砂漠の地に咲く花


IMG_3614_convert_20120520180354.jpg

一番強烈な印象で残っているのはこのピンク色の鮮やかな花です。
なんと言う花なんでしょうか。
1年を通してほとんど雨が降らないこのドバイの砂漠地帯に
人間の手によって植え込まれ、毎日の水やりで管理されている花です。
豊かさの象徴が水と緑であることは、この地にひとたび足を踏み入れれば一目瞭然です。
普段何気なく咲いている花も、緑が若干 砂煙で白く濁った緑になろうとも
この地を緑で一杯にしたいという欲求はとても高いそうです。

気も遠くなるほどの距離を、どこの国でもやっているような街路樹で繋ぐことも
地面を見れば散水のための水の管も一緒に埋め込まれていることに気づかなくてはなりません。
ただただ感服せずには居られないほどです。
リゾートホテルのように植樹されている場合には、ある程度のデザイン性で
何キロも続くような街路樹とは違いますし、配置も敷地内に限定されますが
それでも1本1本の樹木なり植物には必ず水の配管が施されています。

砂漠に一本だけある延々に続く道路の脇に一定の間隔で水の管が埋め込まれていることは
緑の豊な国に暮らす私たちにとって、そして雨がもたらしてくれる自然の生命維持で
何千年と重ねられる樹齢が存在できることは
感謝すべきことではないかと目覚めさせてくれる事実でした。

IMG_3622_convert_20120520180429.jpg

IMG_3627_convert_20120520180504.jpg

IMG_3623_convert_20120520180544.jpg

ホテルの敷地内ということもあって、
そこには色とりどりの花が咲いていてとても楽しめる環境でしたが
ひとつひとつに施された命の水の管を見つけては、その植物に向かって
頑張れと声をかけずにはいられないほど、気温は5月上旬で40度前後のからから気象です。


IMG_3876_convert_20120520180755.jpg

おまけ写真は、モールに入っているカルフルールの果物の陳列棚です。

スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_05_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.