デン・ハーグといえば「真珠の耳飾りの少女」


IMG_6385_convert_20160913103107.jpg

デン・ハーグといえば2014年にリニューアルオープンしたマウリッツハウス美術館にある
世界一有名な少女の絵と言われる「真珠の耳飾りの少女」の絵です。

IMG_6357_convert_20160913103207.jpg

これを見ずしてオランダに行ってきた!とは言いたくないというくらいの存在感があって、
また実物を本場で見る!という贅沢な時間が実現できたことは何にも勝る寶です。
天井画はシャガール、壁は紅くてパリのオペラ座や美術館を思い出す雰囲気でした。
IMG_6370_convert_20160913190706.jpg

渡航する直前まではここには立ち寄れないかも知れない計画だったので、
美術館巡りとこの後に続くデルフトまでの遠出という値段も張るけど行かれる!
という欲張りツアーに申し込んで大正解でした。

IMG_6368_2_convert_20160913103237.jpg

また、
今年の春ごろから受け始めたレッスンで興味を一段と持ち始めたタッセルを、
美術館のあちこちの窓で見る事が出来ました。
レッスンもだいぶ進んだ現在では、もう一度改めて見たいという欲求に駆られています。

お世話になったガイドさんは日本人の女性で、現地在住20余年という大ベテランの方でした。
好奇心をとてもくすぐるので、矢継ぎ早に質問やら要望などを興奮気味に言うのですが、
いやな顔一つせず、とことんおつきあいいただける素晴らしい方でした。
しかもこの1日だけで2万7千歩も一緒に歩いていただきました!パワフル!!!

◆ガイドさん情報◆

Norikoさん


デン・ハーグの駅前はとても開けていて、日本でいうなら大手町といった雰囲気です。
政治の中心としてオランダ国王の暮らす街としてもガイドブックでは紹介されている
ロイヤルシティですね。
中世の建物は???という感覚に一瞬陥るのですが、
美術館までは10分程度歩いて商店街なども抜けて行くと段々と街並みもそれなりに変化します。
そしてまた行きの飛行機の中で見た”ここにしかお店が無い”というチョコレートのお店「Hop Stork」があるので
  ちょっと待って(苦笑)とそこで歩みはストップするという→→→えーと、現金ではなくてカードで!(笑)
  あ、あの、カード、使えますか?(使えないと困るんですけど!な勢い)・・・どれだけ買うのだか〜(笑)
既に日記のタイトルからは外れてしまっていますが、
見るもの全てが興奮剤、起爆剤となって、あちこちで小爆発してしまうという性分で、
特にチョコレート屋さんには鼻血出してでも行く!という気合いの入れようです。
恥ずかしながら、ベルギーを諦めた反動がこんなところに出てしまっておりました。
花より団子でございますが、ガイドさんもオススメのお店だといい、
試食のために私たち4人に幾つか買い求めてくださいました。
なんと嬉しいことでしょう!
ショウウインドウに並ぶチョコレートは、飛行機の中で見た雑誌に載っていた通りの
王冠やハイヒールや香水瓶など、オンナゴコロがくすぐられるものばかり!
もちろんこれはディスプレーでしょうが、値段も付いているので買うことは可能なようです。
激しく王冠に魅かれますが、そこは食べられるお土産をゲットしなくては。
ということで、選びきれない私のような旅行客には有り難い全種類入った一箱がちゃんと用意されていました。
これは父のためのお土産としてだけ買いました。
持運び時に溶けてしまう可能性もあるので、高級なチョコレートは難しいですね。
でも白状すると、旅行中ホテルの部屋で自分たちの食べる一箱というのもゲットしておきましたけど(笑)
IMG_7323_convert_20160913172018.jpg

IMG_7324_(1)_convert_20160913172044.jpg

IMG_6404_convert_20160913171814.jpg

IMG_6468_convert_20160913173014.jpg

IMG_6661_convert_20160913173056.jpg

IMG_6398_convert_20160913171846.jpg
こんな素敵なアーケード内にこのお店があります。

さて、この日記はマウリッツでしたが・・・
IMG_6383_convert_20160913171916.jpg

建物の話をするならば、マウリッツハウスの窓辺から見える池が素敵です。
この日の午前中は素晴らしく晴れていたのですが
デン・ハーグに着いたあたりで少し曇り空に。本当にめまぐるしく変わるオランダの天気です。
IMG_6376_2_convert_20160913190640.jpg

「真珠の耳飾りの少女」の他には、フェルメールの作品「デルフトの眺望」や
IMG_6362_convert_20160913191002.jpg

レンブラント「テュルプ博士の解剖学講義」などのほか
IMG_6372_convert_20160913190600.jpg

美術館としては小さいながらもフランドル絵画の数々が並び、見応えは十分にありました。
IMG_6381_convert_20160913190539.jpg

IMG_6379_convert_20160913190451.jpg

IMG_6377_convert_20160913190515.jpg

再訪時にはデン・ハーグに滞在を長くして、このマウリッツ始め他にも行きたかったハーグ市立博物館、
メスダグで大パノラマを見る!と心に決めています。
スポンサーサイト

 2016_09_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.