発作ふたたび


9月の声を聞いてから1週間が経った或る晩のことでした。
みれいの発作が再び出現しました。
投薬量も1日3回に戻してからまだ間もないためなのか
あるいは、
みれいもそれなりに成長し、体重が増加したため
微妙なところで薬の分量が合っていないのか
定かではありませんが・・・

連休も近いので
みれいを連れて相談に行かないといけないかも知れません。

みれいは、小さいながらもメス猫特有の強気なハンターらしきしぐさをするし
甘えん坊の仕方も品を作るというか、ころたんのように
単刀直入ごろにゃん♪ではなく
控えめに様子を見て擦り寄ってきます。
やりたい放題でいいのに?
そんなところで神経つかわなくていいのに?

1年前にてんかん発作が現れたときは
状況判断がつかなかったのか、ころたんは仕切りに発作で苦しみながら
くるくる回るみれいに 挑みかかったりすることもありました。
制止する私の態度に、いじけたりすることもありました。
でも、
次第にそれはただならぬ出来事であることがわかり
ころたんなりにみれいの異常事態を察知して
優しく見守りつつ、発作が終わると
「みれい、大丈夫かい?」とでも言っているかのように
こわばったみれいの頬を舐めるようになりました。

今回の発作もふいに1度でしたが、
優しく、優しく、思いやる心をもって接するころたんに
いつしか毎朝の「行って来るね~」に続く言葉
「みれいを頼むぞ」がくわわるようになりました。

ころたん、ありがとう。
みれい、がんばれ。

てんかんとの戦いはまだまだ続くのだと思います。
がんばれ、ママ・・・と自分にも言い聞かせるこのごろです。

ころたん

普段はぐにゃら~だけどぼくだってやるときはやるんだい
byころ
スポンサーサイト

 2009_09_10


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.