ちょうど渡航する前あたりに、テレビ番組でマラッカを目にする機会が何度かありました。
私はテレビ番組などに左右されるタイプではなく、行きたいところは常に心の中にあって、
行けるタイミングを見計らって出掛ける計画を立てます。
渡航前後になるとことさらその地域のことを取り上げる特集番組が目につくようになります。

さて、”早朝のクアラルンプールから一路マラッカへ”は、
一人でチャーターした車に運転手さんとガイドさんという
とっても贅沢な見物ツアーの始まりでもありました。
一人で滞在なので、安全には安全をとそのようになりました。

P5052759_convert_20130730195403.jpg
マラッカというとお決まりのように見ることの覆いオレンジ色の教会の建物のあるオランダ広場。

P5052766_convert_20130730195543.jpg定番といえば花で飾られたこの乗り物!トライショー。

P5052779_convert_20130730195652.jpg
女の子ならば思わず顔がほころぶ壁面に施された花、花、花。

P5052773_convert_20130730195138.jpg
実はこの川にはワニが居ます(嘘です)大トカゲが悠々と泳いでいます。
この川を渡ると中華街の賑わいのある建物が並ぶ地域に入ります。

P5052790_convert_20130730195746.jpg

ものすごくそそられる屋根の上の細工。

P5052797_convert_20130730195842.jpg

ここまでカラフルな陶磁だともう心の中は「♡」マークでいっぱいになります。
「やられた」そんな感じです。
青風亭(チェン・フーン・テン)ずっと眺めていたいです。

P5052788_convert_20130730200216.jpg

さてさて、マラッカで忘れてならないのがフランシスコザビエルの像ですね。
P5052750_convert_20130730195243.jpg

この像が立つ小高い丘の先にあるのがサンチャゴ砦です。
P5052748_convert_20130730194919.jpg

丘の中腹から南端を望むと・・・P5052744_convert_20130730195947.jpg

マラッカのおさらい
1400年 マラッカ王国誕生。
500年以上にわたりヨーロッパ列強に支配されたいた。
2008年に世界遺産に登録。

代表的なお伝統工芸は
ニョニャ・クバヤと呼ばれる繊細な刺繍の施された衣装。
1足に数千個ものビーズを使って作られるビーズサンダル

いずれも今回の旅では買い求めることはなく終わりましたが。
(その前のバングラデシュでの刺繍ものに心を奪われたため、マラッカのものには気持ちが向かなかったのです)
マラッカはわいわいと女子会みたいに出掛けてみるのが楽しいかな、と思います。

訪問した時は5年に一度の選挙の日だったようで、お店は軒並み閉まっていました。
選挙の投票率について聞いてみると、若者ほど積極的だと言います。
理由は5回棄権すると国籍を剥奪されるそうです。
それくらい厳しいと若者も選挙や政治に関心を持たざるを得ないですね。
マレーシア、凄いですね。

スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_07_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.