の花に対する思いに初めて直に触れたのは今春のデンマーク大使館で行われた展覧会でした。
⬇︎
2017年春のデンマーク大使館花の展覧会

IMG_0515.jpg

温かでキュートで大人のクリスマスを感じました。
夜の闇に照らされるイルミネーションも今度また見たいと思います。

さてこの帰り、今度は八重洲口に回って大丸から見下ろしたイチョウ並木は日向の木だけ黄色く色づいていました。

IMG_0518.jpg

紅葉狩りの季節ですね。来週は京都が待っています。
自分が受けているレッスンのこともあるし
そんなこんなで書きたいことがたくさんあるのですが、
タッセルのレッスンの様子はまた次回のブログでご紹介したいと思います。

IMG_0516.jpg


*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村


 2017_11_17



sachet4

フレンチメゾンデコールも少しずつレッスンを重ねてサシェが完成いたしました。
最初のタッセル3種類と場合によっては合わせても良いかなと思います。
ずっと習いたかったカルトナージュ(ここではフレンチメゾンデコール)がこうして形となっていくことに喜びを感じます。
ホームページにも同じ内容で投稿いたしますので、よろしかったらそちらもご覧ください。

sachet3

裏側はこんな模様の部分を使用しました。
トータルで作品を習い作った暁には、また違う柄ゆきで作りたいと思っています。
こちらの作品は針で縫う作業がありますが、小さいのですぐに縫えます。
久しぶりの運針でちょっと手先が喜びました。


*いつものお決まり*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_17



IMG_0484.jpg

先日ふと立ち寄ったみなとみらいで、立派に育った木立にたくさんのブルーの光を発見しました。
みなとみらいといえば
クイーンズスクエアのC棟の上層階で私も10年前に1年ほど勤務したことがあるので、その頃から比べると本当に育ったという感じがこみ上げてまいります。
その木立は物凄く綺麗な光のトンネルのようになっていて
設置したてのような(チェックをする人がそこかしこに)まだ人もほとんど歩いていないような(この時は夕方の6時くらい)
新鮮な感動を味わいました。

IMG_0485.jpg

反対側(建物の間)はこのようにモニュメントがどんとあるのでまた雰囲気が違いますが、
色合いが同じな為統一感があって本当に綺麗でした。

ひところに比べるとクリスマスのイルミネーションを楽しみに出かけることも少なくなりましたが
一人で佇みながら年の瀬に突入だということを噛み締める瞬間が
通勤時代とは比べものにならないくらいの気持ちの余裕を持っていることにも気づきました。

さて、私もタッセルのお教室の仕事と外部でのイベントにまだもう少し年内頑張ります。
今日のレッスンは半年振りの生徒さま。
テーブルの片隅にクリスマスを少しだけ用意してみました。
クリスマスのテーブル

*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村



 2017_11_16



IMG_0408.jpg

1ヶ月ほど前に企画されて出張レッスンが開催された「アロマバスソルトを作る会」を
是非もう一度開催して欲しいとお願いして、つい先日参加してきました。
クリスマスの準備の一環というわけではないのですが
ブログ日記のカテゴリとしてはクリスマスに分類しておきます。
こないだのパチパチキャンドルに続くアロマの活用は、とりあえずこれで一段落としたいと思います。

IMG_0412.jpg

計量したり精油の滴数を数えたり、なんだかとっても楽しい時間でした。
塩は死海のもの。
アロマオイルは3種類選んでみました。
通年で食材としても欠かさない「生姜」、
香りではシャンプーでお世話になっている「ネロリ」、
それから「マジュラムスイート」
という甘い感じの仕上がりにしてみました。

そろそろ本業のタッセルに本腰を入れたいところですが
なんと予約していた先生の一大事が!
年内は静養された方が良さそうなので
年明けからまた学びの時間を重ねていきたいと思います。

何かと忙しい年末に向かいますので、皆様もどうぞご自愛くださいませ。

*いつものお決まり*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_13



IMG_0370.jpg

2017年のキャラクターはなんとイギリスからのピーターラビット。
タッセルだってイギリスなら本場ですね。
ならばということで、出品を挙手するも
限定で1つの作品を置かせていただくことになりました。

IMG_0088.jpg

こちらの3色展開で販売ブースに並んでおります。

IMG_0386.jpg

IMG_0372.jpg

IMG_0378.jpg

IMG_0379.jpg

IMG_0381.jpg

私としてはクリスマスツリーのオーナメントにうさぎのしっぽをイメージしたポンポンタッセルがいいなあと思っていたのですが。。。
ポンポンの小さいタッセルはノベルティとして提供させていただきました。
ゲットすることが出来た方はラッキーです!
木玉もちゃんとシルクのリボンで巻いた本格的なもの、ウールにラメなどをふんだんに混ぜ込んだ贅沢仕様ですから
販売するとしても500円では到底お分けできない品物ですが
タッセルの魅力が少しでも伝わると良いと思っています。

点火式が行われたのは11月7日でした。
その日は出席できませんでしたが、翌8日の夕刻にお邪魔してまいりました。
まだクリスマスには早い!ですが、街も少しずつクリスマスモードになっているし
準備期間が長いと楽しむ期間も長くなりますね。
大事な人への贈り物におひとついかがでしょうか。

今回は規定があったためこちらのモデルのみとなりました。
他に販売の機会がありますので、別途お知らせいたします。

*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村


 2017_11_09



昨日の午後、横浜でお世話になっているカフェダイニングPLUSさんで
受講させていただいたパチパチキャンドルと名付けられたワークショップ。
パチパチと木の燃える音が楽しめる癒しのキャンドルです。
天然由来の素材を使用して、ソイワックスを煮溶かす中でセージを入れて香りが楽しめる楽しいひと時となりました。

固まるまでの時間を利用して、びんの縁を飾る麻紐のmacramé編み(簡単なもの)をしながら
天然の石を織り込んだりして思い思いの作品ができました。

IMG_0318.jpg

トッピングには薔薇やマリーゴールドの花びらを乾燥させたものなどを散らして
なにやらとても美味しそうな出来栄えのキャンドルの完成です。

IMG_0316.jpg


IMG_0317.jpg

少しずつクリスマスの準備が始まったように思います。

*いつものお決まり*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村
 2017_11_04



夫が急に思い立ったように「正倉院展に行きたい」と言い出したのは先週のことでした。
私は今月は23日からまた紅葉を楽しみに京都と奈良入りするために
何度も行くのもなあ・・・と思っていましたが
とにかく日帰りで行くしかお互いのスケジュールが合いそうになく
奈良まで行くのに弾丸だなんてもったいないという人のコメントも多い中行って参りました。

京都の日帰り観光は何度となくやっていますが、奈良へはそこからまた近鉄特急などに乗車して
しかもゆっくり歩いて巡りたいようなところです。
果たして弾丸でいいの?と自問自答を繰り返したのは言うまでもありません。

奈良へは何度めの訪問になるでしょうか。
今年だけでも2度の訪問となりますが、京都の濃い訪問20回と比較すると
まだまだ7回ほどで、メインとしての訪問となると数える程度です。
それでも国内では京都、奈良とかなりな訪問となっていることには違いなく
あてずっぽうに、やみくもに訪れる観光客とはちょっと違うので
日帰り(目的を絞っての訪問)でも十分だと言い聞かせてみたりしました。

正倉院展への訪問は初となります。
とにかく団体ツアー客がどっと押し寄せて(失礼)くるので、会場の奈良国立博物館は芋洗い状態でした。
比較的混雑が無いであろう平日の水曜日のランチタイムを目掛けた私たちとしては
予想外の混雑でした。
一般の列はさほど並んでいなかったのですが、同じくらいの団体客御一行様が別の列で待機していて
会場内では押し合いへし合い(苦笑)それでもゆっくり見られずで、、、もうちょっと入場制限してほしいなと正直なところ思いました。

今年の目玉とされている中の代表格の「緑瑠璃十二曲長杯(みどりるりのじゅうにきょくちょうはい)」の展示にはいささかがっかりしました。
「長杯」の下にせっかく鏡を置いて底面も見えるように陳列されているにも関わらず、
ガラスケースの周囲にさらに遠巻きに手すりが施されていて近づいて見ることができないだけでなく、
覗き込んでも(よほどの背高さんでないと無理)半分も見ることが出来ません。
こんな陳列は無いと思います。
ひどい。はっきり言ってひどいです。見る側のことを考えてない証拠ですね。

しかも写真は一切禁止。

ヨーロッパだとこんな風にはならないのになあ。。。

もう少し良く考えて広く日本の宝を多くの人に見せてほしい。

まあそのようながっかりした点もありますが、保存状態の良いものが1000年の時を超えてこうして見ることができる素晴らしさにも感動したのもまた事実です。
日本のような気候風土や保管の方法で、良くここまで持っていると感じたのは(お経の巻物を包んだであろう)「最勝王経帙(さいしょうおうきょうのちつ)」です。
組帯の一部がちぎれて保管されていましたが、その緻密な織り柄、なんといってもどれをとっても細かい作業を想像するのに容易く
現代人としては考えただけでも気が遠くなります。

あとはまだまだたくさん話したいことはありますが、有りすぎてここでご紹介するのは難しいので割愛いたします。
当然のことながら、房が施された旗なども(ペタンコでしたが)ありまして、石を磨いた玉をつなぐために編まれたものなども
とてもそそられる品々であったということだけで失礼したいと思います。

18日まで開催されているようです。
コンビニなどで入場券は購入できますので(前売り券ではありません)是非訪れる方は事前購入をお勧めします。
(入場券の列の後の入場の列と並ぶのは大変だと想像しますので)


*いつものお決まり*
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村



 2017_11_04




10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

カテゴリ

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.