21世紀美術館


病院へむかうための金沢への旅ともいえない旅その2は
金沢といえば?①兼六園 ②21世紀美術館
という基本的なところへの訪問もやっと果たしてくれたのは7月末のことでした。
観光目的では無いので、病院へ行くための前泊として
せっかくなので代表的なところへ少しだけ足を伸ばしたという感じです。
無理は禁物ですから、ここで事故でもあってはいけませんし
コッソリ出掛けてさっさと戻るような、そんな感じの訪問でした。
もっともあまりの暑さに観光だとしても欲張れませんでしたケドネ。

まずはお決まりの金沢駅から。
IMG_4485_convert_20120806195305.jpg

土日だと、周遊券というものが500円で購入でき、市内の名所巡りに
一日乗車券として何度でも乗降できるお得なものがあります。
ホテルにチェックインを済ませ、ホテルで販売されているその周遊券を調達し
21世紀美術館へGO!

IMG_4489_convert_20120806195406.jpg

外の暑さは尋常ではなく早く室内へと急いだため、外観写真は有りません。
日本の美術館はほとんどが撮影禁止なので、残念なことに
それらしいものは撮れませんでした。
唯一許されているのが、このプールだったので遠慮なく上から下から撮ってみました。

IMG_4491_convert_20120806195456.jpg

下に居る人が泳ぐようなまねをすると本当にもぐって泳いでいるように見えます。
お茶目な人が平泳ぎをしてくれてましたが、ちょっとだけだったので撮れませんでした。
あとはみなさん突っ立ってるだけで、底から人間が生えてる?みたいな
何やってるんでしょう???的なな写真しか撮れませんでしたが(苦笑)

IMG_4493_convert_20120806195527.jpg

下から覗くとこのような感じです。

プールの底は、といってもそこは底ではなくて地下室なんですが、
映し出されるさざ波はまるで本物のプールの底のようでした。

IMG_4495_convert_20120806195635.jpg

これがこの美術館の目玉となっているのでしょうか、「レアンドロのプール」と言われているものです。
トリップアドバイザーなどでも一度は泳いでみたいところにランクインされていたので期待して行きました。
面白いといえば面白いのですが、美術館としては現代的な作品しか無いので
ちょっとなじめずで残念ではありました。

美術館の地下へ行くエレベータは油圧式のものですが、壁が無いので驚きました。
車では行っていませんが、面白くて何度も乗ってしまいました。

さて、美術館で疲れた私は、兼六園を散策するにも気温38度はあろうかという炎天下のため
美術館内でお茶をして陽が傾くのを待ちました。

IMG_4505_convert_20120806200041.jpg

IMG_4504_convert_20120806195719.jpg

美術館の外を眺めながら真っ白な店内を埋め尽くすにぎわいのお店で
こんなパフェを・・・なあんてやってるからいけないんですね(反省)
でも美味しかったです。

スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_08_06


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.