錦市場 蛎のだいやす


京都紅葉狩りの食いしん坊編をはじめます 

DVC00805.jpg

京都は錦市場の中ほどにある大安というお店は
目の前でこんな風に焼いてくれる
カウンターがあるだけの小さなお店です。
店先で蛎を焼いてくれています。
大きなぷりぷりであつあつの蛎を このお店で1年ぶりに ぱくりっ
白ワインを片手に うまうま


DVC00807_20091204225830.jpg


ほかにも焼き物、揚げ物、さしみ・・・いろいろとあります。

DVC00808.jpg


DVC00809.jpg

でも最後にはやっぱり 蛎 のおかわりをいただきました。
1個から幾つでも その場で開いて焼いてくれます。
待つ時間もまた楽しいひと時です。
店構えの様子が少し変わったようで、奥のほうにも席が用意されるようになったんですね。
DVC00806(蛎の大安)
ちょっとぶれていますが雰囲気はわかるかと思います。

錦市場では、ほかの店舗はもうすでに店じまいをしていました。
それもそのはずです。
実相院の床もみじを見てから戻ってきて、まさかまだやってるとは
思わなかった・・という時間だったので、まだやってるみたい・・・と
お店の明かりを遠目に発見したときは思わず笑みがこぼれました。
夜8時くらいだったでしょうか。
常連のお客さんでいつもカウンターはいっぱいの大安。
大きなプードルの原種の女の子を連れた人も
散歩の途中で蛎をつまみながら軽く1杯なんて
何て羨ましい環境なのでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_12_05


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.