京都旅行(2009)・松葉のそば


DVC00538_松葉 しっぽくそば

まずは昼食・・・松葉の しっぽくそば からスタートです。
◆松葉

旅行につきものの美味しいもの、美しいもの、何だかどちらも満たしているおそばに
笑みがこぼれました。
でも、「本日のお宿は京都にあらず。」
でも、「本日は嵐山のトロッコに乗車する」ために、これより嵐山へと移動しました。

早めに到着をして、トロッコまでの間に2つの寺院を見物にという計画でした。
が、ここでとっても珍しいハプニングが出現しました。

二尊院に向かわれる 天皇皇后両陛下が まもなくここを通過するということで
歩道も立ち止まり禁止、反対側には日の丸の旗を携えた人の垣根が出来ていました。
あらま、それならせっかくですから 「旗ください  」
沿道の尻尾に並んで待つこと10分と少し。
・・・あっという間に通り過ぎて行かれた車の中で、確かに美智子様は手を振っておいででした。

DVC00541(天皇皇后)

意外と早く通過したために、うまく撮れませんでした。
それに、二尊院の紅葉を見に行き損なってしまいました。
少し前から入場規制となり、沿道は足止めですから・・・
時間があれば、通過を待ってでも訪れるのですが、トロッコに乗る為には
ここは犠牲にするしかありません。
うぅ・・・あのお堂から、門を額縁にして眺める紅葉を今年も見たいと思っていたのに・・・残念でした。

仕方がないので、常寂光寺だけにしぼりました。
紅葉のスタートは この1年ぶりの常寂光寺からでしたが、昨年とは違う色づき方でした。

DVC00549(常寂光寺) 京都市内を見下ろす山の上からの眺めは素敵です。

DVC00553_(常寂光寺)

DVC00545(常寂光寺)

DVC00551_(常寂光寺) 色とりどりの雰囲気をやっとこの1枚で。

DVC0055_(常寂光寺) まばゆい「赤」色をやっと探して。

◆常寂光寺について



そして、常寂光寺からほど近いトロッコ嵐山駅に向かうと
こんな人力車のお兄さんがいました。

DVC00556(トロッコ嵐山駅前の人力車)



DVC00563(嵐山 トロッコ) 何やら すずめばちを思い起こさせる色合いだと感じるのは私だけ?

常寂光寺のあとは、念願のトロッコ初乗車です。
 トロッコ嵯峨  トロッコ嵐山  トロッコ保津峡  トロッコ亀岡
嵐山からの乗車はトロッコの2駅目となります。
紛らわしいのですが、JRの嵐山は「嵯峨嵐山」駅といい、トロッコの駅名は「トロッコ嵯峨」駅です。
終点のトロッコ亀岡で折り返すので、そのまま引き返して、川下りはパスしました。
日暮れも早いので川下りの最終も15時半と早いために断念した形となりましたが、寒さもあったので
正解だったかも知れません。
次回は保津峡下りを体験したいと思います。

嵐山トロッコについて詳しく知りたい方は・・・
◆嵐山トロッコ列車

DVC00560(嵐山 トロッコより)
車窓から見る保津川ですが、窓に反射した携帯が映りこんでしまいました。

DVC00561(嵐山 トロッコより)

DVC00566(嵐山 保津峡)

ここまでが済んだら、いよいよ大津へ向けていざ出発 
と、その前にお決まりの 京都駅のクリスマスツリー・・・いつもの暗闇逆光パタンですが
DVC00568(京都駅クリスマスツリー)


~初日京都編はここまでです。
大津編に一時なりまして、再び京都編となります・・・つづく。



スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_11_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.