和漢同菜 菜根譚


DVC00816_20091213220430.jpg

もはや京都紅葉狩り日記は思い出し日記となりつつあるこのごろです。
食いしん坊日記としてあげたいところですが
一応メインは紅葉狩りだったので、分類は旅編に 位置づけしておきます。


『菜根譚』さいこんたん。
お店は京都は柳馬場通に面する奥行きのある細長いお店です。
外から見ると間口はあまり広くありません。

DVC00821_20091213220428.jpg

石の廊下に灯る明かりひとつひとつに、障子の出入り口があって
それぞれにお部屋があるというつくりになっています。
個室というわけではありません。

先日の日記では錦市場での蛎三昧の帰りに立ち寄ったのがこのお店です。
本当はお腹も一杯だったのですが
どうしてもこのお店の前を通りかかると、「食べたい」という思いにかられ
恐る恐るお店に。

「あの~・・・私たち、お腹はいっぱいなんですけどぉ・・・
どうしてもここで、半分ずつでいいから食べたい、っていう思いでいるんですがぁ
それでもいいでしょうかぁ・・・」こうなったらちょっと気持ち悪かろうが
かわいいおばちゃんぶりぶりっ子でいく。

お店の人は気持ちよくどーぞーと。
入り口を入ると蒸かし釜が並んでいます。
DVC00822.jpg

ちょっとわくわくします。


DVC00817_20091213220429.jpg

DVC00818_20091213220429.jpg

DVC00819_20091213220429.jpg

注文したのはこの3つです。
これを半分ずついただくことにしました。
黒ゴマのたっぷり入ったたんたん麺です。
なんと茶柱も立ちました。

DVC00820_20091213220428.jpg

こうして京都2晩目の夜はふけていったのであります。
近くのテーブルでは外国人の接待がされていたりして、
通りすがりで入るような感じのお店ではないのだろうな?という雰囲気の中
おばちゃんパワー全開で楽しみました。
今度はちゃんと行きたいと思います

◆菜根譚
雰囲気も隠れ家のようで素敵でした。

スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2009_12_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.