インドネシア料理とホワイトアスパラにありつく!


実はこの旅行では食の楽しみは泣く泣く中止としたベルギーでと思っていたため
あまり熱心には調べずに出かけたも同然でした。
それでもアムステルダムに在住だという元職場の人の先輩という方に
是非行くべきお店を尋ねてもらったところ、
Kantjil カンチルというインドネシア料理のお店を紹介されました。
IMG_6102_convert_20160911011125.jpg

IMG_6094_convert_20160911011255.jpg

オランダは350年に及ぶインドネシア統治時代があった過去があり、
その名残としてオランダにインドネシア料理が今でも多くあるようです。
大人数でテーブルを囲むならばより一層楽しめるようでしたが
二人ではなかなか難しいと思っていたところに目に留まったのは
ワインと色んな種類が二つずつセットになったハイワインというものでした。
IMG_6096_2_convert_20160911011335.jpg

外は相変わらずの小雨もしくはヒョウの降る寒さです。
IMG_6097_convert_20160911012445.jpg

でもまたすぐに止んで晴れてくるのが不思議なオランダの気候は
現地の人も驚くほどの悪天候だったと言います。
なるほど、最強の晴れ女を自負する私をもってしても
終日晴れということが少なかったわけです。

さて、この前にはタッセルの専門店に行ったのですが
これは後日番外編として書きたいと思います。

午後からの予定は風車を見るためにザーンセスカンスに行くツアーへの参加でした。
IMG_6117_convert_20160911010728.jpg

木靴の工場も見学しました。
IMG_6125_2_convert_20160911011047.jpg

フォーレンダムにも行きました。
ツアーの名称は「Volendam,Marken and Windmills」
幾つかの乗り物、バス、船、などに乗ってオランダ北部の村を訪れます。

IMG_6128_convert_20160911011519.jpg

途中、軽食をとる時間が設けられましたが、fast foodのようなボリュームのある
若向きの場所だったため、集合時間と場所を確認して別行動を取りました。
嗅覚が働くというか、おいしいものを少しで良いので食べたい私たちには短時間でも諦めない
という強い意志で(笑)名店を探し当てました!(と今でも思っています)
IMG_3813_convert_20160911011413.jpg

ビール2本とホワイトアスパラを注文しますが、
団体客で占められていた店内は空席がどうにか一つ二つあるだけで
なかなか給仕の方も来てくれず、時間が無いことを伝えかなり無理を言って
なんとかありつけた季節の「ホワイトアスパラ」を堪能することが出来ました。
IMG_3951_convert_20160911011612.jpg

食べ終わるころになると、ツアー客の中の見覚えのある旅行客が入店してきましたが、
満員のため断られていました。

IMG_3952_convert_20160911011544.jpg

港町フォーレンダム
船に乗って行ったマルケン島(アイゼル湖に浮かぶ島だったところ)
楽しい半日のツアーに参加できて良かったと思います。

写真はツアーの発着のための集合場所であるベルトラの営業所から
アムステルダム中央駅を望んで。
IMG_6104_convert_20160911011446.jpg

オランダが何故チーズの国になったのか、今更ながらなるほど!という解説を聞きながら
バスに揺られて再びアムステルダムに戻ると程よい夕暮れときになっていて
翌日からのさらなる美術館巡りに期待しながら、夜は比較的早くばたんきゅうーとなるのでした。



スポンサーサイト

 2016_09_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.