ドバイの砂漠


砂漠というと誰でも頭の片隅でこの歌詞とともにメロディーが浮かんでくるのではないでしょうか。
もっとも、最近の若い人たちは知らないかも知れませんね。

月の砂漠をはるばると旅のらくだが行きました
金と銀とのくら置いて二つ並んで行きました

金の鞍には銀のかめ銀の鞍には金のかめ
二つのかめはそれぞれにひもで結んでありました

先の鞍には王子さまあとの鞍にはお姫さま
乗った二人はおそろいの白い上着を着てました

続きますがこのへんで。

砂漠と言っても、どれくらいのものなのか想像もつかないまま一路
車はぐんぐんと進んで行きます。
進む道路の両脇は既に砂漠だと思うのですが、緑が点在しているところなど
完全なる砂だけでは無い状態が続きました。
次第に砂部分が多くなり、一つ前の日記に掲載した標識にあるように、
この先にあるホテルは2軒。
アル・マハ・デザート・リゾート&スパ
ジュメイラ・バブ・アル・シャムズ・デザート・リゾート&スパ
私は後者のほうを利用しました。
ホテル周囲からの砂漠と戯れつつらくだと遊んだ夕暮れ時や
早朝の地平線からの日の出など、1泊ではもったいない!というわくわく感を味わいました。

IMG_3555_convert_20120516233141.jpg

IMG_3533_convert_20120516234155.jpg

IMG_3549_convert_20120516234442.jpg

裸足で歩くと気持ちよく子供なら寝転びたくなるでしょう。
らくだも立ったり座ったりして人間を乗せて よく言う事を聞いてくれてます。
鷹と砂漠も何だかとっても普段見る事の無い光景です。

IMG_3531_convert_20120516234245.jpg


IMG_3587_convert_20120516234109.jpg
日中の月ですね。

IMG_3580_convert_20120516233018.jpg

IMG_3581_convert_20120516233906.jpg
風で作られる砂の波。
見事なまでに延々と続きます。
IMG_3584_convert_20120516233945.jpg

そして翌朝を迎えて、砂漠のはてから太陽が昇る様子を待って待ってみた瞬間です。

IMG_3607_convert_20120516234333.jpg

あと1日滞在出来たら、もっとしたいことがありました。
夜はベリーダンスショーのステージが楽しめるアルハディーラでのテントバーベキューを楽しみましたが
月の砂漠をらくだに乗ってみたかったです。
暗闇に月明かりでとても幻想的でした。
記念写真だけ撮らせてもらい、12時間の長旅の疲れもあって早々に休んでしまいました。
その分、翌朝の日の出を絶対に見たかったので、それは実現出来て良かったです。

もう一度行きたいところベスト1です。



スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_05_17


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.