オランウータンプロジェクト


5月の日記を今頃書くことになるなんて・・・
この夏以降は家の事情も変わり、何かと多忙で日記を書く時間がなく過ぎています。

忘れかけた記憶をたぐり寄せて、
オランウータンプロジェクトを見学した時のことを書きます。

P5082992_convert_20130921222648.jpg

私たちの暮らしの中で、オランウータンという生き物は特別ではなく
ごくごく当たり前に皆が知っている生き物の代表格のような存在ですが、
このオランウータンが絶滅の危惧種になっているというのもまた事実です。

人間の行って来た森林伐採に始まり、自然火災などでも失われた密林が
彼らの住処をなくし、生存の効きにさらされているというのです。
オランウータンはマレー語で「森の人」という意味だそうで、
まさに森林が無いと生きて行けない動物です。
ボルネオ島とスマトラ島に生息していると言われていますので、
ボルネオに行ったら是非ともこのオランウータンプロジェクトを見学(参加)して、
一企業だけの問題への取り組みにとどまらせずに、保護活動が多くの人々に支援してもらい進んでいくことを
本当に願う日ともなりました。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
◆オランウータンプロジェクト(シャングリラ)

宿泊先は姉妹ホテルのタンジュンアルリゾートでしたが、
タンジュンからはシャトルバスで1時間ほどのバスの旅となります。
バス代金が1000円くらいかかることと、保護への協力として入場料がかかりますが
是非とも保護活動に役立てていただきたいと思いました。

IMG_7961_convert_20130921223041.jpg

人間に近い生き物であり、知能も発達している彼ら。
どうか、愚かな森林伐採や密輸などはやめて、彼らに生きる権利を与えて欲しい・・・

保護したオランウータンを自然に返す取り組みも説明は英語ですがビデオで上映があります。
そして、握手が出来そうなほど身近に見ることができるのと、我々人間が彼らの住処に入っていくという
お邪魔しますと言いたくなるようなほどの、森林保護地区となっていて、
彼らが逆に人間を観察するかのように近くまでやってきます。

ボルネオ島を訪問したら、このシャングリ・ラの取り組みに参加して欲しいなと思います。
IMG_7972_convert_20130921230054.jpg
スポンサーサイト

 2013_09_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.