オランジュリー美術館とモネの家ジヴェルニー


美術館巡りのためだけにパリを訪れたわけではありませんが
パリの日記3つ目もやはり美術館となります。
オランジュリー美術館といって、クロード・モネの睡蓮の連作を収めるための美術館といっても良いくらいのところです。
IMG_1608_convert_20140727205326.jpg

睡蓮の絵は撮影禁止だったので、ネット検索で出た物を流用させていただくことにします。
orangerie7.jpg

他の部屋では何枚か迷惑にならないように撮れたものが次の絵画たちです。
IMG_1611_convert_20140727205355.jpg

IMG_1613_convert_20140727205432.jpg

IMG_1612_convert_20140727205512.jpg

IMG_1610_convert_20140727205550.jpg

IMG_1609_convert_20140727205622.jpg

オランジュリー美術館はチュイルリー公園の一角にあって、ルーブルやオルセーの比較的近くにあります。
温室を改造したという建物は天井のガラスから日差しが足込む明るい建物です。

さて、この美術館の代表作であうモネの睡蓮は、実際に画家が暮らしたノルマンディー地方のジヴェルニーというところに、とても素晴らしい邸宅と庭園があるので訪問してみました。
モネは画家としての筆を握る時間以外は、庭仕事を愛し、綺麗な花たちに囲まれて過ごしたそうです。
大抵の画家は生きている間には売れずに苦しい生活を強いられるそうですが、
モネだけは活躍する傍からとても人気があって、とても裕福な生涯を過ごした珍しい画家だそうです。
館の前は5月初めの訪問時にはチューリップが整然と咲いていました。
P5074347_convert_20140727203833.jpg

庭園も広く、案内板も立てられていて、世話をする人々がそこかしこに居ました。
P5074365_convert_20140727204140.jpg

そうして手入れの行き届いた庭園は、四季折々の花が咲き乱れるのです。
睡蓮は6月にならないと咲かないので、花を想像しながら葉を見つめたり
5月の庭はなんと素晴らしく花々が咲き乱れているのだろうと
どこを撮っても絵になる植物のパラダイスでした。

P5074363_convert_20140727204058.jpg

IMG_1590_convert_20140727204918.jpg

IMG_1501_convert_20140727204403.jpg

IMG_1543_convert_20140727205807.jpg

IMG_1483_convert_20140727204508.jpg

屋敷の中にも入ることが出来ますが、そこは撮影禁止で、
モネが影響をとても受けたという日本の浮世絵が所狭しと飾られていたり、
食堂として使われている黄色が基調となっている可愛らしいキッチンには
実際に使われていたという鍋類が壁一面に下がっていました。
唯一許された撮影は家の中から外を見る景色だけです。
奥様の寝室からの眺めだけを収めてきました。

IMG_1583_convert_20140727205731.jpg

この窓から外を眺めるご夫人の見た景色は、今も変わらないのだろうか
とか
こんなに緑の豊かな庭園に池まであってアトリエも整っていて仕事がしやすかっただろうなあ
とか
ストレスなんていうものとは無縁の暮らしだったに違いない
とか
いろいろ、いろいろ、思いを馳せました。
勿論館の中にはモネの作品が所狭しと並んで飾ってあります。
当然のことながら、美術館にはないものです。
数多く並んでいた浮世絵については、外国人にはその良さが分らないのかどうか?
見ていても素通りであることに若干の寂しさを覚えましたが、
まあ、そこは文化の違いと日本ではないところでの日本の評価は難しいのかなあ?と、
日本人としてはこれほど嬉しい光景は無いのですが・・・などなどなど。

1年の中で一番美しい庭園を楽しむならば、5月から6月だと思いますが、
その中でも睡蓮が咲くのは6月で、そうなると館の前のチューリップは違う花になっています。
つい最近渡仏した知人の報告では、ゼラニュームが咲いていたようです。
バラも本格的に咲き乱れる時期ですし、ヨーロッパはだいたいがこの6月前後が一番美しいので
仕事を終えて、いつでも行かれるようになった暁には、もう一度ゆっくりと出掛けてみたい庭園の一つとなりました。

スポンサーサイト

 2014_07_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.