初ウーゾ(ウゾ)


パルテノン神殿、エレクティオン・・・
いったいどれだけの人がこの建物に関わって、そしてどれだけの人がこの歴史的な建物を見物にやって来たのでしょう。
ゼウス神殿(高さ17.25mの円柱が104本立っていたうち、今は数本と数えるほどになっている)写真からは見て取れないのですが、地面にはカモミールの絨毯が広がっていました。踏みつけるのがもったいない!ほど可憐な花を一面に咲かせていて、とてもとても素敵な広場でした。
P4303762_convert_20140516001222.jpg

オリンピックやシンタグマ広場(前の日記に写真あり)

遠く眺めたのは古代アゴラ
P4303759_convert_20140516001308.jpg

短時間ではあったけれど、アテネの代表的な古代建造物を見て興奮冷めやらぬ夜は
なかなか暮れずにいつまでも明るかったのが印象的でした。
ホテルでのチェックインを夕方に済ませると、夕食のお店を見つける気分になり
ふらふらと旧市街プラカ地区を歩きました。

世界各国にはその土地なりの食べ物や飲み物があります。
「ギリシャに来たならば是非ウーゾ(ウゾ)をお楽しみください」と
アテネの空港からホテルまで出迎えて下さった方から聞いていたので、
もともとお酒には弱くて疎い私ですが、旅に出ると何でも挑戦!とばかりに
客引きにまんまと引かれたお店で
(そのお店はギリシャのガイドブックに紹介されているお店で、
客引きも片言ながらも日本語の発音が上手ですっかり引き込まれてしまいます。商売上手:笑)

IMG_0035_convert_20140515235446.jpg

座ると早速「ウーゾぷりーず」
「グラスはふたつかい?」とその客引きが軽快に尋ねてくるので「勿論」というと、
透明な液体の入った小瓶とグラスと、頼まないのにお水と水用のグラスも運んでくれました。
人生初体験のウーゾはとても強烈なパンチ!の効いた飲み物(お酒:それまでそれがお酒なんだかもよくわからず)で、
実際問題としては「飲めません、駄目ですこれ強すぎます」状態の私を見て、
「あなたはお水で割って飲みなさい」と先ほどの客引きさんが(笑)
それもそのはず、アルコール度数は40度と書かれています。知らないで口にするとは(笑)
水を入れるとあら不思議、透明だった液体は白く濁りました。
ウーゾには独特の香りがあります。
八角とカルダモンの香りがついた蒸留酒で、ある修道士がツィプロというお酒に香りを付けたことから始まるそうです。
甘い香りがするのと独特な味わいで強さは別として、とても美味しいと思いました。

料理は、オーソドックスなところでタラモサラダにムサカ、いかの揚げたものなどを。
IMG_0036_convert_20140515235342.jpg

IMG_0041_convert_20140516001102.jpg

IMG_0042_convert_20140516001130.jpg


ゆっくりと食べ終わる頃になるとようやく太陽が沈み、夜がとても遅いここはヨーロッパだなあと感じながらも
辺りも暗くなり始め、古代遺跡へのライトアップが楽しめました。

IMG_0381_convert_20140516003531.jpg

アテネの夜はそれからは早く過ぎていきました。。。
いよいよ翌日はサントリーニ島へ! 

◆おまけ◆
お土産に買ったウーゾのキャンディは私の中では結構お気に入りとなりました。

IMG_2226_convert_20140516004159.jpg




スポンサーサイト

 2014_05_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.