ジュリエットで有名なベローナ


北イタリアのベローナといえば愛の街と言われているロミオとジュリエットの舞台で有名なところです。
世界遺産としては珍しく落書きが許された唯一の壁がありました。
みんな思い思いに自分や恋人の名前を書いていましたね。

P5010122_convert_20110525223157.jpg

人ごみでごったがえしていたので、書き込んでいる様子は写真に撮れませんでしたが
このアーチ状の入り口の壁(右側)がそれです。
そしてこのアーチを抜けると有名なバルコニーが見えます。
2階の右手にある、なんということはない小さなバルコニーです。

P5010121_convert_20110525223005.jpg

西洋人の観光客がそのバルコニーに立つと、なんだかヒロインになったような気分になれるみたいです。
入場料がかかりますし、人であふれていたので私はそこには入らずに
ベローナの街の広場に広がる屋台を見て歩きました。

P5010129_convert_20110525222546.jpg

P5010123_convert_20110525223409.jpg

IMG_0220_convert_20110525222917.jpg

こんな屋台で見つけたムラーノはキャンディみたいなネックレスです。
ムラーノ写真_convert_20110525224504

P5010134_convert_20110525223254.jpg

そしてまた忘れてならないのが「古代ローマ円形劇場」です。
今にも崩れ落ちそうな様子を呈していますが、まだまだ現役で活躍中とか。
音響が抜群だというこのコロシアムでは、毎年夏の野外オペラコンサートが開かれて
世界中からこの小さなベローナの街に人々が押し寄せてくるそうです。
定番は『アイーダ』だとか。
う~ん、そんな野外オペラを聴きに、この北イタリアに訪問できる人々がとても羨ましいです
折しもドラムの音が何かの準備でリズムを刻んでおり、鳴り響いていました。
確かにその響きの素晴らしさは想像に容易いものでした。

オペラといえば、鑑賞する時間が今回は無かったので
せめてものということで最終日にはオプションでカンツオーネの夕べに繰り出しました。
次の日記ではそのローマの夜を書きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_05_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.