初日の宿は大津にありました。
嵐山のトロッコから京都駅に戻るとその足で一路
大津は日吉大社のライトアップを目指してドライブです。

少し道路も混みあっていました。
高速に乗ったのはほんの一瞬で、降りてからのほうが長く混雑していました。
面白いことに、琵琶湖の周辺の一部分が
昼と夜とで道路の車線変更が出来るようになっていて
夜間は外回りが2車線内回りが1車線といったように
まるで滑走路の道路バージョンのごとく、はたまた電車のポイント切り替えのごとく
点滅する光が 
少しの間はそれが分からずに走りにくい道路だと感じつつ
目的地である日吉大社入りです。

◆日吉大社について

DVC00571(日吉大社)

DVC00572(日吉大社)

DVC00579(日吉大社 ライトアップ)

神社のライトアップが幻想的なことは
住まいの地元で毎年行われる夜中の神輿に灯篭がともり
暗闇にうっすらと浮かぶ様子を見ているので 想像通りでした。

DVC00576(まさる 魔去る)
門の角には、まさる(魔が去ることと動物のさるをかけて)が守る方角を向いています。

DVC00875.jpg 我が家の魔物にも去っていただきましょうと 
今回の旅にて初のみやげ物となった まさる くん。
ミレコロのおもちゃになってしまうかも  みれいのてんかんもこれで去ってくれたらなあ・・・

さすがに夜になると肌寒くなり、底冷えのする感じが漂い始めました。
さて、このあとは1年ぶりの京都に(ここは大津だけど)乾杯
ということで
石山寺近くの 松乃湯 にて夕食と温泉に。

DVC00580(松乃荘食事)

写り切らないのであえて縦掲載しますが
それでもまだ載らないほどあとから出てまいります。

小さい鉢にも美しい色あいと目で見る楽しみがあり、大満足です。
DVC00582(松乃荘食事) 

DVC00583(松乃荘食事) 近江牛を少し。


DVC00587(しじみめし) 石山寺界隈名物の しじみめしも堪能しました。 量が多いので、持ち帰りようにパッケージをいただき、持ち帰りました。
瀬田のしじみ として有名なようです。昔ほどたくさん採れないとも聞きました。

お腹が一杯になったところで、正真正銘「初日の終了」です。
大津の夜は早く過ぎて行きました。
旅日記は湖東三山へと続きます。 

スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_11_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.