頸椎ヘルニア 痛みとともにやってきた恐怖


ヘルニアの症状「私の場合」のお話の続きをします。




「ううぅっ」
怒りたくなるほどの激痛に耐えつつ、痛みが通り過ぎるのを待つ日々。
もちろん、神経に働きかける痛みどめの薬を飲んだ上でのことです。
最初は、その薬の効き具合も悪くてどうしようもありませんでした。
一日2回の服用限度のあるものだったので、
3回飲んだらもっと効き目があるのではないかと思い
病院に問い合わせをしたくらい痛みから逃れたくて仕方のない日々でした。
2回以上は飲み過ぎなので、座薬でしのぐようにという返事をいただき、
これは薬に頼らない方法も考えなければいけないと思いを改めました。
痛くなる前には横になって休む等の工夫をしながら
次第にその痛みとの付き合いかたもわかってくるようになりました。

最初の診察時にも症状は現れていましたが、
 右手に力が入らない
 ものがつかめない
 もったものを落とす
 文字が書けない

こんな症状がどんどん悪化していきました。
持ったつもりの物を落としてしまうことは、結婚以来24年、
食器を割ったことのなかった過去の記録をあっさりと塗り替えてしまいました。
何枚、何個食器を割ったことでしょう。
ショックでした。
右利きなのでどうしても一瞬、左手の介助が出る前に使えない右手が出てしまうのです。
これにはまいりました。

握力は左手の半分以下でした。
細かい作業もはばかられる上に掴むことが出来ないというのは
激痛とともに複合的な恐怖となって私を襲いました。

手術すれば大丈夫。
そう言い聞かせて手術の日を待ちわびました。
6月の終わりの受診から手術までの長く感じたこと・・・
それは、生涯終わりの無い恐怖に成り得る怖さとの戦いでもありました。

私の右手の指を動かす神経は、普通の神経が素麺程度の太さだとしたら
ひもかわうどんくらいに腫れ上がっていました。
この状態がずっとつづいてしまうと、神経の障害は慢性的になって治らなくなる可能性が
とても大きいそうです。
しかるべき時期に手術で圧迫している原因を取り去らなければ助けられないわけです。

いま私はその恐怖から解放され、あとは日常にもどるための静養期間を過ごしています。

手術した日のことは次の日記に書きたいと思います。


家でお留守番のミレコロのためにもがんばらなければ!




スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2012_08_31


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.