ギリシャ!ギリシャ!


P4303757_convert_20140513231145.jpg

念願のギリシャに行って来ました。
数年前のギリシャ危機の影響で断念してから思いは更に募り
何とかして行きたいと思っていました。
銀婚式記念だから頑張って行く!そう決めてから半年。

アテネへは直行便が無いのでどこかで乗継ぎが必要となります。
私たちはエミレーツ航空でドバイ経由にしました。
乗継ぎの時間が一番無駄なくスムーズに出来て良かったです。

アテネで1泊するため、旧市街のシンダグマ広場から徒歩圏内のホテルにチェックインする前に
お決まりのアクロポリスやゼウス神殿、オリンピックの地など歴史の教科書に真っ先に出て来るような場所を次々に訪れては感激しました。

IMG_0313_convert_20140513230322.jpg

ヨーロッパの建物はどこもかしこも修復工事が盛んに行われていて、
このアクロポリスもブルトーザなどが当然のように置いてありました。
この先の旅路でもあらゆるところの修復場面に遭遇しました。

エレクティオンの乙女像の柱も今や博物館にホンモノは移動し、レプリカが迎えてくれます。

オデオンは今でも音楽会が繰り広げられると聞きました。32段の観客席におよそ5000人も収容できるといいます。
夏のコンサート開催時期にもう一度訪れて、昔の音の響きを是非とも体感したいものです。

シンタグマ広場に移動すると、衛兵の交代式が繰り広げられていました。
24時間、交代制で守っているそうですが、この衛兵になるための条件はとても厳しく
まず成績優秀、美男子、長身で180センチ以上。
これをクリアできても、特段のお給料が貰えるわけではなく、いわば名誉職なのだそうです。

P4303771_convert_20140513231424.jpg

P4303775_convert_20140513231456.jpg

確かにとってもカッコイイ交代式でした。
動いているときはただ見ているだけですが、静止している時には並んで写真も撮ってくれるそうで、
一緒に撮らなかったことをちょっと後悔(笑)しています。

そうそう、この靴の先についているぽんぽんがとても印象的で、
お土産やさんには必ずこれを模倣したものが売られています。
周囲に描かれているのはまさにギリシャの幾何学模様で、アクセサリーなどにも施されている
定番の柄のようでした。なんだかとっても可愛いです。温かそうなので、高齢の父への土産としました。
これで冬場は足下を温めてもらえたら良いなと思います。
IMG_2220_convert_20140513233434.jpg


それからオリンピック発祥の地ということでお決まりのここはトラック立派にありますが、
今では使われていない記念の地となっているそうです。もったいないですね。
IMG_0366_convert_20140513231327.jpg

ギリシャについて一言。
ギリシャ人の気質について聞いてみました。
速攻でかえって来た言葉は「亭主関白」でした。
女性は結婚し家庭を守るのが良いとされ、女性が外で働く機会はごく最近までは無かったそうです。
今は女性も大学を出て職を得ることも当たり前となって来ていますが、
就職難はとても激しく、大学を主席で卒業してもコネがないと就職は出来ないので、
優秀な子供たちはみな奨学金を得て海外の大学に進学し、
そのまま海外で活躍の場を得るため自国には帰らないといいます。
大学までの授業料は無料であるので、皆安心して学べるのだけれども
こうした国に利益をもたらすはずの優秀な人材が流出する事が現実であり、仕方が無いといいます。

話題を電力に変えてみました。
飛行機の中から見えた景色にも風力発電が沢山見えたからです。
主力は火力発電で、水力、そしてエーゲ海の波はかなり強く、
実はエーゲ海クルーズなどは船酔い覚悟で乗船することが必須だそうで(決して優雅ではないそうです)、
その波を利用した波動発電の研究が進んでいるとのことでした。
火力発電は自然に優しくないとの考えからだそうですが、やるじゃない〜ギリシャ!
益々好きになりました。・・・が・・・

トイレ事情も伺ってみたところ、う〜んこれはどうなのかなあ?という思いになりました。
水洗トイレは普及しているのですがペーパー類の質が悪く、
一般家庭では特に一緒には流さずに捨てる汚物入れが用意されているそうです。
ホテルでも実際そのようでした。ふたを開けたくない・・・でも流したら詰まってしまう・・・

医療は言わずもがなで、全員が無料で受けられた時代がごく最近まであったようです。
ただしこれは救急医療で、外国人も含めてのことというのですから、それはそれは素晴らしい考え方です。
でも、国が破綻してからはこの制度は無くなったというので、何でも無料が良い訳ではないだろうとも思いました。
結局、ただより高いものはないってことになってしまうのですよね・・・


次の日記では食べ物の紹介をしたいと思います。



スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記
 2014_05_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.