みれいの薬袋


今日は月に一度のお薬をもらう日。
みれいのてんかん発作を抑える薬は4週間で8千円ほどします。
これは一生続きます。

金額的なことが問題などではなく
発作が起こらないよにするための注意が
一生続くということに 心が痛くなります。

20100810.jpg

今日の薬袋は涼しげなカラーでした。


9月に4泊程度、獣医さんに預けて旅行の予定ですが
今日はその下話をしてきました。
1匹2000円で泊数×2匹です。
ケージは個体別となるそうで、ちょっと可哀想かな・・・と思うものの
自宅に閉じ込めて数日不在なうえに、この発作を起こさないようにする投薬が
されないままよりは安心だということに
家族会議で決まりました。


スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_08_10


Comments

Re: メールありがとうございます 

> はじめまして、まおと申します。
はじめまして。

> 私もてんかんもちの猫を飼い始めて3年たちました。
飼い猫の飼育はこの子たちで10匹目くらいなんですが
初めての経験です。
私も既に2年が経過しました。

お薬が4週間で8000円はちょっとびっくりしました。
そうですね。
私もびっくです。これが一生続くわけですからね・・・
それよりも、てんかんであることの証明をするために行った検査に
10万近くかかっており、更に調べるとなるとMRIだというので
それは遠慮しました(苦笑)

> 症状もタイプもいろいろですし、その為かもしれませんが、うちの猫の薬を参考までに書いていきます。
> うちはフェノバール30㎎を20錠を1500円位でいただいています。三分の二ほどを朝夕飲ませるように、といわれてますが、肝臓に負担がかかると聞いて恐ろしくて、それよりもかなり少ない量(五分の一)程朝夕あげています。
>
> だから20錠でもかなり長くもちます。てんかんはたまにおこしますが、飲む前より減りました。肝臓壊すのもかわいそうだしとおもって、調節しています。

2年前の発症時は生後半年でした。
4ヶ月で我が家の子になり、それまでに保護されたお宅で避妊手術も行われていました。
薬は体重が3キロに満たない小さい子でしたから
微調整しながら、成長に合わせて今ではフェバノールも限度範囲の高い位置の処方量です。
みれいの発作はかなり重く、一日3回飲ませる必要があります。
それでも発作はあります。


> 体重が軽ければ、その分薬の量も少なくてよいといわれていますが、うちの猫は食べるのが大好きなのでなかなかダイエットできてません。
薬の副作用で、食べ過ぎる傾向にあるそうですよね。
発作事態がかなりのストレスで、みれいは発作直後は朦朧としながらも
何故かご飯をがつがつと食べます。

> 晴れから急に雨になる日はてんかんが多いきがするのでちょっと多めにあげます。
やはりそうですか。
実はてんかんがどんなときに起こりやすいか、私なりに探ってきたのですが
気圧の変化、雨の日、寒い日。
要注意の天候です。

私は仕事を持っているため、一日3回の投薬もままならず
2回は必ずですが、朝・夜・夜中というパターンで与えられればまだしも
そのひずみなどで週末、金曜日の晩とか土曜日に多く発生します。
血中濃度が一定であることが大切なんだという証明だと痛感しています。
でもいたしかたなく・・・。

> あと、てんかん食というのが人間にはあるらしいのですが、うちのこは、「アイムス ダイエット用」から別のキャットフードに変えるとてんかんが増える気がします。関係ないかもですが、今でも「アイムス ダイエット用」をあげ続けています。
食事についても、何らかの影響があるのではないかと
たとえばさしみが大好きで獣医にはたまになら良いと言われていますが
夫が甘いものですからすぐに根負けして食べさせるんです。
気のせいかもしれませんが、そんな後に発作が多いかな?と疑問を抱き
徹底的に与えずにチェックしたことがありますが、
それでも発作は起こっていましたので、みれいは食べ物では無いようだと判断しています。


> 最近てんかんのメカニズムについて新しい発表があったそうで、お薬もいいものがそのうちでるのではないかと期待しています。猫にも使えるよい薬がでてくるとよいですね。
ヒトの薬は動物実験あってのものでしょうから
期待したいですね。


発作時の様子も個体によって相当な違いがあるようですが
もし良かったら、どんな発作の状態か教えていただけませんか?
生後どれくらいからの発症かも気になるところです。

> それでは参考になるかわかりませんが、余計な事を長々とすいませんでした。
> 失礼します
ありがとうございました。
とてもは笑みになりました。
お返事が遅くなり申し訳ありません。
公私ともにちょっと難題を抱えていて、なかなか自宅でPCが開けずにおりました。

早川玲子
silk  URL   2010-12-12 07:06  

 

はじめまして、まおと申します。
私もてんかんもちの猫を飼い始めて3年たちました。お薬が4週間で8000円はちょっとびっくりしました。
症状もタイプもいろいろですし、その為かもしれませんが、うちの猫の薬を参考までに書いていきます。
うちはフェノバール30㎎を20錠を1500円位でいただいています。三分の二ほどを朝夕飲ませるように、といわれてますが、肝臓に負担がかかると聞いて恐ろしくて、それよりもかなり少ない量(五分の一)程朝夕あげています。

だから20錠でもかなり長くもちます。てんかんはたまにおこしますが、飲む前より減りました。肝臓壊すのもかわいそうだしとおもって、調節しています。
体重が軽ければ、その分薬の量も少なくてよいといわれていますが、うちの猫は食べるのが大好きなのでなかなかダイエットできてません。
晴れから急に雨になる日はてんかんが多いきがするのでちょっと多めにあげます。
あと、てんかん食というのが人間にはあるらしいのですが、うちのこは、「アイムス ダイエット用」から別のキャットフードに変えるとてんかんが増える気がします。関係ないかもですが、今でも「アイムス ダイエット用」をあげ続けています。

最近てんかんのメカニズムについて新しい発表があったそうで、お薬もいいものがそのうちでるのではないかと期待しています。猫にも使えるよい薬がでてくるとよいですね。
それでは参考になるかわかりませんが、余計な事を長々とすいませんでした。
失礼します
まお  URL   2010-12-07 15:01  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.