バレンタインチョコ


2011 バレンタイン
なんとも愛らしいチョコレートが我が家のテーブルに届きました。
贈り主は・・・夫の仕事関係の知り合いの方から。
ひとつ、ふたつ、口にしていたら
ほんのりと京都の香りがしたような気がします。

今年は、昨年までのように職場で特にお世話になっている方への
義理チョコは中止しました。
母が亡くなってからまだひと月あまり、
そんな気持ちにはなれないからです。
わかってくれると思うのですが、どこか
寂しさも感じていたりします。

例年、輸入物のチョコレートのオーダーをして
届くのを心待ちにし、味見かたがた
何人かに分けて差し上げるというパターンで
この行事を楽しんでいます。

毎年思うのですが、
このバレンタインデーの異様なまでのチョコレート合戦に
冷めた目で見ていた30代後半から40代中盤までを経て
今は楽しめる心の余裕が出来ました。
義理も有りかと思える余裕です。
それをくだらないと表現するのは簡単なことで
まともに受けて散財するのもまた馬鹿げたことです。
ほどほどに出来ることを楽しんで出来るのが
大人の楽しみ方、日常に加える一つのスパイスになろうかと
そう思えるようになりました。

スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_02_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.