タッセル教室開講します その3

Category: タッセル  

茅ヶ崎に住んで早くも23年目に突入した今年のクリスマス。
この私がそれまで少しも手を出さないで来た部類のタッセルを作成することに
生きがいを感じるようになるとは思いませんでした。

思えば遠い過去、夜なべの被服専攻に在学中に嫌というほどの手芸をやっては来ました。
当時も飼い猫が2匹家に居て、和裁を極めたいと高い高い反物が教材であることに
多少の罪悪感を感じながらもほいほいと楽しく苦しんで(笑)、時に猫に足跡をつけられて
洗い張りに出したりと提出期限に間に合わないよ!という散々な経験があります。
そうしながら和裁の技術だけは何とか一通り身につけたものでした。
それに比べたらまだ数時間で完成できるタッセルは優しい部類だと思います。
でも、実はそんなに優しいものでも無いことを最近感じています。
海外で見てくるタッセルはとても大きくて華やかで、立派で装飾的で
まだまだ磨かないと!と感じさせるものばかりです。

こういう立派なものを作りたい!
FullSizeRender.jpg

IMG_9408.jpg

IMG_9409.jpg

これらは銀座のタッセルのお店「G-notions」さんで写真を撮らせてもらい掲載許可を得たものとなりますが、
大変高価な素材でできている作品で、最初の赤いシルク製はお触り一切禁止の宝物です。
数万ではなく数十万とするようなものだそうで。
頑張りますよ〜。

とそういえばこのブログはミレコロ日記で、もともとは愛猫の日記でした。
愛猫はどこに行ったかというと、健在です。
先代の美麗は天国に旅立ってからこの12月4日で丸4年が経ちました。
今いるロシアンブルーはそれからすぐにやってきた美月で、4歳4ヶ月を過ぎました。
先代の心(コロ)は天国の美麗と同じなので早くも9歳を超えましたがとっても元気です。

そんな2匹がタッセルの房をイタヅラしないか?という声があちこちから聞こえてきますが、
とてもお利口さんの2匹で、美月はクッションにまでして休んでいます。
貫禄たっぷりな女王様風です。
IMG_7692_convert_20161229234443.jpg

時折はこのようにポンポンで遊んだりもしますが、滅多に房には触れません。
IMG_8780_convert_20161229234529.jpg

IMG_6816_convert_20161229234408.jpg

オランダに行っている時も留守を息子に任せましたが、一切乱れた形跡はなく
本当に戯れずに過ごしてくれています。関心関心。

というわけで、茅ヶ崎の自宅マンションでのタッセル教室は新年6日に生徒さんをお迎えして開講と相成りました。
引き続き、私自身も学び研磨していきたいと思います。
生徒さんも大募集です。
神奈川県にお住まいの方、駐車場も3台まで完備していますので通い難いという事もありません。
JR茅ヶ崎駅から歩くと15分程度かかりますが、バスに乗れば数分で到着、
下車バス停目の前のためとても便利な立地だと思います。(詳細は直接のやりとりでお願いします)
お問合せは以下のホームページからご確認ください。

💎タッセル教室「ラナンキュラス」ホームページはこちら
ラナン・レイ「ラナンキュラス」
スポンサーサイト

 2016_12_29


Comments

Re: はじめまして‥♪ 

初めまして。
心配ですね発作。
発作の原因は突き止めたのでしょうか?
我が家にいた先代の子はてんかんでした。
てんかんであることを証明するために、あらゆる検査で他でも起こりうる発作を
片っ端から排除していき診断が下りました。
結局は発作は繰り返し起こり、4歳足らずという短い生涯を終えたのですが
今思うことは、発作は起こさせないように投薬するしか方法はなく
それでも繰り返し起こりますので、前兆を見逃さず始まりそうになったら
洗濯ネットで全身をすっぽりかぶせるのが良いと思います。
ケージに押し込んでも、中で血だらけになってしまうのです。
なので、ケージにはぐるりと柔らかいバスタオルを敷き詰めて壁も天井もどこに当たっても傷つかないようにするのが良いと思います。
爪は短くこまめに切って、飼い主さんが傷だらけにならないようにすることも大切だと思います。
どうぞおだいじになさってください!


> ここにコメントするのは違うのかな?と思いながらも藁をもすがるような思いで書いております。我が家には5歳と6ヶ月のロシアンブルー(女の子)がおります。クリスマスの日に初めて突然の発作を起こしました。腰が立たなくなり、頭が体の中に丸く入った状態で暴走しては倒れ、バランスが取れずにでんぐり返ししてしまうという、恐ろしいものでした。その日は緊急で1日入院し次の日に退院したのですが、キャリーから出した途端再び歩けなくなりバタンバタンと倒れながらも走ろうとする状態でひたすら抱き続けていました。その後28日と本日30日に同じような発作が起き、病院からとりあえずいただいたグリセリンを投与していますが、効き目のほどはわかりません。このまま常習化するのか長いスパンで起こるのか全く見当がつかずただただ一緒にいて見守る事しかできず、不安でもあります。柔らかいケージというのはどういうものをご用意されたのでしょうか?
> もしよろしければ教えて頂けると嬉しいです。
>
> 初めてのコメントですのに、一方的に申し訳ありません。打ち消しの文
silk  URL   2017-01-03 13:34  

 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

姉妹ブログ

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QRコード




.