FC2ブログ


ミントティーのお話


忘れた頃に書き留める旅日記再開2番目はミントティーのお話です。
ミントティーと聞いてみなさんはどんなお茶を想像しますか?
今から数年前までは、すっきり爽やかなハーブティー(甘くないもの)を想像していました。
そしていつかモロッコにと淡い計画を立て始めた3年前くらいに
お気に入りの紅茶TWGの緑色のその名も「MOROCCAN MITN TEA」を買って淹れて飲んでいました。
が、実はこの時からずっとこれに砂糖を「かなり入れて」飲むものだということを知らなくて
なんて苦いお茶なんだろうかと思っていたところがありました。
味としては現地で飲んだものに近く、乾燥した茶葉ではありますが質は良いと思います。

IMG_4169.jpg
 
内容の詳細は今ひとつわかりませんが、裏にはこのように表記されています。
IMG_4171.jpg
                                                      
もともとお茶類には甘みを欲しない育ちだったので、コーヒーにもノンシュガー派。
当然の事ながら茶類は全てがそうでした。
ところがこのミントティーはモロッコで実際に淹れてもらって飲んだらかなり甘めで、それまでの習慣を覆すショックが脳で起こりました。
とても美味しいじゃないですか。
麦茶にお砂糖?みたいな感覚とはまた違って大人な飲み物なんですね。
そう、季節によって入れる葉の種類が違うことも初めて知りました。

今回の旅行で初めてゆっくりといただいたお茶に入っていたものを生の状態で見せてもらったのがこちらです。

IMG_2677_convert_20180412175024.jpg
                                                   
*アプサント(Apsanto)と言われる苦よもぎで味をつけたアルコール度数の強いアルコール分70%くらいのリキュールに使われるというあのアプサント。
緑の妖精と言われていた時代もあったようで他にはアニス、ウイキョウなど複数のハーブやスパイスが使われているそうです。そんなお酒に使われるほどの豊かな香りは生の状態でも相当よく香っていました。
(個人的に感じたのはギリシャで一口だけ飲んでみたウーゾにも似ている感じではないかと思います)

*Marjolaineシソ科の多年草マジョラム。
この薬草は脂質もあるしナトリウム、カリウム、炭水化物、食物繊維、糖質、タンパク質、ビタミンは特にA、C、B6、カルシウム、鉄やマグネシウム・・・調べるとすごいことが分かりました。

*Mintシソ科の多年草(主に)ミント。
マジョラムほどではないけれどこちらの栄養価もなかなか面白いものがあります。

さて、そのお茶の淹れ方にも特徴があって、驚いたことが幾つかあります。
お茶の淹れ方はどこの国にもその特徴ある茶葉の美味しい淹れ方が存在しますが
そのどこよりも衝撃的だったのが注がれたグラス内で「泡立つこと」が上手な淹れ方だということでした。
泡・・・?どうやって?・・・それは注ぎ方にポイントがありました。
そういえば日本のお抹茶もいわば細かな泡だらけのお茶ですよね〜。
それから次に驚いたことは大きな棒状の角砂糖が何本か添えられていたこと。
まさに目が点になり「え、これ入れちゃうのですか?」状態の私。
とりあえず甘みの加減は出来るようで下が、恐る恐る飲んでみるとなるほど!
この苦味や爽快感のある薬草で淹れたお茶には甘みは必要なのですね。

甘いのは嫌だなんて言ってごめんなさい!前言撤回。

そしてモロッコを旅する間に何度となくミントティー(葉の種類とか配分とか都度違うのが面白い)を淹れていただき
折に触れて飲むのですが、本当に美味しい!それに日本ではなかなか無い光景なのが「男性が淹れてくれる」こと。
これには申し訳無いような気さえどこかで起こるのですが、次第に彼らの文化であることを知ると格好良ささえ感じてしまうサハラ砂漠にはこれ!というくらいのマッチングだと納得したのでありました。

百聞は一見にしかず
味もまたそうなんだということを実感した旅の思い出です。
どこに行ってもそうですが、その土地で根付いた飲み物、飲み方に勝るものはありませんね。
とっても贅沢な経験ができたことを今更ながら思います。

〜また違う季節にきっと行きたいと思います★




*タッセルについてのお問合せ等はこちらをご覧ください*
*オーダーも随時受け付けています*

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
*ラナン・レイへのお問合せはこちら↓*
ラナン・レイのホームページ内の問合せフォームです。
こちらからホームページ内のすべての作品等をご覧いただけます。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
タッセルについて多くの先生方の作品を見ていただきやすくするために参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タッセル・フリンジ・ブレードへ
にほんブログ村


                                                                                              
スポンサーサイト

 2018_04_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

silk

Author:silk
愛猫から始まったミレコロ日記。美麗から美月に変わり、心たんも9歳になった2016年からは、
これまでのつぶやき、旅日記に加え、タッセルの話も綴ります。

ブログ村ランキング

GoogleAdSense

カテゴリ

スポンサードリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.