今更の公開!ギリシャの朝


2014年の春に編集のままだった日記が目に止まったので、今更の公開にします。

朝は8時からの朝食で、パン一切れに珈琲とトマトやきゅうり、ピーマンと言った野菜を切った素朴なサラダにギリシャヨーグルトをゆっくりといただくことから始まります。
クルミやプルーン、ハチミツなどを混ぜて豪華なヨーグルトです。
ゆで卵を一つは塩でシンプルにいただきました。
こういう離島に来たら、都会の高級ホテルに居るような豪勢な朝食は期待しないのがマナーだと私は思っています。
それに、食事のスタート時間も実にのんびりなので、あくせくと働く日本人には面食らう部分もあったりします。
そうなれば、もうこのギリシャ時間で行動するがよろしいとばかりに、
食事の後は少しゆっくり目に出掛けることにしました。



9時15分にタクシーに乗ってフィラの街まで行ってみることにしました。
この旅行を計画した最初に予約していたホテル"アトランティック”のある
サントリーニ島の中心部、繁華街です。
ここに来た理由はケーブルカーに乗って港まで降りて、登りはドンキーにのるためでした。
うん悪く3時間ほどで火山島を渡る温泉付きの船には乗り損ねてしまう羽目に。
当初は3時間後に出向する船ででるつもりで、時間潰しにお昼を食べたものの余りにも時間が惜しくなり、直ぐにドンキーに乗ってフィラの街まで登ることにした次第です。
P5023890_convert_20140531131716.jpg


ドンキーは穏やかそうに見えるのですが、 どうしてどうして。
この世の最後かと思わされる位の恐怖体験が待っていました。
乗車料金は一人5ユーロだったかを支払いました。

乗るや否や猛進したり立ち止まったりと、至ってマイペースばロバでしたが、
急勾配な上にかんかん照りの炎天下ではロバだって嫌にもなりますよね、だいたい重たいし私。。。
ごめんねロバ君重たくてと何度も心の中でつぶやきました。
何度か唱えては無事を祈っていたのですが、そのうちに上から降りてくるロバ君集団とすれ違うことになりました。ロバにしてみれば乗客の足などは気にもならず、ロバ自身がすれ違えれば良いわけなので、ぎゅうぎゅうに幅寄せしながら登って行くのです。これには苦笑どころか足が潰れるかと思いました。痛いよロバ君、擦れて発火しちゃうよ、、、
かと思うと、こんどは立ち止まって休憩?
余りにも長い休憩になるとロバ使いが掛け声やムチを使って発奮させるのでこれもまた可哀想な光景でした。
その度にロバは「もーーーーわかってるよ、行けばいいんでしょ、行けば」と、
猛烈な勢いで登って行くわけです。
しかも、前を登るロバを追い越してまでの意気込みで発奮しすぎです。
何度か落馬しそうになったのでとても怖かったです。
階段はロバの糞だらけで匂いも凄いのですが、草食動物の排泄物ですから干し草の発酵した匂いで嫌なものでは無かったものの、
前のロバが糞をボトボト落とすのを見ながらなので、いささか目のやり場には困りました。

下りには絶対に乗れないだろうという恐怖感満点の体験でした。
IMG_0465_convert_20140531124830.jpg

荒くれドンキー(笑)を降りた後はイアまでバスに乗りました。

イア行きのバスは一番人気のようで、乗客は目一杯で座れませんでした。
途中下車の乗客が居たので残りの半分くらいは座れたのでラッキーでした。
バスが通る道は高台のルートで、眺めがとても良かったのでまた乗りたいと思いました。
サントリーニの空港からイアまで初めて利用したタクシーは25ユーロ、バスは1.6ユーロ。
タクシーとバスとでは一桁も違う!(笑)

一度ホテルに帰り、ルームサービスで珈琲を頼んだりしてまったりしました。
IMG_0106.jpg

一息ついたところでパパは海岸まで降りてくるといって出かけ、私は疲れもあり休むことにしました。
程なく海岸から階段でゼーハー登って帰って来た汗だくのパパをテラスのジャグジーに入れることにしました。
気候はプールや屋外のジャグジーに入るほどまで気温上昇はまだないものの、直射日光は強くて、日が差しているとじりじりと暑いし、実際日焼けもするくらいなのでなんとか入れる気候でした。
水着を持参しなかったので、下着のパンツ姿で入ったパパは、
エーゲ海を眼下に見おろしながらの贅沢な非日常を堪能出来ました。
土日も、更にこうして海外旅行に出て居ても仕事をしているのだから、ご褒美だと思って良いと思いますが、こんな世界があるのかとすっかり腑抜け状態になってしまったパパ。
でもね、結婚して25年ありがとうパパ!です。

夕陽は展望台に行って見ました。
P5033906_convert_20140518005124.jpg

前日にホテルから展望台の人の鈴なり状態をみて、これは行ってみるべしと出向いてみました。
良い場所を探して、2時間も岩のようにじっと待ったのには疲れましたが。
陽が高い間は海面に太陽の道ができてそれはそれで普段見られない光景です。
何と神々しいのだろうかと目に焼き付けるのには十分な時間がありました。
P5033917_convert_20140518005326.jpg

P5033913_convert_20140518005232.jpg

イアの夕陽は世界一と称賛されますが、本当に素晴らしいものでした。

スポンサーサイト

 2017_03_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.