ミラノのドウオモ


羽田空港から香港を経由してミラノ空港に到着した頃は
自宅を出てから1日がたったような時間の流れでした。
早朝に到着し、
疲れは空港からミラノ市内までのバスの中で少しほぐしつつ
すぐさま市内観光開始です。

車窓から目的地までの景色を堪能しつつスフォルツィコ城などを経て
スカラ座広場からエマヌエーレ2世アーケードを歩く頃には
既に心が踊る状態になっていました。

IMG_0200_convert_20110515212754.jpg


アーケードの足下に施されているタイルはどこもかしこも美しく
下ばかり見て歩いて終わってしまいそうなほどです。
IMG_0156_convert_20110515212646.jpg

IMG_0153_convert_20110515212556.jpg

数日まえにテレビで見たばかりの再びミラノに戻って来られる
というおまじないのタイルもほどなく発見し、照れながらもやりました。
と、ここまででそんなに興奮してる場合じゃないっていう衝撃がこのあとにやってきました。
連日の仕事が忙しくて、ろくに予習も出来ずに参加したツアーのため
連れて行かれるがままというのが、よりいっそう興奮させてくれたのでもありますが。

P5010107_convert_20110515213448.jpg

IMG_0158_convert_20110515214022.jpg

500年もかけられて完成したというこのドウオモ。
あまりにも大きすぎて全部を写せませんでした。
ゴシック建築の壮大さに圧倒され、思わず「来た~っ」と叫んでしまいました。
弾丸ツアーでなければここで一日過ごしたいくらいの衝撃でした。

有名どころなので説明は省略しますが、
タイルに惚れるうつむき見学の写真を少しだけ紹介します。

IMG_0159_convert_20110515214803.jpg

太陽暦のラインは入り口近くにあります。
IMG_0175_convert_20110515214835.jpg

下ばかりでは何ですので、ステンドグラスもひとつだけ紹介します。
ステンドグラスの色合いもすばらしく、壁にかけられている絵画も相当数ありました。
P5010102_convert_20110515214929.jpg

これは小さい窓ですが、縦長の見事なステンドグラスもたくさんありました。
そして、何は置いてもこれは実物を見るのが一番だと実感しました。
壮大さ、荘厳さ、美しさ・・・あまりのすばらしさに観光客は口を開けて上ばかり見ているためなのでしょうか
花売りだったりミサンガ売りだったりが近づいてくる広場では、スリもまた多いらしく
とにかく注意に次ぐ注意が必要だったのが玉に傷です。

たまに傷と言ってしまうと失礼かも知れませんが、アーケードにあったマクドナルドもまた異様だったので掲載します。有名ブランドショップや一流レストランが連なる中で、しかもアーケードの真ん中の一角にあるマックです。
IMG_0151_convert_20110515220934.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_05_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.