奈良・法隆寺


さて、いよいよ2日目の朝の日記です。
朝一番で奈良に向かいました。

奈良は4度目くらいの訪問となりますが、最後に行ったのがなんと
28年も前のこと・・・
中学の修学旅行を皮切りに、家族旅行、友人との旅行などで
やっと4度目の訪問が実現しました。

この間、建造物は次々と修復やら塗り替えやら行われ
いつも指をくわえて遠くからその様子をテレビや写真などで
見ているだけでした。

古いけれども新しい奈良の寺を、いつか絶対に感じてみたいと思っていました。

バスツアーは前日に連絡しても受け付けてもらえてラッキーでした。
一日拘束されるコースを選択し、今まさにお祭りを行ってる場所は
近鉄の車窓から眺めるだけでした。

近鉄特急

スズメバチのような色合いの近鉄に乗車して数十分でならに到着。
車窓からはのどかな雰囲気が伝わってきて、
あぁ、このゆるい感じ・・・イイナ・・・
思ったものの、

バスの乗り場はどこ?
マイクロSD買わなくちゃ!
首からさげるストラップ探してよ~
飲み物、飲み物・・・

やはり日頃の気忙しさが身についてしまい
ゆるい雰囲気などは味わうどころか、
一つも見逃すまい?
聞き逃すまい?・・・完全なるおのぼりさんでした。


しか
奈良公園のあたりを曲がるときに、鹿の出迎えがありました。
来月の角切りの行事のために、威勢のよい若い雄鹿は
隔離されているとのことでした。

さて、目指すは法隆寺へ。
お隣の中宮寺へも当然のことながら参りました。
隣り合わせの建物なのに、塀に施された瓦の文様が異なりました。
聖徳太子のお母さんと聖徳太子の住まい、ということなのですが・・・
中宮寺の域にめぐる瓦には菊のご紋の文様がありました。
中宮寺との境


へんなものにばかり興味が沸く私ですが・・・
柱もその一つです。
エンタシス。
法隆寺 檜の柱
樹齢もさることながら、立派な檜の柱に感動しました。


DVC00013.jpg
DVC00032.jpg
それでも、なんといっても法隆寺といえば
こんな写真がないとぴんと来ないですね。
とてもよく晴れ渡った空に、美しくも渋い味わいのあるお堂や塔が
より一層引き立ちます。


スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2010_09_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.