密林の夕暮れ


雨のち曇り、そしてなんとなく夕暮れ。
でもしっかりと夕焼けを堪能できたボルネオの川下りの様子を、
写真を並べて記録にのこしておこうと思います。

P5103152_convert_20130815090014.jpg

P5103156_convert_20130815090114.jpg

P5103158_convert_20130815090327.jpg

P5103161_convert_20130815090400.jpg

P5103162_convert_20130815090437.jpg

P5103169_convert_20130815090638.jpg

この一瞬の合間にピンク色の世界も広がりました。

IMG_8135_convert_20130815090829.jpg

P5103169_convert_20130815090638.jpg

P5103176_convert_20130815090958.jpg

P5103179_convert_20130815090906.jpg

このあとは闇に包まれて、そしてどこからともなく虫の合唱がそこかしこに。
大自然の営みを時間とともにこんなにも身近に感じることはそうそう無いことで、
とても貴重な体験が出来たと思います。
色、空気、音、動物、虫・・・・・・

もうひとつ忘れてはならないのが、ホタルの好んで宿る木があり
クリスマスツリーと呼ばれるものが暗闇の中で輝きを放ってクライマックスを迎えることです。
ホタルの木はダイアモンドのツリーのようでもありました。
暗闇というものが無い現代社会では、体験することの無い暗闇です。
これだけだと本当に怖いのですが、やがて目にするホタルの木で歓声が上がり
ゆっくりと出発した船着き場に船は進んでこのツアーは終了です。

コタキナバルから車で2時間はかかって移動して実現するこのガラマ川クルージングツアー。
テングザル、カニクイザルは必ず見えます。是非訪れる機会があったら参加してみてください。


スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2013_08_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.