みれい元気です


6月の終わり頃から実験的にみれいの発作と投薬、天候との兼ね合いを見ています。
みれいの発作は、薬とは関係なく起こっている(現時点では起こっていないという)結果に傾きつつあります。

IMG_4531_convert_20120803113947.jpg

こんな風に昼寝をゆったりとしているところを見ていると安心します。
天候が崩れる前になると、どうしても起こしがちな発作のようですが、
低気圧の配置にもよるのではないか?と最近は感じます。
1ヶ月に2度程度はどうしても起こしてしまうこと、
週末に多いことがみれいの特徴です。

それから分ったことがもうひとつあります。
発作が起こる半日から1日前には、人の後を追うように常にぴったりとくっついてくることです。
室内で少しでも動けば足下にぴたっとすりすりしながらくっついて離れません。
甘えん坊になったみたいに極端です。

頭に高熱を抱えているような場合には、氷で冷やしたりして逃せることもあります。
発作時に高熱を伴う場合が多いので、いくらかでも予防になればと素人ながらも考えたわけです。

定まった周期で起こっている訳ではないことや、1ヶ月何も無いことや
投薬の有無に関係ないこと、これらがこの1ヶ月で分ったことです。
どうしても防げない発作時の、みれいの身の危険を守るための方法を
もっと完全なものにしたいと考えています。

メーカーにも問い合わせたりもしてみました。
こういう悩みを抱えた愛猫家のために商品化できないかと相談しましたが
やわらかいケージに入れてしまうというのが一番良い方法のようです。
少なくとも、みれいのように飛び上がったり転げ回ったりする激しい発作では
人間が怪我をしないように抱きかかえるにも限界を感じているので
みれい用にそのケージを用意してから私は入院をしたいなと考えています。

IMG_4215_convert_20120803113859.jpg
この写真は、発作を起こした翌日の夜のもので、みれいの左目の下あたりは何かにぶつけたあとが伺えます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_08_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.