瞳その2


DVC00189_20100123002444.jpg

コロタンのたて一文字の瞳は
ちょっと憂いを秘めているような瞳です。
猫の目は光を自在に操り
どんな暗闇でも、どんな日差しの中でも対応ができて
羨ましいと思います。

その光に弄ばれているのが次の写真です。

DVC00008.jpg


反射する光が壁を横切る瞬間を、コロは決して見逃しません。
これは携帯を開いた日中に出来る光ですが
この携帯の音と連動してコロタンは、きょろきょろする習慣が
出来上がってしまいました。

夜、寝るために向かうベッドに、必ず携帯を持っていくのですが
待ってましたとばかりに、コロタンも着いて来て
仕切りに暗闇の壁を見つめ始めます。

日中だったらこうなるのですが・・・

DVC00009_20100123002444.jpg


さて、今朝はみれいが私のベッドの中で
コロタンにはよく見られるお母さんのおっぱいを飲むしぐさを見せました。
これは本当に初めてのことで、
みれいの精神的な安定を感じました。

コロタンもそうですが、ベッドに横たわる私の胸にすっぽりとおさまると
必ず前足でもみもみが始まります。
そして毛布の端をくわえておっぱいを飲むしぐさを延々とします。
ごろごろとのどを鳴らしてずっとします。

今朝はみれいの初めてのその行動のために
起床しなければいけない時間でしたが、あと5分このままにしてあげよう・・・と
すっかり眠ってしまいました。
危うく遅刻をするところでした。

猫の可愛さはたまりません。

スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_01_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.