マテーラ


そんな街があるとは知りませんでした。
洞窟住居。
「サッシ」と呼ばれるその住居はかつて貧民窟と呼ばれていたところだそうです。
IMG_0649_convert_20110523010059.jpg

最初にこの景色を見た時には、なんて石だらけの乾いたところなんだろうか・・・と思いました。
整備された街中にある井戸もこんな感じです。
IMG_0668_convert_20110523010329.jpg


800年前くらいの再現された室内に入ることが出来るので、そこで説明を聞きながら
室内を写真に収めてみました。
住宅といっても家畜(馬など)と一緒に、同じ部屋で暮らすような家です。においも相当だったのではないかと想像します。
IMG_0679_convert_20110523010448.jpg


でもキッチンは何故か「可愛い」と感じるようなおままごとでもしたくなるようなとでも言えば良いでしょうか、
そんな昔に造られたような気がしないものでした。
IMG_0682_convert_20110523011336.jpg

整備された地区の全景はこんな感じですが
P5050427_convert_20110523010405.jpg

昔のままの雰囲気がよく分かる谷まで歩いて見た景色は、少々様子が違っていました。
IMG_0672_convert_20110523011602.jpg

山肌に見える穴、穴、穴・・・それらは谷の岩場の、しかも斜面を掘って造られた洞窟のような住居です。
第二次大戦後にイタリア政府が住民を強制的に移住させて貴重な文化遺産の保護に乗り出したことから
街の整備が行われ始め、18年前に世界遺産に登録されてからはその貧民窟と言われていた洞窟住居が
世界中のお金持ちから注目され始め、およそ3千万円程度の費用を払い、この住居を購入して暮らし始めているそうです。2枚目の山肌の険しいところは整備が困難だったようで、電気も引くことができなかったそうです。


にほんブログ村 猫ブログ MIX洋猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_05_23


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.