不思議なオーシャンパーク


香港島の南にある海洋公園(オーシャンパーク)は広大な敷地で
迷子になりそうな、
それよりも見えているあれに乗りたいのにどうやって行けばいいの?
やっぱりそれも迷子と言うにふさわしい?不思議なところでした。

例えてみるなら・・・
ディズニーランドと(迷子になりそうで沢山歩かされる)
旭山動物園と(動物との距離感)
高級金魚専門店と(いかにも高そうなひらひらの金魚たち)
ちゅら海水族館と(規模は5分の1くらいの水槽で波打ってるところが違うけど)
八景島シーパラダイスを(乗り物のバイキングやコースター類)
ミックスして割ったようなところです。
IMG_1879_convert_20111012225029.jpg
IMG_1887_convert_20111015203335.jpg


上野動物園のように恭しくあるパンダ舎ではなく
そこに当たり前のように居るパンダの小屋があります。
9:30の開園と同時に慌てることなくそのパンダ舎を見て
感動の一撃を喰らいました。
IMG_1897_convert_20111012225133.jpg

さすがにガラス張りで舎内は寒く温度管理がされていますが
ガラス越しとはいえ手の届きそうな生パンダに時間も気にせず会えるのは
日本では有り得ない光景です。
えさを一心不乱に食べる様を見せてくれるサービスも十分です。
写真は撮り放題、ずっと見ていても誰も文句言いません。
こういうところはおおいに見習うべきですね~。

それから小動物の居る区域ではレッサーパンダのえさやりに遭遇し
こちらは本当に手が届きそうな距離での食事風景を見ることが出来ました。
IMG_1925_convert_20111012225211.jpg

飼育員の人が出てくるのを待ちわびた2頭のレッサーパンダが右往左往する様も、
可愛いしぐさでおねだりする様も思わず笑みがこぼれるのですが
飼育員のお姉さんが出てきた瞬間からは『可愛い~っっっ』という絶叫に変化しました。
とにかく可愛いその食べっぷり・・・くりくりんな愛らしい目、美味しそうに食べる口元、
抱きしめたくなるほどの可愛さでした。
これは一見の価値ありだと思います。

さて、高級金魚店のようとはどんなでしょうか。想像できますか?
例えばこんな陳列の仕方があるのか、、、というほど珍重されているのか
高級家具に水槽をはめ込んだような仕立てにまずは驚きます。
IMG_1940_convert_20111012230917.jpg

IMG_1934_convert_20111012225339.jpgIMG_1938_convert_20111012225451.jpgIMG_1937_convert_20111012225310.jpgIMG_1951_convert_20111012231410.jpg


出口にはこんなものもありました。香港らしい雰囲気はこんなところで感じます。
IMG_1955_convert_20111012231302.jpgIMG_1956_convert_20111012231337.jpg

まだまだ沢山あるのですがこのくらいで止めておこうと思います。

IMG_2020_convert_20111012231455.jpg 
水族館にはそれなりに魚たちが泳ぎ、展示方法も日本のものとあまり変わらない感じでした。

このオーシャンパークで感動したものはこれらの生き物たちだけではありません。
園内のフリーパスが徹底されていることにもありました。
入場者はすべての施設が利用でき、「ナントカパス」だの「これは利用できません」だの「別料金です」だのと
日本では当たり前のようになっているこの不便さが一切無いところが素晴らしいと思います。
入場料も2800円程度ですし、日本も見習うべきだと感じました。

乗り物もいろいろ有りましたが、規模は小さいので日本との比較にはなりません。
でもそれでいいと思います。これで十分楽しめるし。。。
遊園地のスペースまでは、麓から海洋列車に乗るかゴンドラに乗って
一山超えた向こう側に行きます。
向こう側の海は太平洋で、香港の南端に位置します。

帰りはゴンドラを利用しましたが、これがどんなアトラクションにも負けず
ジェットコースターの比ではありませんでした。
とても怖くて長くて、内蔵が縮み上がるとはこういうことかというほどの
断崖絶壁にヒョロ高く建つ支柱・・・風にあおられたらもうおしまいだろうと感じさせるような
ゴンドラの色とは正反対の(カラフルで楽しい乗り物だが)恐怖の乗り物です。

これはおすすめしません。
地震が無いからといって街中もまたヒョロ高いビルばかりが建ちますが
このゴンドラも安全性はどうなのか?とどこからともなく湧いてくる疑問は
降りる瞬間まで消えませんでした。

肝試しをしたい方は是非どうぞ。
風が少し有るときなんか最高に楽しめると思います。
私は二度と乗りたくないです(と言いながら、無事であった今は「楽しかった」です)

IMG_2008_convert_20111012233346.jpg 


ゴンドラ中間地点頃の景色です。右の真下は海。。。

次の日記ではお茶について書こうと思います。






スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2011_10_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.